50代のネット利用は「SNS」が当たり前?ネット利用状況もチェック | シニアド

50代のネット利用は「SNS」が当たり前?ネット利用状況もチェック
シニアのインサイト 2021.09.09

50代のネット利用は「SNS」が当たり前?ネット利用状況もチェック

高齢者の一歩手前の中年層にあたる50代。現役で働きながらもセカンドキャリアを見据える人も多く、そんな50代に向けたマーケティング活動をされている企業も多いのではないでしょうか。

この記事では、50代に向けたインターネットやSNSなどのWebアプローチが有効かどうか?を紐解くために、信頼できるデータをもとに、50代のインターネット利用動向やSNS利用率を紹介します。50代に対するアプローチ方法のヒントが見つかるはずなので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 50代のスマホ利用率は?インターネットの利用目的とは?
  2. 50代が利用しているSNSとは?
  3. 50代の利用メディアは、テレビよりもインターネット?
  4. デジタル化が進む50代にとって、Webアプローチは有効

1.50代のスマホ利用率は?インターネットの利用目的とは?

今やスマホは生活の必需品となり、若い世代だけでなく中年・高齢者もスマホを持つ時代になりました。以下の「50代のスマホ利用率」の調査データからもわかる通り、50代におけるスマホの利用率は88%と非常に高いです。

機器利用率
スマートフォン88.1%
タブレット37.8%
フィーチャーフォン24.5%
表1:50代のインターネット機器別の利用率

※参照:令和元年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書「第4章4-3 モバイル機器(スマートフォン、フィーチャーフォン)、タブレット等の利用率」

ほとんどの50代はスマホを当たり前に持っていると分かります。中にはタブレットも併用して使っている人もいるでしょう。50代は、パソコン以外で気軽にインターネットに接続する環境を持っていると言えます。

では、インターネットはどのように利用しているのでしょうか?

以下が、50代と全年代を比較した「インターネット利用項目と利用時間(休日)」です。

利用項目全年代50代
メールを読む・書く22.4分21.6分
ブログかウェブサイトを見る・書く22.9分27.7分
ソーシャルメディアを見る・書く36.2分24.0分
動画投稿・共有サービスを見る37.2分17.2分
表2: 全年代と50代のインターネット利用項目と利用時間(休日)

※参照:令和元年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書「第2章2-1 インターネットの利用項目別の利用時間と行為者率」

ブログやウェブサイトの閲覧・投稿の時間が最も長く、動画投稿・共有サービスの視聴時間は全年代よりも短くなっています。

全年代と比較しても利用時間全体に大きな差はなく、50代のインターネット利用時間は決して短くないことがわかります。

またソーシャルメディア、いわゆるSNSについても、全年代の平均よりは短いものの、50代の利用時間で見た時には2番目に長く、SNSも身近な存在になっていることが伺えます。

2.50代が利用しているSNSとは?

ここまでで、他の年代と比較してもスマホやインターネットの利用率は高く、50代でも当たり前にWebを活用していることがわかりました。

ここからは、50代のSNS利用について見ていきましょう。

50代が利用しているアプリで最も多いのはLINEです。全年代を通してライフラインとして普及しており、50代でも利用率は非常に高くなっています。

LINEを含むSNS利用率は以下のとおりです。

SNS名全年代50代
LINE86.9%86.3%
Twitter38.7%28.1%
Instagram37.8%30.9%
Facebook32.7%33.5%
YouTube76.4%75.2%
表3: 全年代と50代のSNS利用率

※参照:令和元年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書「第5章5-1 主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率①」

LINEの次に多いのは、YouTubeの利用です。前章のインターネットの利用目的では、動画投稿サービスの閲覧時間が他の世代に比べて短かったものの、利用率としては高いことがわかります。

またLINEとYouTube以外の、近況や呟きをシェアするようなSNSにおいては、世代ごとに特徴的な結果が出ています。若い世代ほどTwitterやInstagramの利用率が高く、10代ではTwitterが69.0%、Instagramが63.4%なのに比べ、50代のTwitterやInstagramの利用率は約30%であり若い世代の半分程度です。Facebookの利用率が最も高く、全世代の平均よりも高い結果となりました。

これらのことから、50代に対してSNS広告のアプローチが有効であるとわかります。特に、LINEやFacebookが効果的と言えそうです。

3.50代の利用メディアは、テレビよりもインターネット?

