シニア向けリサーチにおすすめのサービスをご紹介 | シニアド

シニア向けリサーチにおすすめのサービスをご紹介
シニアのネット集客 2022.06.02

シニア向けリサーチにおすすめのサービスをご紹介

少子高齢化がすすむ日本では、シニア市場の拡大が著しく、高齢者向けサービス業界がレッドオーシャンと化する日も近いでしょう。

そのため、シニア向けの商品やサービスのマーケティングを成功させるためには、今後一層、シニアに特化したリサーチや実態調査が重要となります。

しかし、リサーチを行いたいと思っても、どのようなサービスを使用していいかお困りの方もいるでしょう。

今回の記事では、シニアリサーチにおすすめのサービスや手法をご紹介していきます。

シニア向けに商品やサービスのアプローチを検討しているマーケティング担当者は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. マーケティングにリサーチが重要な理由
  2. リサーチの種類
  3. シニア向けリサーチを実施する際の注意点
  4. シニア向けリサーチには「おしるこ」がおすすめ
  5. まとめ|専門知識不要でシニアリサーチを行うなら「おしるこ」

1. マーケティングにリサーチが重要な理由

リサーチ

マーケティングとは簡単に説明すると、「商品やサービスを売るための仕組み作り」のことです。この仕組み作りに必要となる情報をターゲットとなる顧客から収集し分析する調査のことをマーケティングリサーチといいます。

マーケティングリサーチはマーケティング戦略に非常に重要な役目を担っています。

なぜ、マーケティングにリサーチが重要なのか具体的にみていきましょう。

ユーザーの実態とニーズを把握する

自社で新しい商品開発やサービス展開をする際に、リサーチは非常に有効です。

ネットリサーチなどで得た何百、何千のアンケート結果という数値的根拠や、アンケートから得た生の声といったデータをもとにすることによって、ユーザーのニーズを適切にとらえ、ユーザー起点の商品やサービス開発を実現することができるためです。

しっかりリサーチができていなければ、顧客ニーズとのミスマッチが起きてしまいます。

それを防ぐためにもリサーチは非常に重要です。

ユーザーの「これまで」を知り、企業の「これから」を描く大切な手法なのです。

目標と現状のギャップを把握する

リサーチはユーザーの実態やニーズの把握だけでなく、商品の売上を増加させたいが予測を下回っている、という課題に直面したときにも重要になってきます。

自社の商品が認知されていないのか、ターゲットは適切なのか、競合他社との違いは何か、などをリサーチデータをもとに分析し、今後の方針を立てていくのです。

リサーチは、目標と現状のギャップを明らかにし、成功へのロードマップの作成、戦略や計画などの意思決定にも役立ちます。

2. リサーチの種類

調査種類

リサーチの方法にはいくつかの種類があります。

ここでは代表的な2つの種類をご紹介していきます。

定量調査

定量調査とはターゲットの行動や意識を「数値化したデータ」で収集し、分析するリサーチ方法です。集計したデータが可視化され、目に見えて理解しやすい上に、時系列ごとの比較などに適しています。代表的なものには次のようなものがあります。

  • ネットリサーチ
  • 会場調査
  • 郵送調査
  • アンケート調査
  • ホームユーステスト
  • ブランドリフトサーベイ
  • 顧客満足度調査(CS調査)

定性調査

定性調査とはターゲットの行動や意識を「言語化したデータ」で収集し、分析するリサーチ方法です。調査者と回答者の会話により収集されるため、数値やデータ化しにくい部分を追求したり、消費者ニーズをくみ取ったりすることができます。代表的なものには次のようなものがあります。

