シニアド記事一覧 | シニアド

シニアド全記事一覧

シニアのネット集客

コミュニティマーケティングとは?実施方法や成功事例を解説コミュニティを活用して商品・サービスのマーケティング活動を行う「コミュニティマーケティング」が注目を集めています。しかし、コミュニティマーケティングに取り組もうと思っても「具体的に何をすれば良いのかわからない」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、コミュニティマーケティングが注目される理由や得られるメリット、具体的な実施方法をご紹介します。
シニア世代に「合わない」コミュニティの特徴は?適切なコミュニティを見つける方法マーケティングでどのコミュニティを活用するかを選択するうえでは、そのコミュニティが自社のターゲットに合っているかという観点を持つことが重要です。特に、シニア世代をターゲットにしている場合、他世代をターゲットにする場合とは異なったポイントでコミュニティを選ぶ必要があります。合わないコミュニティでマーケティングを行なうことのデメリットや、シニア世代に合わないコミュニティの特徴・合うコミュニティの特徴をご紹介します。
【おひとりさま向けオンラインコミュニティ】企業が活用するメリットとは?オンラインコミュニティは、高齢者が気軽に交流し人柄を知り、生きがいを感じる場であり、企業がマーケティングを行う場としても活用されている。内閣府の調査によれば、日本のシニア層は親しい友人が少なく、情報機器を利用した方が生きがいを感じる人が多いことが分かった。それ以上に、シニアがオンラインコミュニティを利用することは、社会とのつながりを維持し、非常時の情報収集にも役立つ。
60代女性が友達作りに集まるコミュニティをご紹介!リアルからオンラインまで60代女性をターゲットとした商品・サービスのPRを行いたいと考えているけれど「ターゲットは何を目的にどこに集まっているのだろう?」「どこでPRするのが効果的なんだろう?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、60代女性の人付き合いの実情や、どのようなコミュニティに集まっているのかをご紹介します。コミュニティで商品・サービスをPRする方法も具体的に紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
アラカン世代とは?特徴や効果的なアプローチ方法をご紹介アラカンとは「アラウンド還暦」を略した造語で、還暦前後の年齢の人々を「アラカン世代」と呼びます。アラカン世代の特徴や、アラカン世代への効果的なアプローチ方法をご紹介します。アラカン世代に向けたマーケティングを検討している方は、ぜひ参考にしてください。
海外で流行の「グランフルエンサー」とは?SNSを活用するシニアたちSNSでシニア世代が発信する「グランフルエンサー」が注目されています。セニア世代の価値観の変化やSNS利用率の上昇により増えており、リアルな発信内容が同世代に影響を与えています。また、若い世代でも人気があり、ファッション、日常生活、料理、エンターテイメントなど多様なコンテンツがあります。シニアのSNS利用は今後も増え続けると予想されます。
セルフケアの市場規模は?シニア世代の特徴や見込みを解説「セルフケア」は、専門家に頼らず自己の心身の管理・ケアを行う考え方で、市場規模は拡大の一途をたどっています。現在のセルフケア市場規模は5.7兆円で、これは新型コロナウイルスの影響や健康意識の高まり、高齢化によるものとされています。特に、「健康維持/増進」分野が規模拡大が予想される主な領域で、シニア世代もその対象となっています。
シニア世代のフェムケア市場の現状は?男女別の意識や開発ポイントを紹介急成長中のフェムケア市場はシニア世代にも注目が集まり、その市場規模や求められるサービスについても増えつつある。65歳以上人口の割合が約3割と高齢化社会が進む中、シニア向けフェムケアに関心を寄せる企業も増えている。一方で、誤解のあるフェムケアとフェムテックの定義についても紹介。
ポスト団塊ジュニアの特徴は?時代背景や消費傾向を解説「ポスト団塊ジュニア」は、1975年から1984年に生まれ、バブル全盛期の小学生時代と不景気の就職時期と重なった世代です。不本意なキャリアスタートにより就職に対する不安を抱え、安定思考で、結果を残すことを重視します。一方で、アナログからデジタルの移行期に育ち、新しいテクノロジーにも柔軟に対応します。
健康食品のキャッチコピー制作の注意点とは?事例・おすすめ媒体も紹介!健康食品のキャッチコピー作成には、消費者に商品やサービスの利点を具体的に理解させ、購入欲求を高めることが大切です。しかし、健康食品の広告表現には、薬機法や景品表示法、健康増進法などの法を遵守し、不適切表現を避ける必要があります。この他、商品の品質や内容、価格等を正確に伝えることも求められます。
超高齢社会におけるサクセスフルエイジングの形とは?マーケティングへの活かし方も紹介!日本が高齢社会を迎え、団塊世代が75歳以上になった。平均寿命が90年以上に伸びたことから、「人生100年」が新たな生き方を示す概念へ変わっている。「サクセスフルエイジング」、つまり「幸福な老い」を目指し、シニア世代が望む生活を理解することがマーケティング戦略に不可欠となる。
サードエイジとは?シニア世代の表現からみる生き方・暮らし方へのアプローチ団塊の世代が大量退職する中で、「サードエイジ」を指す言葉が注目されています。ピーター・ラスレット氏による人生の4段階区分説に基づき定義され、「現役から退職後」の期間を指す。ラスレット氏が提唱する「サードエイジ論」は生活水準や保障、収入の整った現代のシニア世代の生活状況を反映し、「個人的な実現と達成」を追求する世代を示しています。
アクティビティケアとは?具体的な種類や効果を解説!アクティビティケアは、高齢者の生活の質(QOL)を向上させるための活動で、遊びや外出体験などを通じ、脳の活性化や精神の安定を図ります。シニアを対象にしたマーケティングでは、アクティビティケアが必要な高齢者を「ケアシニア」と呼びます。また、アクティビティケアは体力向上、脳機能の向上・維持、心のケアといった3つの目的に沿って分類されています。
エルダーとシニアの違いとは?理解するとマーケティングへの意識が変わる!「エルダー」と「シニア」の違いを詳述している。エルダーは英語で「年長、年上、先輩」の意味を持ち、日本ではビジネス用語として50歳前後のベテラン社員を指す。一方、シニアは「高齢者」という強い意味合いがなく、一般的には60歳以上の人々を指す。どちらも高齢者を指す言葉だが、職場での扱いやニュアンスに微妙な違いがある。
エイジフレンドリーとは?シニアが安心して働ける労働環境づくりへの新たな取り組み「エイジフレンドリー」とは、シニア世代が安心して働くことができる環境を目指す言葉で、主にWHOや欧米の労働安全衛生機関で使用されています。日本も令和2年に厚生労働省によりエイジフレンドリーガイドラインを公表し、70歳以上の就業が増える一方で労働災害も増えているため、シニア世代が働きやすい環境作りが求められています。
ヘルスケア市場とサービス種類をご紹介ヘルスケア市場は急成長しており、その規模や動向について解説。規制緩和により、個々の分野が進化し、予防医療や便利な医療・介護サービスが実現し始めている。2030年までに国内市場規模は約13.5兆円に達する予測。企業の参入は、医療・介護事業者、ヘルスケア関連事業者、そして異業種からの事業者も進出している。
ヘルステックとは?市場動向やサービスをご紹介ヘルステックは最新テクノロジーを用いた医療や健康ケアサービスを指し、高齢化社会に伴う医療費増加や健康経営への意識の高まりから急速に市場拡大が進んでいます。2025年問題とも関連し、健康寿命の短さに対する課題解決にも期待されています。特にストレス測定器やウェアラブル端末などの利用が増え、健康データの把握や予防対策に役立っています。
ケアシニアとは?特徴・おすすめ訴求・アプローチ方法を解説この記事は、高齢化社会で増えているケアシニア(要介護状態のシニア層)へのマーケティングについて解説しています。ケアシニアはシニアマーケティングの4つの分類の一つで、主に家族や介護者による製品やサービスの消費が多い特徴があります。これらを理解し、ケアシニア本人及び決済者への意識的なマーケティングを行うことが効果的であるとされています。
【事例】シニア向けWebサービス完全ガイド|シニア向けコンテンツのポイントも紹介少子高齢化社会に伴い、シニアがデジタルテクノロジーを取り入れる需要が増加。シニア向けのWebサービスも増え、多様なニーズに対応する新たなビジネスチャンスが拡大。その一例として、「優遊自適」や「しゅみーとマガジン」、「サライ」など、彼らのライフスタイルや趣味に合わせた情報を発信するサイトが存在する。これらはシニア世代が更に豊かな生活を送るためのプラットフォームとして機能している。
毎日の暮らしをポジティブに変える「シニアDX」を進める上での課題とは?日本では高齢者人口が増加し、その中で「シニアDX(デジタルトランスフォーメーション)」が注目されています。これはシニア世代にデジタルを活用してもらう動きで、生活に豊かさとポジティブな変化をもたらすとされています。しかし、課題も多く、特に70代以上の人々は、どう使うべきかわからずデジタル活用をためらっているという状況です。
アパレル市場はシニアに注目!若者文化をリードした60・70代の心をつかめアパレル市場は、ファストファッションとコロナ禍で苦境に立たされています。特に、少子化により若者向け市場は縮小する一方、シニア向け市場は拡大が見込まれています。新型コロナの行動制限緩和後、消費が復活した50代以上の世帯の中でも、60代から70代前半のアクティブシニアの支出が活発化。健康で経済的に余裕のあるアクティブシニアの取り込みは、アパレル市場にとって重要な戦略となっています。
令和シニアとは?言葉の意味や特徴、おすすめアプローチ方法を紹介令和時代のシニア世代を指す「令和シニア」は健康志向が高くアクティブで、デジタルデバイスを使いこなす等の特徴を持つ。またリカレント教育に対する関心も高い。マーケティングではシニア向けSNSへの広告配信が効果的で、公式なSNSアカウントを持つことで広告が自然に配信され親近感を持ちやすい。
アクティブシニアが集まるコミュニティとは?リアルからオンラインまでご紹介!2025年に100兆円規模と予想されるシニア市場。その中でもアクティブシニア、つまり健康で活動的なシニアは重要なターゲットと言えます。アクティブシニア向けのマーケティングにおいては、彼らが活動するリアル及びオンラインのコミュニティの存在が重要な要素になります。今回、いくつかのリアル・オンラインコミュニティを紹介し、アクティブシニアの生活スタイルや交流の場を探ることが可能となりました。
