シニアへの広告戦略を発信 シニアド

【シニア向け広告】シニア層に届くプロモーション方法とは?最適なアプローチと広告の種類をご紹介
シニア向け広告 2021.11.17

【シニア向け広告】シニア層に届くプロモーション方法とは?最適なアプローチと広告の種類をご紹介

少子高齢化が著しい日本においてシニアと呼ばれる層の人口は、増加の一途をたどっています。そのため、シニア層をターゲットにしたサービスや商品が続々と生まれており、シニアビジネスはますますレッドオーシャン化していきます。

競争が激しい中、自社のビジネスを多くのシニアに注目してもらうためには、広告やプロモーション方法の選択が重要となります。

そこで本記事では、シニアに効果的にアプローチするための広告やプロモーション方法をご紹介してきます。

目次

  1. シニア向け広告媒体の種類
  2. 商品・サービスジャンル別の広告アプローチ方法!事例も紹介
  3. シニア向けのオススメ媒体5選
  4. シニアにもSNSでアプローチ

1.シニア向け広告媒体の種類

パソコン操作をするシニア女性

シニア向けの広告媒体は大きく分けて3つです。

  • インターネット広告
  • マスメディア広告
  • セールスプロモーション広告

60歳〜69歳のインターネット利用率は82.7%で、50~59歳を見ると94.7%まで上がり、ほとんどのシニアの方がインターネットを利用していることがわかります。

(出典:令和2年通信利用動向調査の結果

しかしながら、インターネットでシニア向けのアプローチがすべて完結するかというと、そういうわけではありません。

テレビコマーシャルに代表されるマスメディア広告、そして折込チラシや会報誌のようなセールスプロモーション広告は、シニアとの親和性が大変強いのが実情です。

昔からあるテレビや紙媒体はやはり馴染みやすいので、シニアにアプローチをするのであれば3つの媒体の特徴や効果によって使い分けるスタイルが最適でしょう。

そこで、代表的な広告媒体をいくつかピックアップしてご紹介します。

インターネット広告例:Web媒体

Web媒体とはインターネットを使った情報発信の媒体です。スマートフォンやパソコンから閲覧できるSNSの広告やニュースサイト、ブログが該当します。

Web媒体は「どんな人に向けて広告を出したいか」というターゲティングを明確にすることが可能です。地域、年齢、性別だけでなく、リターゲティングというWebサイトの閲覧や行動履歴から興味関心を分析した広告配信が可能です。そして、新聞広告やテレビ広告に比べて圧倒的に低コストで始めることができます。

さらにWeb媒体を選ぶべき最もすぐれた特徴は、その成果を数値化し、リアルタイムで効果を把握できることです。低予算かつ効果測定から改善策をスピーディーに行うためには、率先して行うべき広告媒体です。

一方で広告配信サービスの内容や配信方式は媒体により異なるため、Web媒体についての知識と理解が必要になります。

マスメディア広告例:新聞広告

新聞広告とは、文字通り新聞の紙面に掲載されている広告を指します。初めて全国紙に広告を出す場合、財団法人新聞広告審査協会による審査が必要になるため、信頼度の高さが最大の特徴です。一方で細かなターゲティングができないという弱みもあります。

新聞は中高年や高所得者に支持されているメディアのため、シニアを含めたこのような層に広告を届けるにはまだまだ効果的です。

セールスプロモーション広告例

折込チラシ

折込チラシとは一般的に配達される新聞の中に折り込まれている紙媒体広告のことです。

特に新聞折込では、新聞の種類や日程、配達地域などを設定して宣伝することができます。ただ、新聞をとっていない世帯にはアプローチできないため、伝えたいターゲットにまで情報を届けられないという弱みがあります。

その点も踏まえて、新聞を購読している層をターゲットに絞るケースや配布エリア発行部数に限りがある場合は有効的な手段です。

同封広告

同封広告とは通信販売で購入された商品に同梱されている紙媒体の広告のことを指します。

ほぼ開封されますので、閲覧率はとても高いです。商品やサービスのターゲット層に合わせて、どのような商品を注文した人に同梱するか、ターゲットを絞りこむこともできます。ただし、カタログなどの発行日に合わせて広告出稿をするため、広告を出したいときに出すことができないというデメリットがあります。

以上のことからも同封広告は通販など会員や顧客の興味関心、趣味嗜好に準じた広告を直接アプローチしたい場合に効果的な媒体です。

フリーペーパー

フリーペーパーとは掲載企業からの掲載料で運用される紙媒体です。街頭で無料配布されるものや駅やカフェにラックと合わせて設置されているもの、個人宅へとポスティングされるものなど配布方法は多種多様です。就職情報誌やグルメ・地域情報誌などがメジャーでしたが、昨今はその内容も幅広くなっています。

