遺品整理について考える | シニアド

遺品整理について考える

あなたは遺品整理について考えたことがありますか?少し考えたことはあっても、実際に行動に移すことができているという人は少ないのではないでしょうか?遺品整理は早めに始めておくべきと思いながらも、ついつい億劫だったり、どうやって始めたら良いかわからなかったりとなかなか手を出せていない人も多いと思います。遺品整理が全く行われていない状態で亡くなってしまうと残された家族が葬儀に遺品整理と多忙になり、困ってしまうことがあります。

近年は、「終活」という言葉をよく耳にするようになりました。「終活」とは、死と向き合い自分らしい人生を最後まで送るための準備をするということです。その中の1つが身の回りの整理(遺品整理)にあたります。

遺品整理について知り、自分の身の回りの物を見直すきっかけ作りをしませんか?

 

遺品整理業界の増加

「終活」や「遺品整理」という言葉をよく耳にするようになったのはおよそ10年前からではないでしょうか?孤独死という言葉がよくニュースに取り上げられるようになり、高齢者の死に対する向き合い方が少しずつ変化していったように感じます。

最近では遺品整理は大きなビジネスとなり、注目されています。まずは、遺品整理業界の実態をみていきましょう。

平成21年ごろから増加傾向

遺品整理のお手伝いを行う遺品整理業者は近年増加傾向にあります。総務省の調査によると多くの遺品整理業者は平成21年ごろからサービスを開始していて、ここ数年はその増加スピードが加速しています。増加のスピードからその需要の高さが伺えます。

参照:遺品整理のサービスをめぐる現状に関する調査結果報告書(総務省行政評価局)

孤独死問題

以前は多かった2世帯、3世帯など複数世帯で暮らすということも減り、核家族化が進行しています。それによって、高齢者の一人暮らしは増え、孤独死につながっていると考えられます。

孤独死の増加に伴い、遺品整理の需要が高まっているのでしょう。遺品整理業者が求められる理由には、大きな社会問題が関連しているのです。

 

 

遺品整理はいつから始めるべき?

遺品整理と言われてもいつから始めるべきなのかわかりませんよね。日々の生活で物を増やしすぎないようにすることは大前提ですが、引っ越しや大掃除のタイミングなど持ち物を見直すタイミングを利用すると自然と生前から持ち物の整理を行うことができます。

まだ体力があるうちにある程度行っておくと良い

具体的にいつ?という質問に対しては、体力があるうちが良いと考えます。まだ自分で自分の物の片付けができるタイミングであれば、周りの手助けがなくてもゆっくりと物の整理を行うことができます。片付け後のゴミ出しは手助けが必要になるかもしれませんが、物の仕分けを行う段階は自分でできるうちに始めておくのが良いでしょう。

周りの手助けなしで物の仕分けが行えれば、1つ1つの物とじっくり向き合うことができ、しっかりとお別れができるはずです。

ゴミにするのではなくリサイクル

「捨てる」となると遺品整理も躊躇してしまいますが、「リサイクルする」と考えるのはいかがでしょうか?昔の思い出でなかなか手放せなかったものや、ついつい、もったいないと思って捨てられなかったものをリサイクルしましょう。捨てるのではなく、リサイクルすると考えると意外と物を手放すハードルが下がるはずです。今タンスの肥やしとなってしまっているものを人へ譲ることで生き返らせませんか?

 

 

地域のバザーを活用する

遺品整理と聞くとどうしても「捨てる」と考えてしまう方が多いかもしれませんが、生前から荷物の整理を行なっておけば、時間をかけることができるため、捨てるのではなく「リサイクルする」という選択肢もあります。

しかしリサイクルといってもどうしたら良いかわからないという方も多いのではないでしょうか?そんな時は地域のバザーへ不用品を出品するというのが良いかもしれません。特に地域のバザーであれば、身近な人へ物を譲ることができ、若い世代に活用してもらえます。

もちろんリサイクルショップに持って行って買い取ってもらうというのも良いかもしれませんが、バザーであれば比較的買い手の顔が見えるというメリットがあります。買い手の顔が見えることで地域への貢献を感じることもでき、一石二鳥なのではないでしょうか。

また若い世代に使ってもらえる

やはり地域のバザーへ出品することのメリットは、地域の若い世代に自分の物を使ってもらえるということです。地域のバザーのため、自分の生活が身近であり、もしかしたら自分が出品したものが使われているシーンに出会えることがあるかもしれません。自分の物が地域の人の役に立っていると考えると、なんだかほっこりとした気持ちになりますね。

 

 

最後はプロに任せるのも良い

いくら生前から物の整理を行っていたとしても遺品は残ります。そんな時はプロに任せるという選択肢もあります。

遺品整理業者は近年増加傾向にあります。そのため遺品整理をする際の選択肢が増えていると言えますが、それに伴いトラブルが発生しないように注意が必要です。何事もそうですが、契約書の確認や事前の打ち合わせなどをしっかりと行い、利用の際は前もってトラブル回避ができるように努めましょう。

 

少しずつ自分の持ち物を見直そう

早いうちから遺品整理を行なっておけば、家族の負担が減ることはもちろん、自分自身も安心した最期を迎えることができるのではないでしょうか?人が亡くなると葬儀や挨拶などでとても忙しく、遺品整理どころではないこともあります。家族、そして自分のために、少しずつ物の整理を始めてみても良いのではないでしょうか。

終活をしてみようと思った方は、おしるこアプリを覗いてみませんか?自分の身の回りの物について考えるきっかけになるかもしれません。

SNS広告のデメリットから導き出す!SNS広告出稿成功のカギ

SNS広告のデメリットから導き出す!SNS広告出稿成功のカギ

平成から令和に突入して5年以上が経ち、どんな世代の人もSNSを使いこなすようになりました。 …

【2024年度最新版】人気SNS一覧|シニア向けSNSを紹介

【2024年度最新版】人気SNS一覧|シニア向けSNSを紹介

現在、SNSを含むソーシャルメディアを利用している人は増加傾向にあり、2027年には1億1,300…

ワーキングシニア増加の背景は?ワーキングシニアの意識とマーケティングについて解説

ワーキングシニア増加の背景は?ワーキングシニアの意識とマーケティングについて解説

ワーキングシニアとは、言葉の通り働いている60歳以上の働いているシニア世代のことです。 高齢…

ポスト団塊ジュニアの特徴は?時代背景や消費傾向を解説

ポスト団塊ジュニアの特徴は?時代背景や消費傾向を解説

団塊世代やゆとり世代など、日本では世代によって名称がつけられ、時代背景も基づく特徴がまとめられます…

SNSのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げるポイントを理解しよう

SNSのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げるポイントを理解しよう

企業でSNSを運用していると、時折耳にする「エンゲージメント」という言葉。 あなたは、この「…

媒体資料ダウンロード この記事を応援する
PAGE TOP