アクティブエイジングとは?具体的な意味や関連ワードを解説!アクティブエイジングは、人が高齢になっても生活の質向上を目指す考え方で、WHOが提唱しています。60歳以上の高齢者に対する考え方で、似た概念の「プロダクティブエイジング」やシニア層の一部を指す「アクティブシニア」などについても解説されています。日本では高齢者が増え、平均寿命も延びているため、その生き方についての考え方が進化しています。
プロダクティブエイジングとは?具体的な事例や関連ワードを紹介!プロダクティブエイジングは、高齢者が身体的、精神的な健康を保ちつつ、生産性を維持し、社会貢献しながら年を重ねる生き方の概念を指す。それに対してアクティブエイジングは、健康、参加、安全などの生活の質を向上させるプロセスのことで、個人と人口集団双方に適用する。また、アクティブシニアは、年齢に囚われず、積極的な活動を行う高齢者を指す。
シニアへのアプローチにメール広告は有効!特徴やメリット・料金相場を教えますシニア層へのアプローチ手段として、メール広告が効果的であることが述べられています。多くのシニアがスマートフォンやパソコンでメールを利用していること、メール広告の特徴やメリット、料金相場などが解説されています。さらに、メール広告の配信方法にはオプトインメールとターゲティングメールの2種類があり、それぞれが適した状況が異なることが説明されています。
ギャップシニアとは?特徴・おすすめアプローチ方法を解説シニア世代に対するマーケティングについて、特に増えている「ギャップシニア」を対象にしたアプローチ方法を紹介。ギャップシニアとは、「できること」「やりたいこと」の間にギャップを感じ、収入や健康などの不安からやりたいことを諦めがちなシニアのこと。シニア全体のうち約3割がこのギャップシニアであり、情報提供により行動を起こす可能性がある。
ディフェンシブシニアとは?特徴・おすすめアプローチ方法を解説記事はシニアの中でも「ディフェンシフシニア」に焦点をあてています。ディフェンシフシニアは、一応の収入があるものの消費に対する意欲が低いとされるグループで、多数派を占めていると言われています。マーケティング対象とする際には個々の特性を理解し、テレビ・ラジオ・チラシ・新聞・雑誌など見る機会が多いと考えられる媒体からアプローチすることが勧められています。
X世代を解説!定義や特徴、効果的なアプローチ方法までX世代とは1965年~1980年に生まれた人々で、58歳から43歳の範囲となります。X世代は比較的お金を使うことに対するハードルが低い一方で、突飛な行動をすることは少なく、安定的な生活を好む傾向があります。また、IT技術の進歩やデジタル化を自然と受け入れる姿勢があり、スマートフォンを使いこなしている人が多い。
シニアシフトとは?超高齢化社会でビジネスを成功させる方法を徹底解説シニアシフトとは、人口の年齢構成が若者から高齢者へと移行している現象を指す。東北大学特任教授の村田裕之氏が提唱し、ビジネスチャンスと見る声もある。2022年の高齢者人口は3627万人と過去最多で、全体の29.1%を占め、世界最高水準である。
60代シニアの集客におすすめの方法と失敗例・成功のポイントをご紹介60代向けのマーケティング手法と失敗例についての記事。テレビや新聞などのオフライン広告の問題点として、高コストかつフィードバックの取得が難しいこと、シニアのライフスタイルや価値観の多様性に対応できないことを指摘。適切な広告手法とは、ターゲットごとの適切なメッセージを打ち出すこと、また、ペルソナを作り上げて商品やサービスを提案することが重要と述べている。
シニア向け広告で効果的なアプローチを実現する方法とは?広告手段をご紹介本記事はシニア層への広告手法として、オフライン・オンライン両方の視点から適した媒体の解説を行っている。テレビや新聞を重要視するシニア層へのオフライン広告、インターネット利用率の高まりから拡大が見込まれるオンライン広告のそれぞれの特性を理解し活用することを提案している。
プレシニアは何歳から?おすすめのマーケティング方法を紹介日本の高齢化が進行中で、シニア世代へのマーケティングに注目が集まる中、「プレシニア」(一般的には45歳〜59歳)にも焦点が当てられています。プレシニア世代はまだ現役で働いており、定年後のことを考え行動を始めている人が多い特徴があります。また、シニアと比べ、デジタルデバイスの操作に慣れているという特性も持っています。
シニア向けサプリの市場規模は?おすすめの広告も紹介高齢化社会が進む日本において、シニア向けのサプリメント市場は拡大しつつある。株式会社インテージの調査によると、2022年度の健康食品・サプリメント市場規模は約1兆3,729億円で、年代別シェアは50代~70代が68%を占める。また、薬事法ドットコムの調査により、60~91歳の約4割がサプリメントを健康維持目的で摂取していることが分かった。
シニア向け化粧品の市場規模は?SNS広告の効果も紹介現代日本で高齢化が進むにつれ、シニア向け化粧品市場の拡大が予想される。特に、肌荒れやメイク崩れに対応した商品や、アンチエイジング化粧品が人気となっている。マスク着用による皮膚の問題や気になるシミ・シワ・たるみへの対策として需要が集まっている。今後はシニア向け化粧品への注力が一層進むと見られる。また、SNS広告の活用も推奨されている。
シニア向けフィットネス市場と業態別アプローチを調査!シニア市場の拡大が続く中、フィットネス業界もシニア向けサービスやプログラムを展開し、ダイレクトにアプローチしています。シニア層のフィットネス利用者数が増える理由や、SNSを活用したプロモーションについても分析されています。また2021年フィットネスクラブの売上高は2500億円で、好調に推移しているとされています。さらに、シニア向けフィットネスプログラムを展開する企業とその内容も紹介されています。
エイジテックの市場規模はどのくらい?拡大背景とサービス事例をご紹介エイジテックは、シニア向けのサービスや技術を結びつけて健康や生活を支援するもので、世界中でその市場規模が拡大している。特に少子高齢化が進んでいる日本も例外ではなく、今後もその普及が進むと予想される。エイジテックの成長を支える背景には、シニア世代の増加とデジタルツールへの慣れがある。
エイジテックとは?基礎知識や具体的なサービスをご紹介少子高齢化社会とともに、シニア市場が拡大し、エイジテック(高齢者に特化したテクノロジーやサービス)への関心が高まっています。エイジテックは高齢者が自立し、生活するための支援を行います。シニアのコミュニケーションや健康管理をサポートするサービスが主で、医療施設や企業、行政にも利用されている。2025年までに市場規模は約300兆円と予想されています。
「シニア」と「高齢者」の違い・具体的な年齢やイメージを徹底解説!「シニア」と「高齢者」の違いやニュアンスについて解説し、「シニア」は「高齢者」より若く活動的なイメージがあることを強調しています。「アクティブシニア」や「デジタルシニア」などの新たな特性を持つシニアが増えているため、ビジネスやマーケティング展開時はこれらのトレンドを理解し、適切な言葉遣いが必要であると説明しています。
【団塊世代~Z世代まで】世代の年代・特徴を詳しく解説!人は、出生時期や社会背景により、団塊世代からZ世代までの9つの世代に分けられる。それぞれに似た特徴や思考、行動の傾向があり、その理解はビジネス、特にマーケティングに役立てられる。世代別の特徴やそのマーケティングへの活用法を本記事では解説している。
世代別の特徴と具体的なマーケティング施策を解説!【Z世代~団塊世代】マーケティングにおいて、対象ユーザーの世代特徴とその考え方や消費の傾向を把握することが重要とされています。本文では、世代を意識したマーケティングの実施と効果について説明するとともに、具体的な施策を5つの世代 (Z世代・ミレニアル世代・しらけ世代・バブル世代・団塊世代)に分けて紹介しています。
しらけ世代の定義・特徴とは?効果的なアプローチ方法とともに解説!「しらけ世代」は1950年代から60年代前半に生まれ、現在は50代後半から70代前半の人々を指します。反動として生まれた「三無主義(無気力・無関心・無責任)」や「個人主義」が特徴で、オタク文化の萌芽も見られます。マーケティングを行う際は、「シニア」世代へのアプローチが有効と言えます。
アクティブシニアの年齢・特徴・トレンド・アプローチ方法を解説!シニア層は4種類に分類可能で、そのうちアクティブシニアは興味や意欲を持ち、積極的に活動し、比較的金銭的に余裕のある層を指す。2022年のアクティブシニアのトレンドとして、旅行への意欲や自宅での高品質な楽しみ方、デジタル機器の利用や健康寿命の維持に向けたフィットネスへの関心などが注目される。
拡大するシニア市場、ネットショップでターゲティングするには?「シニア層のオンラインサービス利用実態調査」では、約8割がインターネットショッピング経験があることが明らかになった。テレビ通販が主流のシニア向け健康食品などでも、ネットショップへの需要拡大が予想される。ショッピングモール出店型と独自ECサイトの2つの開設方法とその利点欠点を解説。
シニア男性マーケティングのポイント解説!シニア男性の特徴・興味関心シニア男性向けマーケティングにおける重要ポイントを紹介。その一つとして「ペルソナ作成」があり、シニア男性の特徴把握が必要。65歳以上のシニア男性は一律には当てはまらず、ライフスタイルや興味・関心が多様。例えば、楽しみの1位が「旅行」で、自宅での趣味や自由な外出といった欲求が見て取れる。ペルソナを明確にした上で、カスタマージャーニーマップを作成することが重要。
バブル世代の特徴とは?適切なマーケティング戦略をご紹介「バブル世代」とは1965年〜1970年生まれで、1986年から1990年のバブル経済期を社会人として経験した世代を指す。この世代は好景気時代の影響を受け、派手な消費が特徴とされる。コミュニケーション能力が高く、積極的な消費者であることから、2022年現在、企業のマーケティング対象となる。また、オンラインコミュニケーションも得意とする。
新人類世代とは?性格の特徴をおさえて効果的なマーケティング戦略を!「新人類世代」は経済学者・栗本慎一郎が創った言葉で、1955年から1967年に生まれた世代を指す。現在56~68歳で、高度成長期に育ち、贅沢や楽しむことへの抵抗が低い特徴と、組織より個を重視する性格があり、マーケティングの重要なターゲットとなる。独自の価値観や趣味を持ちながら、ネットリテラシーや若者のトレンドにも理解がある。
シニア向け健康食品の市場規模は?おすすめプロモーション方法も解説健康食品市場は拡大傾向にあり、特にシニア層のネット通販利用が人気で、その理由はコロナ禍の健康意識の高まりと在宅時間の増加による。2020年度は前年度比0.4%アップ、2021年度は前年度比2.5%アップと予想され、シニアの半数以上が健康食品のターゲットである。シニア世代の購入ルートはネット通販が主で、購入きっかけにはインターネットの広告を挙げる人も多い。