配布したい地域をピンポイントで決めて、その地域を担当する新聞配達店がフリーペーパーを配布してくれるので、手間と時間を節約することができますし、ポスティングであれば新聞を読んでいない人たちにもアプローチすることができます。しかしながら、認知してもらうためには1回だけの掲載ではなかなか難しく、定期的に継続して広告を掲載する必要があるためコストパフォーマンスは決して良くありません。

そのため、フリーペーパーは、新聞やテレビのように広い範囲の広い層を相手にするのではなく、ピンポイントで地域をしっかり決めてターゲット層を絞ることが最も大切となります。

3つ広告媒体をどのように使い分けたら良いかについては、商品やサービスジャンル別に具体的事例とともに次の章でご紹介していきます。

2.商品・サービスジャンル別の広告アプローチ方法!事例も紹介

重ねられた新聞紙

具体的にプロモーションしたい商品やサービスにはどのような広告媒体が良いのか、事例とあわせて解説していきます。

「健康食品の販売企業」の広告アプローチ方法

健康食品を扱っているある企業は、テレビCMと折込チラシを長年併用し、集客を行っています。具体的にはテレビCMでブランド認知を行い、折込チラシでシニア・ファミリー主婦層にターゲットを絞って広告を届けるというものです。

折込チラシは新聞と一緒に直接ターゲットの手もとに届くため、ポスティングやフリーペーパーよりも注目率が高く、新聞折込による信頼度も高いです。

テレビCMで流しきれない情報を折込チラシがカバーし、専用ダイヤルや通販サイトを活用するユーザーを増やすという「マス」と「パーソナル」が補い合う形の広告手法です。

「介護用品・福祉用具の販売企業」の広告アプローチ方法

シニア向けの介護用品や福祉用具をPRしたい場合は本人が必要性を感じていない場合も想定し、シニア層に直接訴求するよりも同居人や高齢者の介護をしている人に訴求したほうが効果的です。

つまり、アプローチするターゲットはシニア層と同居している人や介護している人ということになります。そのような人たちが情報を取得したいというときに活用するYahoo!検索やGoogle検索で上位に表示されるリスティング広告や、InstagramやTwitterといったSNSが有効で、非常に訴求力が高いPRを行うことが可能となります。

「高齢者見守りサービスを提供する企業」の広告アプローチ方法

遠隔からシニアを見守るという考え方は2001年当時まだ珍しかったため、サービス開始当初は新聞やテレビといったマスメディア広告を活用。最近ではスマートフォン対応のWeb広告と漫画形式の新聞広告を出稿しています。

その結果、シニアだけでなく、その家族にも広く商品が認知されるようになりました。

まさに、Web媒体とマスメディア広告の両方を活用したプロモーション事例です。

これらのように商品やサービスのもつ特性と、アプローチしたいシニアがどのような特性を持っているのかを把握することはとても重要です。媒体の特性を理解し、時に組み合わせることで効果的にアプローチすることが可能になるのです。

3.シニア向けのオススメ媒体5選

タブレット操作するシニア女性

一昔前であればシニア層へのプロモーションといえば、テレビCMや新聞広告といったマスメディア広告に出稿することが効果的でした。しかしながら最近では、シニア層のインターネット利用率やスマートフォンの普及率が上がっているため、オンラインとオフラインの媒体の併用が効果的です。ここでは、オンライン・オフラインのシニア向けオススメ媒体をご紹介します。

オンラインの広告媒体

1.50歳以上限定のSNS「おしるこ」

「おしるこ」は、本人確認実施済の50歳以上だけが利用できる会員数4万人以上のコミュニティアプリです。悩みを誰かに相談したり、自分の趣味を発信したり、日記投稿で貯めたポイントで商品・サービスをお試しすることが可能なSNSアプリです。

商品・サービスを試せるため、自分で納得してから購入したいシニアの心理にマッチした広告方法といえます。お試し後は日記に感想を投稿するシニアも多いため、これから試そうと思っていた方も正確性の高い情報を得ることができます。