インターネット・SNSの利用率が高いことはおわかりいただけたかと思いますが、他のメディアと比較するとどうなのでしょうか?

代表的なマスメディアであるテレビなどと比較して、それぞれどのような目的で使われているのかを紐解いていきます。

以下は、「いち早く世の中のできごとや動きを知る」ために一番利用するメディアの結果です。

全世代共通して、「テレビ」と「インターネット」が主な情報源になっていることがわかります。

その比率については、若い世代ほどインターネットが多く、年代が上がるにつれてテレビの割合が高くなっています。50代はインターネットが42.8%と、わずかにテレビの方が多いのが実情です。また60代を見てみると、インターネットは16.6%と急激に下がっており、テレビのニュースに対する信頼感には世代の特徴が見られます。

また、以下は「趣味・娯楽に関する情報を得る」ためのメディア内訳です。

60代を除く世代においては、趣味・娯楽の目的で利用するメディアはインターネットが最も高く、テレビとは大きな差があります。

50代においても、インターネットが61.9%、テレビが23.7%、雑誌が9.4%と、過半数がインターネットを趣味・娯楽目的で利用していることがわかります。

一方で、「世の中のできごとや動きについて信頼できる情報を得る」ためのメディアは、全世代共通してテレビの割合が最も高い結果が出ています。

データの信頼性の観点においては、インターネットよりもテレビを重視する人が多いようです。

このようにメディアによって利用目的は変わるものの、50代のインターネット利用の高さは伺えたのではないでしょうか。

4.デジタル化が進む50代にとって、Webアプローチは有効

今回は50代のインターネット利用動向やSNS利用率を説明しました。

50代にとってスマホやインターネットは非常に身近な存在であり、SNS利用も活発であることが理解できたかと思います。また、インターネットやSNSの利用率は、今後も急速に伸びていくことが予想されます。

50代に向けたWebアプローチも有効であるため、ぜひ検討してみてください。

同じ趣味をもった人たちと交流できれば、趣味や娯楽がもっと楽しいものになるでしょう。

弊社では本人確認済みの50歳以上の方だけが参加できるシニアコミュニティSNS「おしるこ」を運営しています。

>>おしるこアプリのHPを見る

会員数は4万人を超えています(2021年10月時点)。

「おしるこ」では横のつながりが強く、日々その日の出来事や商品の感想が飛び交っています。

商品が利用者に気に入ってもらえれば、商品の感想や評判が横展開されますので、シニア層に向けた広告展開には「おしるこ」が役立ちます。

シニアマーケティングを検討している方」「50歳以上へテストマーケティングしたい方」には最適なSNSですので、シニア層にアプローチを検討している方はぜひご相談ください。

コミュニティアプリ「おしるこ」で、シニア層に商品をアピールしてみませんか?

RECOMMENDあなたにオススメの記事

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

歴史上の人物たちから学ぶ、新たな視点と生きるためのヒント 7-前編 2022年のNHK大河ド…

シニアマーケティングの成功事例と失敗しないポイントを徹底解説

シニアマーケティングの成功事例と失敗しないポイントを徹底解説

健康寿命の延びが著しく、少子高齢化の進む日本では、第二の人生に対して意欲的なアクティブシニアが増加…

シニアに向けた効果的なSNS広告出稿をご紹介

シニアに向けた効果的なSNS広告出稿をご紹介

SNSと聞くと「若者が利用するもの」というイメージをする方は多いでしょう。 しかし、近年はシ…

動画広告は使い分けが重要!種類・配信場所・メリットを解説

動画広告は使い分けが重要!種類・配信場所・メリットを解説

近年その勢いを増し、さまざまな場で目にするようになった動画広告。ユーザーニーズに合わせて変化・増加…

しらけ世代の定義・特徴とは?効果的なアプローチ方法とともに解説!

しらけ世代の定義・特徴とは?効果的なアプローチ方法とともに解説!

「しらけ世代」という言葉をご存知でしょうか?現在マーケティング活動を実施している方の中には、「しら…

媒体資料ダウンロード
PAGE TOP