シニア向けリサーチにおすすめのサービスをご紹介日本の少子高齢化が進む中、シニア向けのサービス市場が拡大しています。それに伴い、シニア向けの商品やサービスのマーケティングリサーチが重要となる。具体的なリサーチ方法としては、定量調査と定性調査があります。一方、シニア向けのリサーチを行う場合、年齢だけでなくライフステージも考慮する必要がある。また、シニアに特化したリサーチサービスは少ないため、適切なリサーチ法を選ぶことが重要です。
シニア女性向けマーケティングの設計方法!成功につなげる3つのポイント「シニア女性」の定義は60歳〜100歳と広範で価値観や生活習慣も多様。マーケティングを行う際には、そのライフスタイル、趣味嗜好、悩み等を把握し、それに基づいたカスタマージャーニーマップを作ることが重要。特にユーザペルソナを明確にし、そのライフスタイルや価値観に焦点を当てることでマーケティング効果を最大化できる。
「シニアのLINE友だち追加からサービス利用までがスムーズでした」シニアSNSを活用したシニアマーケティング法シニア向けサービス「#かんれき」の思いや運営方法などについて株式会社ケアラボの広報・宇山靖代氏にインタビュー。シニア向けSNS「おしるこ」を活用し、LINE友だち追加からのシニア集客を成功させた同氏は、「#かんれき」を通じてシニアの新たな生きがいを提供するとともに、認知症予防と健康維持のきっかけづくりを目指している。
SNSでのアンケートの作り方を解説!各SNSの利用者層も把握しようSNSにはアンケート機能があり、正しく使えばビジネス上の有用なデータを得られます。しかし、その作り方がわからない人も多いため、本記事では主要SNSのアンケートの作り方と使い方を解説します。また、SNSごとの主なユーザー層も紹介し、自社の商品やサービスがどのSNSでアピールできるかを理解することができます。これにより、SNSのアンケート機能をビジネスに効果的に活用することが可能となります。
シニア市場、2025年には100兆円規模に!シニアマーケティングのポイントも紹介シニア市場は2025年に市場規模が100兆円を超える見込みで、シニア向けのビジネスは無視できない規模です。参入する際重要なのはシニア向けマーケティング戦略で、ターゲットの種類とペルソナ設定がたいせつと解説しています。シニアのターゲット属性や特性を理解し、最適なアプローチ方法を選ぶことが求められます。また、シニアの消費行動の実態を理解することも重要です。
個人利用率は83.4%!世代別インターネットの普及率と利用目的まとめ日本のインターネット利用率(個人)は83.4%、スマートフォンの保有率は75.1%でパソコンを上回った。新型コロナの影響でオンライン活動が増加中。世界のインターネット普及率ランキングで日本は92.7%で25位。世代や地域間での格差はなく、高齢者の利用率も増加傾向。都道府県別では三大都市圏が高く、一部地方は低い傾向だが全体的に高い。中でもスマートフォンの利用が増えている。
ターゲティングとは?マーケティング戦略で押さえるべきポイントを徹底解説売上アップを求める企業に必要なマーケティング戦略としてターゲティングがあります。これは購入可能性が高いリードを対象にし、新規顧客獲得や既存顧客満足度向上、SNS広告の効果向上などで売上増加へ繋げるものです。具体的な手法としてSTP分析や6Rがあります。STP分析は市場の分類と独自の地位確立を通じて、6Rは戦略的な市場選択を通じて売上の最大化を目指します。
シニア層のターゲティングはどう設定する?ターゲティングの具体例と成功事例を紹介「ターゲティング」は、市場を特定し特定の顧客のニーズをつかむ方法で、特に成長が期待されるシニア市場において重要です。「ターゲティング」は「STP分析」の一部で、セグメンテーションで市場を分け、ターゲティングで特定し、ポジショニングで商品を一意無二にすることで、収益性の高いターゲット、いわゆる「コアターゲット」にアプローチできます。
おすすめコミュニティサイト・SNSの一覧!【ユーザー・ジャンル・目的別に紹介】SNSが多様化する中、自分や自社に合ったSNSを選ぶため各々のジャンル、ユーザー、目的を紹介。TwitterやFacebookなど、幅広いユーザーから特定の趣味に特化したSNS、また企業が自社ブランドのファンを集め交流するコミュニティサイトも。自社のターゲット層に効果的にアプローチするための参考として活用可能。
シニアのペルソナ設定例を3種類紹介!3ステップで簡単アレンジ!商品やサービスのマーケティングで重要なのは「ペルソナ」の設定。ペルソナとはターゲットとなる人物像で、具体的な人物を想定することでより効果的な広告が作れる。ペルソナとターゲットの違いは「個人VS団体」と「実在かどうか」の2点。特定の個人(実在しなくても良い)をペルソナとすることで、その人物の悩みやライフスタイルを深く理解し、売り上げ向上が期待できる。
ペルソナって何?誰でもできるペルソナ設定の方法と具体例を紹介ペルソナ設定は、商品・サービスに対する架空の顧客像を具体的に描くことで、マーケティング戦略を一貫したものとすることが可能となる。顧客の日常を理解することで、アプローチの方法が容易になり、開発チームの認識のズレを解消し、生産性の向上にも繋がる。しかし、失敗すると大きな痛手となり、そのための正しい作成方法と、具体的な情報収集が必要となる。
シニアの年齢の定義と世の中のイメージは?シニア層へのアプローチの第一歩「シニア」には高齢者、上級者の2つの意味があります。一般的には65歳以上を指し、各保健組合では前期高齢者を65〜74歳、後期高齢者を75歳以上としています。一方で、平均的なシニアの年齢イメージは61.6歳。シニアのインターネット利用率が上昇していることから、自社の商品・サービスのPRにはインターネット広告が効果的。特に、増え続けるシニア層のSNS利用から、SNSを活用したアプローチが有効です。
「シニア」の意味とは?各サービスごとの年齢定義や、シニア層の特徴をご紹介「シニア」という言葉の定義は明確ではないが、一般的には65歳以上を指すことが多いです。しかし、施設やサービスによってシニアの対象年齢は異なり、シニア割などは特に55~65歳以上を対象としていることが多い。また、「シルバー」や「ヤングシニア」「ミドルシニア」といった類似語も存在し、それぞれの定義もまた異なります。これらの定義とシニア世代の意識を理解することが重要です。
団塊の世代とは?名前の由来や特徴について学ぶ団塊の世代をビジネスターゲットにするため、その特徴と現状を理解すべきと語る記事。1947~1949年生まれの団塊の世代は、景気変動や競争意識を背景に、仕事を生活中心に置いた世代。流行物や集団行動に興味が強く、現代では新家電製品や趣味サークル、同世代の口コミや家族・友人の意見に関心がある。現在70歳を超え、ほとんどが退職状態である。
シニアビジネスへの参入を成功に導く3つのポイント現在拡大しているシニア向けビジネスは、スマートフォンやSNSを活用したコミュニティーアプリが注目されています。特に「おしるこ」は50代以上限定アプリとして話題になっています。シニア向けビジネス参入を検討する企業のために、新規参入の際に注意すべき3つのポイントを紹介します。「シニア」とは団体・機関により定義が異なりますが典型的には60~65歳以上を指すことが多いです。
中年・初老は何歳から?年齢と言葉の意味を確認!中年世代のお悩みも紹介「中年」の定義は年代により改まるが、NHK放送文化研究所の2015年アンケート結果では平均で40歳〜55.6歳とされる。また、年齢層の呼び名(壮年:30〜40歳、中年:40〜50代半ば、熟年:50〜60歳、初老:60歳頃、高年:65歳、老年:65歳以上)はそれぞれ特徴が違うが、一括して「シニア世代」と言うことも可能だ。
「シニア世代」は何歳から?シニアの新しい呼び方や、シニア市場のビジネスチャンスも解説シニア世代の定義は一般的に65歳以上とされるが実際には曖昧で、個々の認識により異なる。シニア市場は拡大が見込まれ、ネットビジネスへの参入や展開にビジネスチャンスがある。55歳以上を対象とした「GGカード」など新たなビジネスも現れている。
団塊ジュニアってどんな人?世代の特徴や消費の傾向などを探る現在50歳前後の団塊ジュニア世代は、バブル崩壊や就職氷河期によりメンタルが強くなった一方で自信がない傾向にあります。1971年~1974年生まれで、仕事では真面目で自己啓発に力を入れる一方、経済的な困難から保守的な思考が目立ちます。特に就職氷河期の影響から成功体験が少なく、自信をつけるのに難渋しています。
高齢者・シニア層を集客する手法一覧!集客の4つのステップや成功事例も紹介デジタルシニアの増加に伴い、様々な集客方法が現れている。新聞広告はまだ主要な手段であり、フリーペーパーがピンポイントでの集客に効果的。チラシや会員誌はターゲティングを絞りやすい。Web広告は年齢や性別などの属性情報に加え、興味関心の情報を蓄積してターゲティングが可能。また自社メディアでのコンテンツ作成を通じて、集客を行う方法もある。
シニア向けビジネスを成功させるシニアマーケティングとは?成功事例やアプローチ方法を解説高齢者の割合が増加する日本で注目を集めるシニアビジネスについて解説。市場規模は2025年には101.3兆円と予想され、生活産業、医療・医薬産業、介護産業が主要なセクター。高齢者とテクノロジーを結びつけたエイジテックも急成長中。新規サービス企画にはターゲットの年齢層やニーズの理解,SCAMPER法の活用が効果的。
シニアに人気のアプリとは?効率よくシニアにアプローチするためにシニア層のスマホ利用率が増加し、アプリを活用していることから、企業は商品やサービスをシニア層に伝えるためにスマホのアプリの活用が効果的であると説明。特に、ニッセンのショッピングアプリや各種スマホ決済アプリ、SNSアプリがシニア層に好評で、約8割の50代と約71%の60代がSNSを利用しているというデータを示している。
シニアのSNS利用率は急上昇中!シニアにおすすめのSNSもご紹介SNSの利用が一般的となり、シニア層の利用者も増加しています。2020年のシニアのインターネット利用の目的Top5ではSNSが3位となっており、利用率は年々上昇しています。特に利用率が高いのは「LINE」で、76.2%のシニアが利用しています。SNSを安心して利用するためには、登録・利用方法が簡単、同年代の利用者が多いもの、トラブル対応の仕組みが整ったSNSを選ぶことが推奨されています。
シニアは何歳以上から?シニアについての詳細まとめシニアとは何歳からという定義は固定されておらず、WHOは65歳以上を高齢者と定義しています。また企業はそれぞれ自社サービスの割引等でシニアの年齢を設定しています。シニア向けの商品やサービスを広める手段として新聞やチラシが有効であり、またスマートフォン保有率の増加やシニア層のSNS利用率上昇に伴い、インターネットやSNS広告も有効であると言えるでしょう。