また、健康・美容商品の記事広告は薬機法に精通したライターが代筆するサービスもあるので、法律を遵守した訴求力の高い広告作成も可能です。

「おしるこ」はシニア向けのSNSというだけでなく、シニアの不安や疑問を予め解消できている広告媒体でもあります。

2.行動力のあるアクティブシニア向けSNS「趣味人倶楽部」

趣味人倶楽部のコンテンツには「日記」「フォト」「コミュニティ」「イベント」の4つがあります。知見を活かした長文での投稿が多く、投稿に対するコメントや拍手が会員間で活発に行われており、「いいね!」で交流を楽しむ若者と活用方法は一緒です。

また、実際にユーザ同士で対面する「イベント」が多く開催されているのも特徴の一つで、コロナ渦においても「オンラインカラオケ」や「オンライン朗読会」といったインターネット上でのイベント活動が行われています。

オフラインの広告媒体

1.シニア世代に向けた生活実用誌「サライ」

小学館から発刊されている月刊誌。シニア世代の男性を対象に、旅・食・人物・歴史・文化・趣味・健康・モノ情報などをテーマとして扱っています。時間とお金にゆとりのあるアクティブシニアに対し上質な情報を発信しています。

2.創刊105周年「婦人公論」

健康・料理・おしゃれ・お金・著名人のインタビューなど、幅広い情報を網羅。

2019 年4月からは最新号の読みどころやバックナンバーを発信している「婦人公論.jp」がスタートしています。

5.元気で長生きのための情報誌「きょうの健康」

NHK出版物ということで読者へ与える信頼性はとても高いメディアです。シニア向けの健康商材や生活習慣などを専門家がわかりやすく解説していることが特徴です。読者は60代以上が約80%で、そのうち女性が約60%、定期購読率は50%となっています。

4.シニアにもSNSでアプローチ

シニア向けのプロモーションを検討しているのであれば、従来の新聞広告やフリーペーパーといった身近な媒体を思い浮かべるかもしれません。

しかしながら、近年のシニアはインターネットやスマートフォンが普及しているため、Web広告が大変効果的であることもお分かりいただいたかと思います。特にWeb広告の中でもSNSは、活用しているシニアへの直接アプローチだけでなく、SNSを閲覧しているシニアの家族やそばにいる人へも訴求することが可能となります。

SNSではどんな人が活用し、どんなことに興味があるのかもわかるので、販売したい商品やサービスの親和性を加味して、ぜひSNSでの広告を検討してみてください。

RECOMMENDあなたにオススメの記事

コロナ禍で体力不足の高齢者が続出。体の不調に合わせたフィットネスマーケティング

コロナ禍で体力不足の高齢者が続出。体の不調に合わせたフィットネスマーケティング

コロナ禍による外出自粛が原因で、体力不足の高齢者が多くなっています。 健康であっても、2週間…

SNS広告の種類とは?若者からシニアまで、ターゲットに合わせたおすすめを紹介

SNS広告の種類とは?若者からシニアまで、ターゲットに合わせたおすすめを紹介

SNS広告の出稿をしようとしても、どのSNSでどんな種類の広告を出せばよいのかお悩みではないでしょ…

シニアに刺さるチラシ広告作成のコツとは?ポイントをご紹介

シニアに刺さるチラシ広告作成のコツとは?ポイントをご紹介

シニアに向けた商品やサービスをお考えの方で多くの方が悩まれているのは、シニアにはどのような広告で訴…

【アクティブシニア向け広告】SNSを活用した広告方法をご紹介

【アクティブシニア向け広告】SNSを活用した広告方法をご紹介

アクティブシニアをターゲットにした広告方法を探していませんか? もしお探しであれば、広告を検…

eスポーツがシニアに与える可能性

eスポーツがシニアに与える可能性

最近では世界大会の開催や高額な賞金の用意などで、eスポーツの世界は注目を集めています。eスポーツは…

この記事を読めば「シニア」がわかる!「シニア」層へのアプローチの第一歩

この記事を読めば「シニア」がわかる!「シニア」層へのアプローチの第一歩

「シニア」という言葉はよく聞きますが、シニアの定義はご存知でしょうか? この記事を読めば、「…

【シニア向け広告】シニア層に届くプロモーション方法とは?最適なアプローチと広告の種類をご紹介

【シニア向け広告】シニア層に届くプロモーション方法とは?最適なアプローチと広告の種類をご紹介

少子高齢化が著しい日本においてシニアと呼ばれる層の人口は、増加の一途をたどっています。そのため、シ…

「シニア」の意味とは?何歳からのことなのか

「シニア」の意味とは?何歳からのことなのか

「シニア」という言葉はよく耳にしますが、一体何歳からなのでしょうか? シニアを対象としたビジ…

媒体資料ダウンロード
PAGE TOP