シニアのための高齢者向けシェアハウス!老後の生活を豊かにする共同住宅の魅力とは? | シニアド

シニアのための高齢者向けシェアハウス!老後の生活を豊かにする共同住宅の魅力とは?
シニアブログ 投稿日:

シニアのための高齢者向けシェアハウス!老後の生活を豊かにする共同住宅の魅力とは?

少子高齢化が進む中、シニア世代が直面する孤独感や社会からの孤立問題に対する一つの解決策として、シェアハウスが注目されています。

近年は単身で生活しているシニアも増えていますが、シェアハウスという新たな住まいの形は、同世代の仲間と生活を共にすることで支え合い、コミュニティ形成を作ることができます。

シニアが一人暮らしをすると、孤独感や安全面の問題が生まれます。社会的支援やネットワークの不足は、シニアに不安をもたらします。

本記事では、高齢者向けシェアハウスとは何か?という解説から、メリット、デメリットをわかりやすく解説します。

目次

  1. 高齢者向けシェアハウスとは何か?
  2. 高齢者向けシェアハウスのメリット
  3. 高齢者向けシェアハウスのデメリット
  4. まとめ

1. 高齢者向けシェアハウスとは何か?

高齢者向けシェアハウスとは、個人の居室を持ちながらも、リビングルームやキッチンなどの生活空間を他の入居者と共有する住まいのスタイルです。

プライバシーを守りつつ、共通のスペースでの交流を通じて、一緒に住む仲間との結びつきを深めることができます。

豊かな人生経験を持つシニアにとって、こうした共同生活は、社会とのつながりを保ちつつ、支え合いながら生活していく場として人気が高まっています。

2. 高齢者向けシェアハウスのメリット

年を重ねると、一人で過ごす時間が長くなりがちです。それは時に寂しさを感じる原因にもなります。

内閣府の「第1章高齢化の状況」によると、60歳以上のシニアのうち、9割以上が現在の地域に住み続けたいとの報告がされています。そして、安心して住み続けるために必要なものは「近所の人との支え合いが必要」という回答が多数ありました。

一人暮らしのシニアも増えている昨今、人や社会とのつながりに不安を抱えるシニアは多いようです。

参考:第1章高齢化の状況(内閣府)

そんな中で、シニアが社会とつながりを持ち続け、充実した毎日を過ごすための方法のひとつが「高齢者向けシェアハウス」です。

シェアハウスでは、同じ年代のシニアたちと一緒に生活することで、お互いを近くで見守り、そして励まし合うことができます。それは、1人では感じることのできない安心感のある毎日になるでしょう。

経済的な面でもお財布にやさしく、生活の質を上げる工夫ができます。ここでは、そんなシェアハウスのメリットをわかりやすくお伝えします。

交流を深めて孤独を減らす

シェアハウスでの暮らしは、他の入居者との日常的なやり取りを通じて、シニアが感じる孤独を大きく和らげる効果があります。

一緒に食事をする楽しみや、共通の趣味を楽しむことで、心強い友人関係を築くことができるのです。

孤独を減らしたいと思いつつも、1人でいることにはさまざまな事情があります。そんなおひとりさまの直面するリスクを下記の記事で詳しく解説しています。

コストを抑えた快適なシニア生活

共同生活では、水道や電気などの光熱費や家賃をみんなで分け合うため、お金の心配を減らすことができます。さらに、日用品をみんなで買い揃えれば、生活のクオリティを高めつつ、出費も抑えることが可能になります。

家賃と光熱費、みんなでシェアして賢く節約

一人暮らしよりも経済的にお得な点がシェアハウスの魅力です。生活費をみんなで分割することで、毎月の固定費を減らすことができます。

広々と使える共有スペース

シェアハウスでは、リビングやキッチンのような場所をみんなで共有するので、個人の部屋は小さくても十分。なぜなら、共有部分をうまく使うことで、自分の部屋だけでなく『家全体』を広く使えるようになるからです。

また、シニアが安全に過ごせるように、階段には手すりがあったり、家の中の段差も少なかったりと、シニアにやさしいバリアフリーに配慮された設計がされています。

家具や家電は共有で経済的に

最初から家具や家電が備え付けられていることも多く、その場合は新たに揃えるための費用を節約できます。

お互いさまの助け合いで安心な暮らし

シェアハウスでは、住む人たちが自然とお互いに支え合うことが日常になっています。特に高齢になると、こういった助け合いが大きな安心になります。

日常生活の相互支援

日々のちょっとした仕事を分け合うことで、ひとりひとりの負担がぐっと軽くなります。例えば、買い物や掃除、洗濯などの家事を分担することにより、一人で全てをこなすよりもずっと楽になります。