シニア向けに人気な雑誌とは?雑誌広告でシニアにアプローチするために雑誌広告をシニア層に注力したい方向けに、シニア向け雑誌と広告媒体の特徴を紹介する。シニア層では「健康」「趣味」「女性向けファッション」が人気ジャンルで、それぞれの関心に合わせた広告出稿が求められる。後半では具体的な雑誌とそれぞれの特徴を紹介する。
シニアマーケティングのポイントを完全網羅!ペルソナ設定や成功事例をご紹介「シニアマーケティング」は、シニアの消費額が増加する一方で、成功例が少ない。その理由はシニアのペルソナ設定やターゲティングが難しいことにある。マーケティングは広告やプロモーションだけではなく、「自社の商品・サービスを顧客に届ける仕組みづくり」。シニア世代の理解が難しく、世間の老人イメージが影響して、実際の課題やニーズを見つけにくいことが問題である。
SNSの普及率は90%以上!?年代別のSNS普及率と、SNS広告の市場も解説総務省の「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によれば、日本国内のSNS利用率は90%以上で、最も普及率が高いのはLINEで、全世代にわたって30~40%の普及率がある。またTwitter、Facebook、Instagramも年代による普及率が異なる。全年代を通じてYouTubeの普及率も高く、視聴目的で利用されている。SNS広告市場は2025年には1兆12億円にも成長すると予想。
中年の定義とは?中年世代の趣味・興味関心ランキングも紹介中年期は一般的に40歳〜64歳を指し、日本の人口の3割を占める大きなビジネス市場である。病気に対する心配や健康への意識が高まる年代で、コロナウイルス感染拡大に伴い在宅でできる活動への関心が高まっている。中年男性は落ち着いた趣味に、中年女性は健康に意識を寄せている傾向があり、ビジネスチャンスにつなげるべきである。
高齢者の心を掴むオススメの販売促進とは?具体的な手法をご紹介高齢者向けに商品を販促したいが具体的な方法がわからないという悩みを解決します。記事で、オススメの販促方法と効果的なサービスがわかり、広告費も抑えられます。
高齢者向けWebプロモーションを成功させる方法やポイントを徹底解説日本では少子高齢化が進み、高齢者が大半を占めています。この記事では、貯金を抱える高齢者層をターゲットにしたウェブプロモーションの成功方法を解説します。インターネット利用が増えている高齢者層の中でも特に、60~69歳の利用率が高いため、この世代に向けたプロモーションは成功しやすいと言えます。また、スマートフォンの利用も増えているため、それを考慮したプロモーションが必要です。
シニアにもWebを活用したアプローチは有効!シニアマーケティングに役立つ手法・媒体をご紹介シニア層がWebスキルを向上させ、元気で活動的であることが増えている現代。シニア層のWebスキルを利用した集客方法や、適した媒体の選び方などについて解説しています。また、シニアがWebを上手く活用する機会が増え、SNSや通販、ビジネスを行う人も増えており、その認識についても触れています。
シニア向けプロモーションとは?おすすめのメディアと成功事例をご紹介シニア向けのプロモーションでは、ターゲットの年代や生活スタイルを理解し、それに合った広告媒体を選ぶことが重要です。シニアを具体的な像で捉え、感情や行動に合わせたプロモーション設計をするよう心掛けましょう。また、最近注目されているプロモーション手法として、Web広告があります。これにはSNS広告や検索広告などが含まれ、60~69歳のシニアでも82.7%がインターネットを利用しているため、非常に有効です。
シニア層にアプローチできる人気のWebメディア|シニア向けWebマーケティングの活用法企業のPRやマーケティング担当者がシニア層へ効果的にアプローチする方法を説明。Webメディア活用が有効で、総務省の調査で60~69歳の利用率は86.8%、50~59歳は95.4%と判明。シニア向けに検討するWebメディアとして「趣味人倶楽部」や「サライ」などが紹介されています。
シニア向けネットショッピング運営のポイントとは?増加するシニアのEC利用率と購入商材の傾向も紹介高齢者向けネットショップの集客に悩んでいる方へ。2020年の総務省の統計では65歳以上の高齢者のネットショップ利用率は年々増加し、約3割が利用経験者とのこと。高齢者が利用するネットショップには特徴があり、適切な運営で集客が可能になります。
シニア向け販促の極意!4つの販促の型とプロモーション方法を解説現在、日本のシニア人口は3,300万人で全人口の26%を占める大きな市場。そのシニア世代をターゲットにしたマーケティング手法として、割安提供型販促施策、生活補完型販促施策、楽しい提案型販促施策、クラブ会員型販促施策の4つが挙げられる。それぞれのニーズに応じて特典やサービスを提供することで、効果的な訴求が可能となる。
シニアのネット利用と目的 | シニアのネット利用率は80%以上!?「インターネットは若者が使うもの」と思っている人は古い!最新のデータによると、60~69歳のインターネット利用率は84.4%、70~79歳も59.4%で半数以上が利用。特に50~59歳では95.2%が利用してる。シニアが使う目的も多岐にわたり、若者と同じように様々な目的でインターネットを活用。主な利用コンテンツはSNS・ブログ・オンラインゲーム・動画サイトで、半数以上のシニアがSNSやブログを目的として利用。
シニアにアプローチできるネット広告とは?購入につなげる工夫を紹介シニア層に向けた効率的なデジタルマーケティングを行うには、シニアのインターネット利用率の高さと、その利用状況を理解することが重要である。60歳以上のネット利用率は53.4%で、メールや情報検索、SNS、ブログ、商品購入など多岐にわたり活用されている。売り込む商品のターゲット像を明確にすると、適切な広告媒体を選び、効率的な戦略を立てることができる。
急増する高齢者のEC使用率の波に乗れるジャンルは?事例やクレーム対策のポイントも総務省統計局の調査により、新型コロナウイルスの影響で55~64歳の世帯のネットショッピング利用が6割近くまで拡大、65歳以上の世帯も31.2%まで増加したことが明らかになった。この結果から、高齢者向けの商品・サービスを販売する際の重要なチャネルとしてECサイトが注目されている。

シニアのインサイト

『100人の日本村の物語』<2024年版>シニアドは、シニアマーケットやシニアに届けたい商材を有する企業様向けに、シニア向けのマーケティングモデルやコーポレートブランディングに関する情報を提供しています。 日本社会の現状とシニア層のニーズを理解するために、厚生労働白書などのデータを活用し、具体的なマーケティング戦略を立てることが重要です。 本記事では、日本社会を縮図として描いた「100人の日本村の物語」を通じて、シニア層の生活やニーズを具体的に理解するための一助となることを目指しました
シニアにとっての「生きがい」とは?豊かに充実した日々を送るために必要なものをご紹介!多くの社会人は60歳〜65歳で現役を引退し、「セカンドライフ」へ進みますが、引退後に仕事や趣味がないと充実した生活にはなりません。シニア世代にとって重要なのは「生きがい」であり、これがないと生活にメリハリが生まれません。この記事では、「シニアにとっての生きがい」について詳しく解説し、現代のシニアが持つニーズを明らかにします。
現代シニアが幸福を感じる新たなライフスタイルとは?SNSを活用したアプローチも紹介「令和」時代のシニア層のライフスタイルに変化が訪れ、幸福を感じる要素も変わってきている。特に「アクティブシニア」に代表される、健康で経済的に余裕のあるシニア層は、新しいことを恐れず活動的に過ごしている。適度な運動や健康的な食事、人々とのつながりを楽しむライフスタイルが特徴。余暇活動や旅行などへの出費も厭わない傾向だ。
趣味と生きがいの関係性:シニアと「生涯学習」の重要性シニア向けの商材やサービスの事業者にとって、生涯学習の支援は大切です。それによってシニア層の趣味や生きがいを支え、彼らの生活を豊かにし、認知症予防や社会的つながりの維持にも寄与します。また、シニア向けSNS「おしるこ」は、自分の興味を追求するシニアを支援し、新たなスキル習得のモチベーションを高めるプログラムを提供しています。
シニアからでも始められる!生涯学習としての趣味の魅力生涯学習として趣味を持つことは、シニア世代に大きな利点があります。趣味を通じて新たな知識や技術を学び続け、豊かな生活や健康維持につながります。また、新しい趣味を始めることで認知症の予防、自己成長、新たな知識の獲得、新しい友人の増加などの具体的なメリットがあります。趣味の始め方や続け方についても工夫が必要で、アプリや専門書を利用するなどの方法があり
「生涯学習」としてシニアが取り組みたい内容とその理由|シニアが習い事を決めるポイントとは?シニア世代が生涯学習に積極的に取り組んでいる。彼らの多くは、健康管理や認知症予防、芸術活動、コミュニケーションスキルの向上、テクノロジーの学習など、自分らしい生活を送るための習い事を選ぶ。シニア向けの習い事は、単なる趣味ではなく生涯学習の一部となっている。シニア世代に人気の習い事には、語学、音楽、スポーツなどがある。
フードテックとは?シニア世代にも新しい食は受け入れられるのか最新技術を利用した食関連の「フードテック」が注目されています。食の問題解決や新たな飲食料産業の可能性開花、さらには高齢者向け食品開発などに活用されています。市場規模の拡大やSDGs達成に寄与、国内外での普及なども含め、具体的な事例を紹介します。また、フードテックがもたらすメリットとして、食糧問題の緩和、フードロス削減、食品の安全性確保、労働力不足の解消などがあります。
エシカル消費とは?具体例や企業の取り組み方をご紹介社会問題解決に寄与する消費行動「エシカル消費」が近年注目されている。国連のSDGsの一部として「つくる責任 つかう責任」が挙げられており、生産・流通方法に目を向けて商品を選ぶ行動が求められている。企業も社会的責任を果たすため、エシカルな商品・サービスの提供に力を入れている。スターバックスはエシカル調達、マクドナルドは食品廃棄削減や持続可能な原材料調達、セイコーエプソ
シニアが「欲しいものランキング」から見るシニアの世界での流行と買い物事情とは?シニア世代は、もらって嬉しい贈り物が分からないという人が少なくない。高齢者の約半数は健康状態が安定し、何かを欲しいという購買意欲を持っている。シニア世代が感じる生きがいは「職業や役割」「情熱を注げるもの」「使命」「天職」であり、それに合わせた贈り物が喜ばれる。シニア世代は働くことにも意欲的で、健康や旅行などに関心を持っている。
ノスタルジー消費とは?マーケティングへの活用方法を解説「ノスタルジー消費」は、シニアなどが20歳頃までに経験した文化を懐かしむ消費行動で、音楽やテレビなど各種のメディアから感じられます。このノスタルジー感を生み出す商品や体験の提供は若かった頃の刺激を追体験し、消費を生む新たな手段と言えます。焼け跡、団塊、しらけ、バブル世代などが体験した文化を理解することでノスタルジー消費の対象が見えてくるでしょ
