シニアへの広告戦略を発信 シニアド

シニア世代は何歳から?市場調査から分かったビジネスチャンスについて徹底解説
シニアのネット集客 2021.11.03

シニア世代は何歳から?市場調査から分かったビジネスチャンスについて徹底解説

近年「シニア世代」という言葉をよく耳にします。しかしシニアの定義は曖昧であり、その言葉を正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?

この記事では、シニア世代の定義や今後拡大が予測されるシニア市場について掘り下げていきます。

最後まで読むことでシニア世代への理解を深め、今後どのようにビジネスを展開していくまで分かります。

目次

  1. シニア世代の具体的な年齢は?
  2. シニアの言い換えワード
  3. シニア世代の特徴と市場について
  4. シニア市場に挑戦するなら「おしるこ」がおすすめ!3つの理由を徹底解説
  5. ビジネスチャンスを広げたいならシニア市場

1. シニア世代の具体的な年齢は?

シニアの文字

シニアとは一般的に「高齢者」「年長者」「お年寄り」の意味で使われる言葉です。しかし何歳からがシニアなのかは曖昧で、人それぞれ想像する年齢も違います。

実はシニアの年齢を明確に示している公的な機関・団体はありません。

そこでこの章では、シニアが高齢者の意味で使われると仮定して、以下の定義を見ていきます。

高齢者についてWHO(世界保健機構)と日本老年学会・日本老年医学会は、それぞれ以下の定義をしています。

<WHO(世界保健機構)の定義>

  • 65~74歳(前期高齢者 )
  • 75~89歳(後期高齢者 )

参照:e-ヘルスネット|厚生労働省

<日本老年学会・日本老年医学会の定義>

  • 65~74歳(准高齢者 准高齢期 )
  • 75~89歳(高齢者 高齢期 )
  • 90歳~(超高齢者 超高齢期)

参照:高齢者の定義と区分に関する提言(概要)|一般社団法人日本老年医学会

このことからシニアの年齢は、65歳以上と考えると自然であると分かりました。

では次に、シニアはどのような言葉に置き換えられるのかについても見ていきましょう。

2. シニアの言い換えワード

高齢の女性とケーキ

シニア(senior)とは「上級者」「年長者」「高齢者」という意味の英語であり、ジュニア(junior)の反対語として用いられます。

日本では「高齢者」のほかに「年長者」「年配」など、年齢が高い人を表す際に用いられます。一方で野球にシニアリーグ(13〜16歳)という言葉もあるように、上級者を表す言葉としても用いられます。

日本語と英語によって表す年齢が異なる特徴もあるのです。

3. シニア世代の特徴と市場について

タブレットを操作するシニア女性

シニア世代と聞くとインターネットに疎く、オンラインビジネス向きではないといったイメージを持つ人もいるのではないでしょうか?

実はシニア市場は急成長しており、今後もビジネスチャンスの幅が広がると予測されます。

その背景には、シニア世代のインターネット利用率の向上があげられます。厚生労働省の「令和2年度 情報通信白書」の属性別インターネット利用率によると、60〜69歳で「90.5%」、80歳以上でも「57.5%」と高水準であることが分かります。

近年スマートフォンやタブレット端末の普及により、自宅にいながら誰でも簡単にネットショッピングができる時代になりました。そのため世代を問わず、ネットビジネスの需要が高まっているのです。

シニア世代をターゲットにすることで、ビジネスチャンスを大きく広げることができます。

4. シニア市場に挑戦するなら「おしるこ」がおすすめ!3つの理由を徹底解説

シニア市場に参入したいけど、集客方法が分からない…。
結局、シニア世代にはチラシなどの紙媒体が効果的なのでは?
広告や宣伝コストを最小限に抑える良い方法があれば知りたい

このような悩みを抱える企業の広告・販促担当者様も多いのではないでしょうか?