  • グループインタビュー
  • 座談会
  • オンラインインタビュー
  • インデプスインタビュー
  • ユーザービリティ調査
  • 行動観察調査

3. シニア向けリサーチを実施する際の注意点

一般的なリサーチの方法や種類について紹介してきました。続いては、シニア向けのリサーチで気をつけるべきポイントをお伝えしていきます。

リサーチの対象を年齢で区切らない

リサーチ対象としてシニアをターゲットとする場合、シニア層を年齢だけで区切らないようにしましょう。何故なら、同じ年代のシニアでもライフスタイルが異なる場合が多く、ひとまとめにできないからです。ライフステージや自立した生活が送れているかどうかにも着目しましょう。特に定年退職や子供の独立などといったシーンで、ライフスタイルは大きく変わります。また、年齢が進むにつれて介護が必要な状態かどうかも、個人の生活レベルは異なってきます。

そのため、シニア向けのリサーチを実施する際は、年齢よりもライフステージや自立した生活が送れているといった状況が、消費者意識や購買意欲に影響することを覚えておきましょう。

シニアにアプローチできる方法なのかを確認する

国内で展開されているリサーチサービスはシニアに特化したものは多くはありません。たとえば、オンラインアンケートの場合、ターゲットとするシニアの年齢層によっては、アプローチできないこともあります。

また、リサーチ会社はデモグラフィックを基盤に定量・定性のビッグデータを活用しています。そのため、リサーチ対象をシニアに限定したい時には、「シニアや高齢者層にアプローチをしたい」という意図や目的に齟齬が発生しないよう注意し、適切なリサーチ法を選ぶようにしてくださいね。

4. シニア向けリサーチには「おしるこ」がおすすめ

シニア向けのリサーチの注意点を解説してきましたが、リサーチを行えるのは専門のリサーチ会社だけではありません。

商品・サービスのモニターリサーチなら、カイト株式会社が運営する50歳以上限定のシニアSNSアプリ「おしるこ」がおすすめです。

おしるこでは、ユーザーが日記の投稿やログインをするだけでポイントを獲得でき、そのポイントで商品のお試しが可能です。そのため、商品やサービスを知ってもらうチャンスが豊富です。

また、ユーザーが日記で商品を紹介してくれることも多く、インフルエンサーではなく一般人がPRするため、信頼できる仲間同士で認知度があがるという特徴もあります。

そのため、「おしるこ」を活用しているシニア層に、商品・サービスを体験してもらい、偏りのない意見や感想をもらうことが可能です。

5. まとめ |専門知識不要でシニアリサーチを行うなら「おしるこ」

いかがでしたでしょうか。

今回はシニア向けにリサーチを実施したいけれど、どのように行えば良いかがわからないという方向けに、リサーチの重要性や方法、シニア向けリサーチの注意点をお伝えしてきました。

シニア市場への商品やサービスの展開にはリサーチが必須です。

マーケティングリサーチに関する専門的知識がなくても、「おしるこ」の運営スタッフがターゲットや目的理解に寄り添い、しっかりサポートさせて頂きます。

ぜひ、これからシニア向けのリサーチを始めたいと考えている方は、「おしるこ」をご検討ください。

「おしるこ」資料のダウンロードはこちら

RECOMMENDあなたにオススメの記事

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

歴史上の人物たちから学ぶ、新たな視点と生きるためのヒント 7-後編 【7-前編】はこちらから…

Webマーケティングの定義やメリットとは?主な手法も解説

Webマーケティングの定義やメリットとは?主な手法も解説

近年主流になりつつあるWebマーケティングですが、定義や重要性を深く理解できていないという方も多い…

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

歴史上の人物たちから学ぶ、新たな視点と生きるためのヒント 7-前編 2022年のNHK大河ド…

シニアマーケティングの成功事例と失敗しないポイントを徹底解説

シニアマーケティングの成功事例と失敗しないポイントを徹底解説

健康寿命の延びが著しく、少子高齢化の進む日本では、第二の人生に対して意欲的なアクティブシニアが増加…

シニアに向けた効果的なSNS広告出稿をご紹介

シニアに向けた効果的なSNS広告出稿をご紹介

SNSと聞くと「若者が利用するもの」というイメージをする方は多いでしょう。 しかし、近年はシ…

媒体資料ダウンロード
PAGE TOP