老後のダウンサイジングとは?新たなビジネスチャンスの可能性も老後の生活費不安から、シニアの間で「ダウンサイジング」の考え方が浸透しています。ダウンサイジングとは、生活の規模を縮小し、必要なものだけにすることです。具体的には、余分な住居や食費を削減したり、通信費を見直すなどの方法があります。このような高齢者のニーズに対応したビジネスの可能性も出てきています。
ワーキングシニア増加の背景は?ワーキングシニアの意識とマーケティングについて解説ワーキングシニアは60歳以上の労働者で、高齢化や健康寿命の延長に伴い増え続けています。労働力人口に占めるシニアの割合は1980年の4.9%から2022年には13.4%に増え、特に60-64歳は2012年の57.7%から2022年には73.0%に増えた。背景には人手不足の深刻化と、シニアの健康寿命の伸びがあります。労働者の不足からシニア世代が貴重な労働力源となり、健康寿
シニアの睡眠特徴とは?かかりやすい病気もご紹介シニア世代の睡眠問題について、夜更かしや深夜の目覚め、不眠症といった悩みが多いと指摘。加齢に伴う睡眠パターンの変化や、早寝早起きの問題、適切な睡眠時間の確保の重要性などを紹介。また、シニアは睡眠の質が低く、浅い睡眠が多いとし、熟睡できないことが日中の疲労感を引き起こすなど悪影響を及ぼすと述べる。
シニアがSNSを使うメリットとは?シニアにおすすめのSNSも紹介!SNSの利用が増えているシニア世代にとってのメリットと注意点について紹介する。令和4年版・通信利用動向調査によると、スマートフォンを所有しSNSを利用している60歳代は7割以上、70歳代でも上昇傾向にある。メリットとしては、孤独感の解消や認知症予防、情報収集等があるが、注意点もある。
シニアの健康意識を知ると分かる!シニアの健康を支えるものとは?シニア世代の健康意識の理解は、マーケティングにおいて重要である。しかし、「シニア」の定義は状況により異なる。公的機関では「65歳以上」、ビジネスでは「60歳以上」とする場合が多い。また「シニア」はその特徴により4つに分類でき、それぞれ「アクティブシニア」、「ディフェンシブシニア」、「ギャップシニア」、「ケアシニア」と呼ばれる。これらの理解はマーケティングに重要となる。
「孫育て」が高齢者の消費行動を左右|サポートビジネスに商機あり共働き家庭の増加に伴い、高齢者の新たな役割として「孫育て」が浮上。孫への支出が消費行動の上位に見られ、平均年間支出は約12万円となっている。元気な高齢者のほうが消費活性化が見られ、孫とのコミュニケーションが生きがいとされている。この実態から、孫に関連したビジネスの可能性が見えてきており、消費が活発なアクティブシニアが主なターゲットと考えられている。
マチュア世代とは?言葉の意味・マチュア世代向けサービスを紹介!「マチュア世代」は50~60代の女性を指し、教養や品格を持つ成熟した大人の女性として描かれます。彼女たちは身だしなみや学びに対する消費が多いことから、マーケティング対象として魅力的な層です。また、インターネットやスマホの利用者も多く、Web広告やSNS広告の活用がおすすめされています。中でも50歳以上しか利用できないSNS「おしるこ」は、シニア向けの広告サービスを展開しており、特に有用とされています。
シニアの抱えるデジタルデバイドの現状と対策を徹底解説デジタル社会の進展により、デジタルデバイド(情報格差)が深まっている。特に、デジタル技術の扱いに不慣れなシニア層がデジタル格差の影響を受けやすい。総務省の調査によると60歳以上のデジタル機器利用率は低く、特に70歳以上では利用率が40.8%と非常に低いことが明らかになり、世代間の利用状況の格差が存在している。
シニア向けのデジタルサービスの事例をご紹介デジタル技術の進歩により、シニア世代もインターネットやスマートフォンを活用する「デジタルシニア」が増えています。これに伴いシニア向けデジタルサービス事例や市場について解説します。日本の高齢化とデジタル利用率の上昇に伴いシニア向けデジタル市場も拡大。スマートフォンやインターネットの活用率が高まる中、シニア向けアプリ開発やデジタルサービスのバリアフリー化に力が入っています。
高齢者のお金の使い道ランキング:今どきシニアは生きがいと健康にお金を惜しまない高齢者のお金の使い道についての調査が行われ、優先的に使う項目は趣味やレジャー、健康や医療、人とのつながりが上位に。高齢者の価値観やニーズはお金の使い方に反映されており、現物質的豊かさから心の豊かさを求める傾向が。また、体の衰えにより消費も変化し、元気な高齢者は「今を楽しむ」消費を行っている。
多様に変化する高齢者のライフスタイル!現代シニアが求めていることとは?超高齢社会の日本にて、全年齢層が考えるべきテーマは、充実した生活を送る高齢者社会作りである。新型コロナウイルス以降のライフスタイル変化と、そのニーズ理解がシニア向けビジネス検討に必要。高齢者のライフスタイルはこの数年で変化し、65歳以上の労働者割合は増加している。また、社会参加したいシニアが増えており、情報機器やインターネットの活用も見られる。
シニアのイメージ調査まとめ!実態と違うポイントは?社会が高齢化する一方で、「シニア」の存在も多様化しており、その理解はマーケティングにおいて重要となります。「ひと研究所」による調査では、「敬老の日の対象年齢」の平均は68.3歳、「シニア」の年齢層は59.5歳から、とされています。なお、公的に「シニア」の年齢層を示すものはないが、65歳以上が該当するという認識が多いようです。
シニアが利用するデバイスの実態をご紹介!スマホも当たり前?シニア向けサービス提供者は、デジタル機器やインターネットを利用するシニア向けに広告を出すことが重要となる。スマホの利用はシニア層でも広がっており、60~80代でスマホ保有率が高いことが総務省の調査によって明らかになった。また、NTTドコモの調査によれば、60代のスマホ保有率は2023年に93%に、70代は前年比で9ポイント上昇し79%に達したことがわかった。
高齢者が望む「5つのこと」と「ちょっとしたこと」に応えるシニア向けサービスとは?日本の高齢者人口増加に伴われ、高齢者向けサービスの多様性が必要となっています。ただし、単に「高齢者」や「シニア」と一括りに考えてしまうと、実際のニーズに対応したサービスが提供できないことに注意が必要です。そのため「高齢者」を適切に定義し、年齢別のニーズを見ていく必要があります。
スマートシニアとは?インサイトとアプローチ方法を紹介しますスマートシニアとは、デジタルツールを活用しつつ自己実現を追求するシニア世代を指す。主に知的で自由な生活を送りたいという考えが見られる。デジタルシニアとの違いは、前者が生活の質の向上を求めながらデジタルツールを駆使するのに対し、後者はデジタル機器の使いこなしに重点を置く点である。スマートシニアの増加はコロナ禍による影響が大きいとされている。
シニア向けのゲームとは?スマホアプリもご紹介!シニアにおすすめのゲームは脳トレや論理ゲームで、注意力や記憶力の向上、問題解決能力の改善などに効果がある。オンラインゲームは社会参加や孤独感の軽減、ストレス発散にも役立つ。一方、WiiFitなどのモーションコントロールゲームは運動能力やバランス感覚の向上に有効。特に60歳以上の女性は「脳トレ」アプリ、男性は「将棋」アプリの利用が多い。
シニアのニーズを的確にとらえて市場を攻略しよう年々拡大するシニア向け市場で差別化を図るには、シニアのニーズを理解することが重要ですが、その多様性から具体的なニーズを掴むのは難しいです。そこでシニアコミュニティアプリ「おしるこ」を利用し、コミュニケーションから生まれるリアルなニーズやインサイトを把握することが提案されています。
高齢者のリスキリングはミドルシニア世代がリード2022年の流行語大賞ノミネートを受け、「リスキリング」に注目が集まっています。これは、企業が従業員に再教育や新たな学びの機会を提供することを指します。同時に、高齢者雇用安定法の改正や社会的な高年齢化が進む中、高齢者のリスキリングに対する関心が高まっています。政府がリスキリング支援として5年間で1兆円を投じることを表明し、企業のリスキリングへの意識が向上しています。
シニアがスマホにしない理由とは?シニアのスマホ利用事情を教えますコロナの影響や3G終了により、シニアのスマホ利用者が増えていますが、まだ70代以上の利用率は低いです。その理由として「自分の生活に必要ない」「使い方が分からない」「家族に任せられる」という認識があるほか、スマホ操作の複雑さやセキュリティへの懸念もある模様です。
人生100年時代を生きる高齢者のニーズとは?シニアマーケティングのポイントもご紹介先進国では二分の一の人が100歳を超えて生きる「人生100年時代」が訪れると言われており、これに対応するためにはシニアの生活やニーズを理解することが重要です。シニアは健康寿命も年々伸びており、長い第二の人生をどのように生きていくのかが問われる時代が到来しています。そこで、「楽しみたい=ENJOYニーズ」が共通する3つのステージを理解し、そのニーズを満たすシニアビジネスが求められています。
【シニアの終活】意識調査まとめとインサイトを紹介!「終活」とは人生を総括し、自分らしい最期を迎えるための必要な準備を手掛ける活動のことである。終活には、自分の死後の始末について考え、家族に迷惑をかけないようにするという意識がある。シニア世代のうち95%は終活を知っているが、実際に行っているのは7%で、57%の人は終活を始めたいと思っている。
シニア富裕層が狙い目?!インサイトとアプローチ方法を紹介しますシニア富裕層に向けた戦略について考える際の参照として、富裕層の定義や存在比率、ライフスタイルを解説。富裕層は金融資産1億円以上保有者で、日本ではシニア層が占める割合が高い。そのライフスタイルでは健康への意識や旅行、資産運用への関心などが特徴的な傾向があり、情報収集も積極的に行っている。
シニアの就業に対する意識は?シニアの就業率も含め具体的に解説!高齢者の就業率は年々増加し、2021年の65歳以上の就業者は約909万人で、団塊の世代の高齢化が要因とされています。また、65~69歳の就業率は初めて50%を超え、70歳以上も増加傾向です。さらに、60代の41.4%が70歳まで働きたいとの高い就業意識を持っており、一方で92.7%が働く上での不安や課題を感じるとの調査結果も出ています。
シニアが通う大学とは?通い方や目的、主な学習内容を解説増えつつあるシニアの学び直しニーズに対して、シニアの大学が注目されています。これらの大学では、目的や方法等が解説され、主な学習内容が提供されます。シニア特別枠を設けた一般大学や、高齢者の生きがいや能力再開発を目標としたシルバー大学などが存在します。また、大学に通うシニアは新たなスキル習得だけでなく、他の学生や講師とのコミュニケーションも目的としています。