結論、シニア市場で成果を出したなら、当社の「おしるこ」がおすすめです。

「おしるこ」とは50歳以上限定のSNSアプリで、ユーザーと企業様を結びつける広告サービスのことです。

おすすめする理由は、以下の3つです。

  1. 50歳以上のユーザーに限定してアプローチ
  2. 一般ユーザーが商品レビュー
  3. 専門ライターによるオーダーメイド記事作成

では、順番に解説します。

 ・50歳以上のユーザーに限定してアプローチ

本人確認書類にて年齢確認を徹底しているため、確実に50歳以上のユーザーへアプローチしていただけます。

従来のSNSアプリは年齢確認が不要だったり、全世代を対象にしたりとシニアに限定したものがありませんでした。シニア市場の拡大に伴い、もっとターゲットを絞り商品を訴求したいという方向けのサービスになります。

・一般ユーザーが商品レビュー

一般ユーザーが商品の感想を投稿できます。インフルエンサーなど影響力のある人のレビューではないため、商品に対する意見の偏りが出にくいのが特徴です。

またレビューは一般ユーザーの実体験そのものであるため、他のユーザーにとっても身近な意見として受け入れやすく、企業様にとっても新たな商品やサービスの開発、マーケティングに役立てていただけます。

・専門ライターによるオーダーメイド記事作成

健康食品や美容商品の販売をお考えの場合、薬機法・景表法が気になる人もいるのではないでしょうか。

おしるこでは薬機法・景表法に精通した専門ライターが所属しており、貴社だけのオリジナル記事の作成もできます。専門ライターを探す手間が省けるため、企業様のご負担を軽減できるメリットもあります。

また、おしるこ内で作成したオリジナル記事は、アプリ外でも使用していただけるので、ご安心ください。

5. ビジネスチャンスを広げたいならシニア市場

シニア世代の明確な定義はありません。しかし、WHOや日本老人学会の定義から65歳以上の人を表す言葉であると分かったのではないでしょうか?

インターネットの普及により、シニア市場は拡大しています。当社のおしるこは、50歳以上のシニア向けSNS広告サービスであり、明確にターゲットを絞った商品の訴求ができます。

シニア世代へ広告や販促を考えている企業様は、この機会にぜひ当社おしるこサービスへご相談ください。

RECOMMENDあなたにオススメの記事

コロナ禍で体力不足の高齢者が続出。体の不調に合わせたフィットネスマーケティング

コロナ禍で体力不足の高齢者が続出。体の不調に合わせたフィットネスマーケティング

コロナ禍による外出自粛が原因で、体力不足の高齢者が多くなっています。 健康であっても、2週間…

SNS広告の種類とは?若者からシニアまで、ターゲットに合わせたおすすめを紹介

SNS広告の種類とは?若者からシニアまで、ターゲットに合わせたおすすめを紹介

SNS広告の出稿をしようとしても、どのSNSでどんな種類の広告を出せばよいのかお悩みではないでしょ…

シニアに刺さるチラシ広告作成のコツとは?ポイントをご紹介

シニアに刺さるチラシ広告作成のコツとは?ポイントをご紹介

シニアに向けた商品やサービスをお考えの方で多くの方が悩まれているのは、シニアにはどのような広告で訴…

【アクティブシニア向け広告】SNSを活用した広告方法をご紹介

【アクティブシニア向け広告】SNSを活用した広告方法をご紹介

アクティブシニアをターゲットにした広告方法を探していませんか? もしお探しであれば、広告を検…

eスポーツがシニアに与える可能性

eスポーツがシニアに与える可能性

最近では世界大会の開催や高額な賞金の用意などで、eスポーツの世界は注目を集めています。eスポーツは…

この記事を読めば「シニア」がわかる!「シニア」層へのアプローチの第一歩

この記事を読めば「シニア」がわかる!「シニア」層へのアプローチの第一歩

「シニア」という言葉はよく聞きますが、シニアの定義はご存知でしょうか? この記事を読めば、「…

【シニア向け広告】シニア層に届くプロモーション方法とは?最適なアプローチと広告の種類をご紹介

【シニア向け広告】シニア層に届くプロモーション方法とは?最適なアプローチと広告の種類をご紹介

少子高齢化が著しい日本においてシニアと呼ばれる層の人口は、増加の一途をたどっています。そのため、シ…

「シニア」の意味とは?何歳からのことなのか

「シニア」の意味とは?何歳からのことなのか

「シニア」という言葉はよく耳にしますが、一体何歳からなのでしょうか? シニアを対象としたビジ…

媒体資料ダウンロード
PAGE TOP