いざという時も安心!緊急時の安全ネット

病気やケガのとき、1人で住んでいると不安ですよね。でも、シェアハウスならすぐに周りに人がいます。そんなもしもの時にもシェアハウスなら不安が減りますよね。

3. 高齢者向けシェアハウスのデメリット

高齢者向けシェアハウスには、人との繋がりや生活費の節約など多くのメリットがありますが、すべての人に最適とは限りません。

自立して日常生活を送れるシニアが主な対象なので、介護が必要なシニアには不向きです。

また、リビングなど共有スペースでの生活はプライバシーを完全に保つのは難しいでしょう。プライベート空間を大切にしたいシニアには、シェアハウスは注意が必要です。

さらに、さまざまな人が集まるため、意見のぶつかり合いは避けられないことも…そうしたときには、話し合いでルールを決めるなどの工夫が求められます。

ここでは、シェアハウスの良い面だけでなく、入居を検討する上で抑えておきたいポイントについてもお伝えします。

介護サービスの不足と自立した生活のバランス

高齢者向けシェアハウスは、自分のことは自分でできるシニア向けの住まいです。つまり、普段から介護が必要な方や、認知症の症状がある方には残念ながら適していません。

入居を考える際には、そのシェアハウスがどのような支援を提供しているのかを確認することも大切。もしも入居後に介護が必要になった場合、別の施設に移る必要が出てくることも…

プライバシーと共有スペースへの課題

シェアハウスでは、個人の部屋はプライベートな空間として保証されますが、リビングやキッチンなどの共有スペースでは、プライバシーに限界があることを理解しておく必要があります。

他の人と空間を共有する生活では、お互いのプライバシーを尊重しつつ、スペースを上手に使うことが求められます。

コミュニケーションの衝突と解決策

異なるバックグラウンドを持つ人々が一緒に暮らすシェアハウス。時に意見の衝突が起こることがあります。それぞれが多くの経験を積んできて、自分の考え方があります。

このような状況では、話し合いで互いの立場を理解し、共同でルールを作ることが大切です。

お互いの違いを認め合い、スムーズなコミュニケーションを心がけることで、快適な共同生活を実現できます。

4. まとめ

シニアが快適なセカンドステージを送るためには、住まい選びも大切なポイント。シェアハウスは、そんなシニア世代にとって、経済的にも優しく、かつ心の支えにもなる仲間と出会える新しい選択肢として注目されています。

シェアハウスでの共同生活は、お互いに助け合い、一緒に楽しく暮らすことで、より豊かな老後を実現できる可能性にあふれています。

世間的にも新しいサービスであるシニアのためのシェアハウス。利用してみたいと思いつつ、一歩が踏み出せないシニアに不足しているのは「情報」です。

新しいサービスをスタートするには、顧客への情報が不可欠。貴社のサービスの顧客がどんな情報を求めているのかを把握することは必須です。そして、それを踏まえた上で、自社の商品やサービスをどう届けるかが、次なる課題となります。

当社サービスの「おしるこ」は50歳以上のシニア専用SNSです。シニアにダイレクトにアプローチできる「おしるこ」への広告掲載をご検討いただくのも一つの手段です。

ぜひ「おしるこ」で、シニアの心に寄り添う広告を掲載してみてはいかがでしょうか。そして、彼らの豊かな暮らしに貢献する支援をしていくのもおすすめです。

詳しい広告の詳細は以下よりダウンロードいただけますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

SPONSOREDこの記事を応援しているサービス一覧

RECOMMENDあなたにオススメの記事

SNS広告のデメリットから導き出す!SNS広告出稿成功のカギ

SNS広告のデメリットから導き出す!SNS広告出稿成功のカギ

平成から令和に突入して5年以上が経ち、どんな世代の人もSNSを使いこなすようになりました。 …

【2024年度最新版】人気SNS一覧|シニア向けSNSを紹介

【2024年度最新版】人気SNS一覧|シニア向けSNSを紹介

現在、SNSを含むソーシャルメディアを利用している人は増加傾向にあり、2027年には1億1,300…

ワーキングシニア増加の背景は?ワーキングシニアの意識とマーケティングについて解説

ワーキングシニア増加の背景は?ワーキングシニアの意識とマーケティングについて解説

ワーキングシニアとは、言葉の通り働いている60歳以上の働いているシニア世代のことです。 高齢…

ポスト団塊ジュニアの特徴は?時代背景や消費傾向を解説

ポスト団塊ジュニアの特徴は?時代背景や消費傾向を解説

団塊世代やゆとり世代など、日本では世代によって名称がつけられ、時代背景も基づく特徴がまとめられます…

SNSのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げるポイントを理解しよう

SNSのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げるポイントを理解しよう

企業でSNSを運用していると、時折耳にする「エンゲージメント」という言葉。 あなたは、この「…

媒体資料ダウンロード この記事を応援する
PAGE TOP