シニア世代もパソコンを趣味で活用する時代へ2021年のシニア(65歳以上)のインターネット利用率は53.4%で、特にパソコン利用のシニアが増加しています。パソコンは情報収集やコミュニケーションツールとしての役割が大きい。また、6割以上の60・70代がSNSを利用し、それにより同世代や同趣味の人々との交流も増えています。
リタイア後に本当に必要なものとは?シニアの生活を充実させてくれる生きがい定年後に長く充実した毎日を過ごすためには、「生きがい」が重要となる。シニアにとって家族との団らんや趣味、好きな食事、スポーツなどに楽しみを見つけることが生きがいに繋がる。また、静的なイメージがあるシニアだが、現代ではインターネット利用率も高く、アウトドア活動も楽しむアクティブシニアが増えている。
シニア世代にリカレント教育は必要か|必要性と学びの場について解説社会人が再教育を受ける「リカレント教育」の重要性が強調されています。特に、新型コロナウイルスの影響や早期退職などで経済が不安定な中、退職後の理想的な生活を送るために必要であると説明されています。しかし、日本国内ではリカレント教育が十分に受けられる環境が整っていないことが問題とされています。
シニア世代の「推し活」とは?マーケティングに活かす方法を解説「推し活」とは好きな人や物を応援する活動で、シニア世代での「推し活」も増えています。調査によれば、シニア女性の35.2%が「推し」がいると回答し、83.3%が「推し」という言葉を知っていることがわかりました。「推し活」はシニアのライフスタイルに大きな影響を及ぼし、ネット利用やSNSの活用を促すなど、シニア向けマーケティングの有効な手段となりうることが解説されています。
シニアのスマホ普及率、60代では90%超え。今こそSNSでアプローチ!NTTドコモ モバイル社会研究所による調査では、60代と70代のスマホ所有率がそれぞれ91%と70%で、シニア世代にもスマホが浸透していることが示されました。利用目的は「メール」が最も多く、次に通話利用となっており、さらに、音声通話アプリの「LINE」も約70%と増加傾向にあります。新型コロナウイルス感染症拡大により、65歳以上の世帯でもネットショッピングが増加しています。
シニア向けカスタマージャーニーマップの作成方法&ポイントを解説!シニア向けマーケティングやプロモーションで活用するカスタマージャーニーマップの作成方法と注意点を解説した。カスタマージャーニーマップは顧客が商品を知り、購入に至るまでの行動や思考をまとめたもの。シニア向けのカスタマージャーニーマップ作成時は、一般的なシニア像に囚われず、自社商品のターゲットになる独自のペルソナを作成することが重要とされている。
人気のシニア向けサービスとは?シニアの消費行動の特徴も解説!シニア向けのマーケティングの参考となるサービスやデジタル化の傾向について紹介。2022年では、コロナ禍により在宅での消費が増え、デジタルサービスの利用も増加。42.3%のシニアがサブスクリプションサービスを認知。また金銭的な余裕から高額な家電などの購入も見られ、位置情報ゲームや動画配信サービスも人気。
いまどきシニアの生活スタイルや消費行動を徹底紹介【2023年最新】日本の高齢者人口が増加し、特に介護不要で活発に動き、仕事や趣味に積極的な「アクティブシニア」層が急増しています。彼らは時間やお金に余裕があり、旅行や運動といった多様な趣味を持ち、インターネットを頻繁に利用して情報を得ています。そのため、シニアの行動やニーズを考慮したマーケティングや商品・サービス提供が求められています。
「シニア」は言い換えられる?定義や注意点、言い換え例を解説シニアという言葉は一般的に高齢者を指すが、シーンによって意味が変わります。厚生労働省やWHOは65歳以上を高齢者と定義しますが、ビジネスでは60歳以上を指すことが多いです。マーケティングでは「シニア」を使う際には注意が必要で、それぞれの年齢層が自己認識しているか、またターゲットとする年齢層を具体的に指定することが求められます。
デジタルシニアとは?特徴やおすすめのアプローチ手法を解説デジタルシニアとは、スマートフォンやパソコン等のデジタル機器を活用しインターネットを利用するシニア層のこと。最近ではスマートフォンの普及やコロナ禍によるリモートワーク、ネットショッピングの利用増などで、シニア層でもデジタル機器の使用が一般化している。そのため、マーケティングではこれに取り組んでいく必要がある。彼らはSNS利用も高く、新しい技術にも適応しやすい傾向がある。
シニアトレンドのキーワードはデジタル化!2022年のトレンド商品予想も紹介シニア市場は2025年に100兆円を超える予定で、シニア層のデジタル進出が加速している。新型コロナ感染症の影響でシニアのインターネット利用が増え、スマート決済やワクチン接種の予約などを行っている。また、裕福なシニアほどデジタル化を期待し、消費額も大きいことが特徴的である。
シニアの趣味ランキングや趣味に使う時間・お金を徹底調査!シニアの趣味をマーケティングに活かすために注目のシニア市場では、ライフスタイルと価値観の変化に対する理解が必要です。シニアは趣味に時間とお金を投資しています。特に70歳以上はデジタルデバイスを使いこなし、多くの自由時間を持っています。さまざまな調査結果から、シニアが最もお金を使っているのは趣味(82.8%)、次いでネット通販(81.9%)、旅行(71.6%)などでした。
シニアのお悩みランキングTOP8|シニアが抱える悩みは健康だけじゃない!調査によると、リタイアした、あるいはリタイア直前のシニア世代が抱く悩みのトップは「自分が病気になること」(76%)で、「介護が必要になること」(73%)、「認知症になること」等が続きます。また、社会とのつながりの希薄化、収入減少、財産の枯渇や相続なども悩みの対象となっています。これらを理解したビジネス展開が期待されています。
シニア世代の購買行動の特徴から、シニアマーケティングを紐解く高齢者が3人に1人という時代で、シニア市場は大きなビジネスチャンスとなっている。シニアの購買行動の特徴を理解することがシニアマーケティングには欠かせない。具体的には、健康維持や身体的困難を補助する商品・サービス、そして最新のテクノロジーやアウトドア活動に関連する商品やサービスが人気となっている。また、定年後の働き方や孫への出費、趣味に対する出費なども見逃せないポイントである。
口コミによるシニアマーケティング!高齢者の口コミが拡散されるシニア専用SNS「おしるこ」とは「自社の製品やサービスがシニア層の問題解決に役立つと思っていても、そのアプローチ方法に悩む方は多いでしょう。成功する方法として、口コミマーケティングが有効です。シニアマーケティングが上手く行かない理由は、シニア層のライフスタイルの多様化にあります。この記事では、その原因と、シニア専用のSNSを活用した口コミマーケティングのポイントについて紹介します。」
シニア向け商品、ヒットの秘訣は「質とシンプル」超高齢化社会の日本で、販売の鍵はシニア層の心をつかむことだ。すでにヒットしたシニア向け商品の事例から学び、シニアのニーズに適した商品を開発する重要性が指摘されている。具体的には、シンプルさや日常生活を補助する機能をもった商品や、健康を意識した商品が人気。例えば、簡潔な家電や、複数の機能を持つ製品などが好まれている。
高齢者にヒットする商品とは?シニア市場のトレンドを分析!シニア市場では、「健康」をテーマにした商品が注目を集めていますが、同時に「アクティビティ」を求める層も増えてきています。運動やレジャーを楽しみたいシニアや、日常生活を補助する商品が需要が高いです。また、エイジテック市場も拡大中で、テクノロジーを活用したサービスも見られます。既存の商品をリピートして購入する傾向もあります。
50代のネット利用は「SNS」が当たり前?スマホ利用率は95%超え50代はセカンドキャリアを見据えたマーケティング対象となり得る。彼らの96%がスマホを利用し、特にLINEやYouTubeの利用率が高い。その他インターネット自体も頻繁に利用されており、SNS広告も有効なアプローチ手段となり得る。インターネットとSNSの利用傾向を理解し、50代へのマーケティングに活用しよう。

シニア向け広告

シニア向け広告戦略:高齢化社会で成果を上げるための具体的なターゲティングと効果的なメディア選定高齢化社会が進む日本において、シニア層をターゲットとした広告戦略の重要性がますます増しています。この記事では、最新の統計データをもとにシニア層の現状を解説し、シニア向け広告メディア・媒体の選定と広告制作のポイントについて詳述します。シニア向け広告で成果を上げるための具体的なターゲティング方法についても触れ、効果的な戦略を考察します。
次世代シニアとは?特徴や消費の傾向を紹介「次世代シニア」は50代〜60代の人々を指し、マーケティングの注目ターゲットとなっています。彼らは働き続けたい意欲が高く、「ワーキングシニア」と呼ばれる現象を起こしているほか、「運動・スポーツ」「アウトドアの趣味」への関心も高い傾向があるという。これらの特性を抑えたマーケティング手法が求められています。
シニア向け広告には何がある?おすすめメディアをご紹介少子高齢化で増えるシニアは重要な市場となり、彼らに合った広告メディア活用が重要です。本記事では効果的なシニア向け広告メディア(テレビCM, 新聞広告, タクシー広告, SNS広告など)とそのアプローチ方法を紹介します。シニアは特有の嗜好やニーズを持つため、正確なターゲット選定が必要で、デジタルとオフライン両方のメディアで幅広くアプローチできます。
ユニバーサルデザインとは?高齢者にとっても優しいデザインのポイントを紹介高齢者向けのデザインは「読める」「伝わる」ことが重要で、ユニバーサルデザイン(すべての人が利用しやすいデザイン)を意識することが求められる。具体的には、使いやすさや字の読みやすさ、色彩の認識などに配慮した、ダイドードリンコの自販機や「ケアまど」ウェブサイト等の事例がある。
シニア層には新聞広告がおすすめ!特徴・メリット・料金を解説新聞広告はシニア層に最適な広告であり、特徴やメリット、料金について説明しています。また、シニア向けに推奨されるSNSについての解説も含んでいます。日本全国の6割の世帯が新聞を購読し、特に70代以上では4人に1人が読んでいます。また、新聞広告を利用すれば、信頼性のあるメディアを通じて、かつ、自由なタイミングと範囲で広告を出すことができます。
シニアにタクシー広告は向いてる?広告の種類やおすすめ理由をご紹介!タクシー広告は、車内外に設置される広告手法で新型コロナの影響で一時的に効果が減少したものの順調に回復している。特に最近は「デジタルサイネージ」と呼ばれるディスプレイを用いた広告が注目されており、シニア層へのアプローチなどで需要が見込まれている。また、タクシー乗車時間が平均18分と長いため、広告との接触率が高く訴求効果が期待できる。
シニアはテレビCMが効果あり!おすすめの理由をご紹介シニア向けのテレビCMを出稿を考えている方に向け、CMの特徴や効果、費用を説明します。日本でのテレビCMは広範な世代に認知されており、商品のビジュアルを訴求できます。費用は制作と放映費用で、総額は130万円から1000万円以上です。制作内容やタレント起用により、料金は変わります。また、テレビCMは厳しい審査基準があり、それに通過することで商品やサービスの信頼が得られます。
シニアに向けた効果的なSNS広告出稿をご紹介シニアのSNS利用者が増え、「デジタルシニア」という言葉も生まれた。SNS広告はユーザーのプロフィール情報や関心に基づいて表示され、ユーザーがまだ認識していない問題や潜在的に求めているサービスを求める特性がある。また、SNS広告は認知度の拡大だけでなく、新規顧客へのアプローチにも有効である。
シニアの見やすい色とは?シニア向け広告デザインのポイント企業の広告は、色の心理的効果やターゲットに合わせたデザインを考慮することが重要で、特にシニア向けは「読める」「伝わる」デザインが必要です。加齢に伴う色覚変化や老眼、白内障による視覚低下があるため、認識しにくい色を避け、明暗の対比や文字の大きさなど、シニアに優しいデザインを心掛けるべきです。
シニア向けのコピーとは?イメージよりもわかりやすさが重要な理由。広告コピーの重要性を語る記事で、特にシニア向けに効果的なコピーを実現するポイントを説明。シニア層も多様で一概に高齢者と捉えるのではなく、そのライフスタイルや価値観を正確に理解し、その視点に立った広告戦略が求められる。また、シニアが広告をどのような状況で見るかも重要で、場面により伝わり方が変わる。具体的に「シニア」という言葉の使用は避けることも提案されている。
シニアに伝わる動画広告とは?活用するメリットと注意点をご紹介スマートフォンやパソコン利用者の増加に伴い、高齢者層を対象にした動画広告の需要が高まっています。インストリーム動画広告を中心に市場が拡大し、企業の参入も予想されます。動画広告は商品やサービスをわかりやすく伝えるため、文字読解に苦慮するシニア層にも効果的です。また、一部では60代以上でもインターネット利用率が高く、向けられた広告も有効とわかっています。
シニア向け広告はこうデザインする!3つのポイントを紹介【チラシ・Web事例付き】広告デザインには自社のサービスや商品を伝える重要な役割があり、特にシニア向け広告は見やすく伝わるものが求められる。シニアが無理なく読めるよう文字数は少なくし、文字サイズは大きく設定することがポイント。また、行間や色の選択、情報量の抑え方にも工夫が必要となる。理解しやすい言葉や内容を心掛け、広告の目的や役割を明確にすることも大切。
シニア向けチラシ広告のポイント5選|シニアに効果的にアプローチできる方法もご紹介シニア世代向けのチラシ広告は、彼らの視力や色の区別能力考慮すると、レイアウトや色使いなどが重要となります。また、若者言葉や難しい専門用語を避け、わかりやすい言葉で訴求することが求められます。また、「高齢者」や「シニア」などの言葉は避け、具体的な年齢やニーズで表現します。伝える情報も絞り、価格や商品のメリットを明確に示すことが重要です。
アクティブシニアに適切な広告手法はどれ?シニア向けマーケティングを徹底解説!アクティブシニア向け広告を作る際、まずその対象者の特徴を理解し、適した広告媒体を選ぶべきです。シニアとは一般的に50歳以上と定義される。アクティブシニアは年齢にとらわれず、趣味や仕事に活発に取り組む人々で、近年その人数が増えています。平均寿命や健康寿命が延びていることがその理由の一つです。
シニア向け広告メディア5選!Web媒体と紙媒体の組み合わせ事例も紹介日本のシニア層は増え続け、そのマーケットへのアプローチが重要となっている。記事では、シニア層に有効な広告・プロモーション手法として、テレビCM、新聞広告、折込チラシ、インターネット広告などを紹介。大衆にアピールできるマスメディア広告、予算を抑えつつターゲッティングが可能なSP広告、シニア層がよく利用するインターネット広告と効果的な方法を組み合わせることが推奨されている。
高齢者に効果的な広告方法5選!各媒体のメリット・デメリットを紹介高齢者への効果的な広告方法について説明した記事。高齢者ビジネスを展開するにあたり、ターゲット層への理解が必要であり、日本の高齢者は健康寿命が伸び、就業者数も増えているため、資金的余裕が生まれている。広告方法としてはテレビCM、新聞広告、折込チラシなどが挙げられ、各メッドィアのメリットデメリットも説明されている。
50代女性にリーチできるメディアについて解説!WEBやSNSは有効?50代の女性は子育てが一段落し、自身の趣味や楽しみに時間とお金を費やす傾向があり、美容や健康に対する意識も高い。マーケティングの観点からは、彼女たちにリーチするためにはテレビやインターネットが有効な媒体となる。特にテレビはリアルタイムで視聴する人が多く、またネット利用時間も増加傾向にある。その上、健康維持に時間やお金を投じる意向もある。
広告出稿で50代をターゲットにできるメディア!おすすめの媒体とその選び方とは?50代以上のシニア層への広告出稿においては、SNS広告が効果的です。近年では、シニア層のネット利用率が著しく増加し、広告が注目されています。また、ターゲットを絞りやすいSNS広告は、低予算での運用も可能でおすすめです。
シニアはECを利用している?利用実態やシニア向け広告出稿を徹底解説>"高齢者のネットショッピング利用が増加し、65歳以上のシニア世帯では31.2%がECサイトを利用していることが総務省のデータから明らかになった。さらに、50歳以上のシニア層のネットショッピングの支出額も増加傾向にあり、シニア向けマーケティングの可能性が広がっている。スマホの保有率も拡大し、EC利用率の増加はコロナ終息後も続くことが予想される。
60代シニアに向けた広告媒体の総まとめ|シニア向けメディアもご紹介60代以上のシニア向け広告の媒体として、テレビ・雑誌・新聞・インターネット、マス広告、セールスプロモーション広告、Web広告などが挙げられます。各媒体のメリット・デメリットを理解し、シニアの興味関心や広告制作のポイントを考慮することで最適な広告を選択することが重要です。

WEB広告の基礎知識

確実な成果を上げるには?Facebook広告のカスタムオーディエンス設定のコツを解説Facebookの広告ターゲティングではコアオーディエンス、類似オーディエンス、カスタムオーディエンスの3種類がありますが、すでに企業と接点のあるユーザーに広告を配信できるカスタムオーディエンスが特に重要です。これにより、最大500種類のカスタムオーディエンスの作成や顧客データのアップロードを行え、データに基づく「見込み客」への効率的なアプローチが可能になります。
ターゲティングで差を付ける!Facebook広告を効果的に運用するポイントを解説Facebookは世界的にユーザー数が多く、日本でも第3位の人気SNSである。特に中高年層の利用が目立つが、若者から高齢者まで幅広いユーザーがいるため、「ターゲット設定」をうまく活用すれば効果的な広告運用が可能である。実名登録を求め、年齢や居住地、勤め先などの情報が正確に記録されるため、精度の高いターゲティングが可能である。広告の配信は、パソコンおよびスマートフォン用に最適化され
シニアに向けたアプローチ方法を理解してSNSマーケティングを成功へ導こう!シニア(60代以上)のSNS利用率が増えているため、SNSを活用したマーケティングが重要視されています。特に直接的な観点からはシニア向けSNSの活用がおすすめで、更にシニアの家族や介護者といった間接的な視点からのアプローチも効果的です。成功するためには、どのようなアプローチが適切か研究が必要です。
SNS広告のデメリットから導き出す!SNS広告出稿成功のカギ令和に入ってから5年以上、インターネット利用者の80%以上がSNSを利用。このため、SNS広告への関心が高まっている。しかし、広告制作や理解の炎上リスクなどデメリットもあるため、運用には十分な理解が必要。精度の高いターゲティングが可能で広告の共有が容易な一方、多数の広告があるため魅力的な内容づくりや誤解を招く可能性のある表現への注意、PDCAサイクルへのリソースも必要。
【2024年度最新版】人気SNS一覧|シニア向けSNSを紹介SNSは増加傾向にあり、2027年に1億1,300万人が利用予想される。60代以上のシニアのSNS利用率は8割、70代以上も5割を超える。これらのデータから、シニアへのアプローチにSNSの活用は有効と考えられる。人気SNSとしてはInstagram、Twitter、TikTokなどがあり、それぞれ異なる特性と活用方法がある。
SNSのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げるポイントを理解しよう「エンゲージメント」とはSNS上でのフォロワーやファンからの反応、つまり企業とユーザーのつながりを表し、「いいね」や「コメント」などのユーザーの反応を指します。SNSではフォロワーの数だけに目を向けるのではなく、積極的に関与してくれるユーザー(エンゲージメント)が増えることに注力するべきで、その具体的な割合を「エンゲージメント率」として指標にすることが重要とされています。エンゲージメント率はユーザーの関心や興味を把
LINEがシニア利用SNS 1位!シニア層の心を掴むLINE活用マーケティング術LINEはビジネス向けの"公式アカウント"として企業によりマーケティングツールとして活用されている。特にシニア層はスマートデバイスの利用者として増えており、その中でもLINEの利用率が高まっている。全世代がSNSの利用率が増加しており、中でも60代、70代の増加率が顕著。シニア層では男性は「Facebook」や「X(旧Twitter)」、女性は「Instagram」の利用が高いが、ともにLINEの利用率が最も高い。その活用方法としては「トーク機能」が特に高く、その次に「
SNSでECサイトにファンを集めるシニアマーケティングのトリセツ自社のECサイトの売上が伸び悩む場合の対策として大手ECサイト出品とSNSマーケティングの二つを提案。大手ECサイトは高い認知度と手数料の負担があるが、短期間で結果が出るというメリットがあり、一方SNSマーケティングは低コストで始められるが、結果が出るまでに時間がかかるデメリットがある。これらを活用しながら自社の強みを伝え、リピート購入につなげることが重要という内容。
SNS広告は漫画が効果的!漫画広告のメリット・事例を紹介SNS広告形式で「漫画」が注目されています。全体の33%が「最も見たいSNS広告」に選び、特にTwitterとInstagramのメインユーザーからの支持が高いです。また、広告を見たい理由はストーリー性があるからとの回答が38%で1位。日本人は昔から漫画に親しんでいるため、漫画形式の広告はエンゲージメントが向上する可能性あり。広告配信は媒体の利用者層と自社のサービスを考慮に入れることが成功のコツ。
SNS広告の運用ノウハウを徹底解説!WebマーケティングにてSNS広告はユーザーへの関心を引きつける有効な手段であり、企業やブランドは製品・サービスの広報と、ブランド認知度向上を目的に利用しています。しかし、広告スペースの競争激化や炎上リスク、広告運用の初期段階での戸惑いなども存在します。
SNS広告成功の鍵!効果指標と最適な測定方法をご紹介SNS広告の効果評価はCTRやコンバージョン率などの指標を活用するが、理解と適切な活用が求められる。これらを使い、広告がどれだけユーザーに届いたか(リーチ)、広告に対する反応(クリック率やエンゲージメント)、実際に目標を達成したか(購入数や登録数)などを評価する。具体的な指標はSNSプラットフォームや広告形式により異なるため注意を要する。
成果を勝ち取る!SNS広告の平均クリック率を知って効果を底上げしようSNS広告の効果を評価するためには、「クリック率(CTR)」を知ることが重要であり、これは広告がクリックされた割合を示す。しかし、企業の目的により重要な指標も変わり、例えば商品購入を目指す場合は「コンバージョン数」、認知拡大を目指す場合は特に「インプレッション数」が重要になる。また、「コンバージョン率」や「CPR(レスポンス1件に対する広告費用)」なども効果測定の参考となる。
本当は効果ない?SNS広告で効果を出すために必要なポイントと成功事例スマートフォンの普及により、シニア世代を含む多くの人がSNSを利用しているため、企業はSNS広告に注目しているが、その反響は必ずしも大きくない。一方、SNS広告のメリットとしては、広告を見るターゲットを細かく指定できる点や、比較的安価で始められる点などがある。また、ターゲットを設定し、広告の目的を明確にするなどのポイントを押さえることで、SNS広告を最大限活用することが可能となる。
SNS広告のトレンド分析とシニア市場にアプローチできる広告形態若者だけでなく、シニア層でもSNSの利用が広がりつつあり、そのトレンドと合わせた広告戦略が必要となっています。映像やマンガなどの視覚的な情報が増えており、特にYouTubeやInstagramがシニア層にも注目されています。シニア向けには、ターゲットに合わせた広告の打ち出しが効果的であり、新型コロナウイルスの影響でスマホ使用が増える傾向にあるため、時代とともに変化していく戦略が求められます。
エイジングケアは化粧品広告でうたえるワード?表記ルールとNG/OKの定義を解説若々しさを保つためのエイジングケア商品が注目されていますが、化粧品広告での表現方法には注意が必要です。特に「エイジングケア」や「アンチエイジング」などの用語は、法律に遵守しないと問題になる可能性があるため、化粧品広告においてルールを遵守した表現を行うべきです。また、法律違反ではない、化粧品広告に許可されている表現例や、法律で禁止されているワードも紹介されています。
ターゲットに届けよう!シニア世代に効果的なSNS広告の出稿先は?スマホやデジタル端末の利用は各世代に広がり、特にシニア世代のSNS利用率が増加しており、これが広報戦略への示唆となる。3G回線終了に伴い、シニア世代のスマホ所有率が増加。2016年以降は固定電話やパソコンの保有率を上回り、60代では91%、70代でも70%がスマホを所有。70代以上でも4割以上がスマホ使っており、「スマホは苦手」という考え方は古い。
ECサイトはどうやって作る?構築方法や費用・運用イメージをご紹介!店舗販売だけでなく、楽天やYahoo!ショッピング等のECサイトを利用する企業は多い。一方で自社ブランドの魅力を強く打ち出せる自社サイトを始めたいと思っている担当者もいる。モール型ECと自社サイト型ECがあり、モール型は既存のモールサイトに出店するスタイル、自社サイト型は自分でサイトを立ち上げるスタイルだ。各タイプの費用や運営形態などについて詳しく解説している。
ECサイトとは?基本情報や始め方をご紹介!新型コロナウイルスによる外出自粛の影響で、自宅から買い物ができるECサイトの需要が高まり、多くの企業がネットショップの開設を検討しています。ECサイトは設備や家賃などのコストがかからず、手軽に始められます。また、モール型ECサイトは既存のサービスを利用し、運営コストを抑えられます。特に自粛生活を経てECサイトを活用し始めたシニア世代も増えています。
ターゲティング広告とは?仕組みと種類をわかりやすく解説!自社の商品やサービスを特定のターゲットに対して広告を出稿したい方に、ターゲティング広告がおすすめとされています。ターゲティング広告は、ユーザーの行動履歴や登録情報等を元に広告配信され、SNS広告など特定のユーザーに絞ったものも含む。以下の5つは代表的なターゲティング広告の種類とされています:行動ターゲティング、オーディエンスターゲティング、リターゲティング、コンテンツターゲティング、ジオターゲティング。
SNS集客のメリット・デメリット&大切な2つのポイントを解説SNSを使った集客方法について解説した記事。主に、SNS運用とSNS広告の二つの方法があるとし、前者はコストが少ないが効果が出にくいなど、後者はターゲティングが可能だが費用が掛かると説明している。また、SNS集客のメリットとして全世界にリーチ可能、投稿内容が拡散される可能性、フォロワーとの直接コミュニケーションが可能などを挙げている。一方、デメリットとしては炎上のリスクと人的コストがあるとしている。
SNS広告の仕組み解説~主な配信場所・投稿形式・費用形式などSNS広告はFacebookやTwitter等、SNS内で表示される広告のことで、配信場所、クリエイティブ形式、ターゲティング方法等が異なります。また、動画広告は視覚的に引きつけやすく情報伝達力も高いです。特にSNS広告はユーザープロフィールからターゲットを絞り込んだ広告配信が強みです。課金方式も多様で、投稿に対するユーザーのアクションがあった際に費用が発生する仕組み等があります。
化粧品のSNS広告の成功事例!多様化する化粧品ユーザーに訴求するには?化粧品業界におけるSNS広告の具体的な成功事例を紹介し、化粧品がSNSマーケティングに適している理由を説明します。SNSは高精度なターゲティングや潜在的ニーズの探索、広範な拡散などが可能で、特に化粧品の広告に向いています。また、各種SNSの特長、例えばインスタグラムの美しいビジュアル訴求、Facebookの実名での高精度ターゲティング、Twitterの最新情報の拡散、等を紹介しています。
初めての方でも安心!ECサイト構築サービスのおすすめをご紹介ECサイトを新たに構築するにあたり、自社に合ったサービスや方法を選ぶことが重要です。ECサイトは主にモール型と自社構築型に分けられ、モール型はテナント型やマーケットプレイス型、一方自社構築型はショッピングカートASP、CMS、フルスクラッチなどの方法が存在します。これらの選択により、具体的なメリット・デメリットがありますので、自社に合った選択をすることが求められます。
モール型ECサイトとは? 自社ECとの違いもご紹介ECサイトをはじめようと考えたとき、一番初めの課題となるのは、「モール型ECサイト」と「自社ECサイト」のどちらを選ぶかということです。初心者にとってはどちらが良いのか決めるのは難しい問題です。本記事では、自社ECサイトとモール型ECサイトの違いやメリットデメリットについて説明していきます。これらの情報を参考に、最適なECサイト選択に活用してみてください。
マーケティングに必要なフレームワークの目的・種類を徹底解説マーケティング戦略に重要な役割を果たすフレームワークについて説明しています。フレームワークとは、課題解決や戦略の意思決定のための手法であり、例として「3C分析」「STP分析」「PEST分析」「5Force分析」「SWOT分析」などが挙げられます。これらの手法により、マーケティングの方向性が明確化され、問題解決までのスピードが上がります。
Webマーケティングの定義やメリットとは?主な手法も解説Webマーケティングは、Webサイトやオンライン広告、SNS、メルマガなどを活用して顧客にアプローチし、商品購入やサービス利用を促進する活動を指します。定義や重要性、具体的な手法についての理解が必要です。また、デジタルマーケティングとの違いも理解することが重要です。メリットとしては、効果測定が容易で広告配信までの時間が短く、またユーザーの属性データを元にターゲットを絞ることが可能です。
動画広告は使い分けが重要!種類・配信場所・メリットを解説動画広告は、静止画では伝えきれない情報を伝達し、その市場規模は拡大の一途を辿っています。また、若者だけでなくシニア世代にも効果的な手段となっています。動画広告は主にオフラインとオンラインに分けられ、それぞれ特徴とメリットがあります。オンライン動画広告の中には「インストリーム広告」と「アウトストリーム広告」があり、これらもそれぞれ適した使用法があります。
記事広告|成功事例や媒体選びのポイントをご紹介記事広告とは、通常の記事と同じように見えて広告であるもので、紙媒体だけでなく、Web媒体にも掲載されています。情報収集先がインターネットになった現代では、Webメディアの記事広告が注目されています。マーケティング担当者向けに、成功したWebの記事広告の事例を紹介する次回の記事を見て、どのような媒体を選ぶと良いかなどを知る参考にできます。
SNSマーケティングに成功した企業事例と注意点をご紹介SNSの利用者は日本国内で年々成長し、2022年末には8270万人に達すると見込まれています。この市場を利用したマーケティングを成功させるためには、SNS利用企業の成功事例を知ることが重要です。SNSマーケティングは商品やサービスの紹介や販売、ブランド認知向上などを目指します。ただし、ユーザーの反応に応じた試行錯誤やコストも必要となります。
リスティング広告とSNS広告の違いやメリットをご紹介!インターネット広告には「リスティング広告」と「SNS広告」が主流となりつつある。リスティング広告はGoogleやYahoo!でユーザーの検索キーワードに合わせて広告表示が可能。SNS広告はユーザーの登録情報や興味にTargetして広告配信する。商品やサービスの売り出し方により、選択広告媒体によって異なるため、慎重に選ぶことが求められる。
SNS動画広告のメリット、種類、ポイントを徹底解説【事例あり】スマホの普及に伴い、SNS上の動画広告は多くの消費者に浸透しており、多くの情報を伝えられるために企業に重宝されています。しかし、「配信が難しそう」「メリットが理解しにくい」という人への情報提供が必要です。この記事では、SNS動画広告の利点とSNSごとの広告の種類、作成時のポイントを解説します。
健康食品におすすめの広告媒体7選!特徴やメリット・デメリットを解説健康食品のマーケティングで効果的な広告媒体を7種類紹介。オフライン広告では、信頼性や認知効果が高いテレビCM、シニア世代や高所得者に効果的な新聞広告や折り込みチラシ、そしてターゲットに直接届けられる雑誌広告等が挙げられる。オンライン広告では、検索連動型のリスティング広告が実用的。それぞれの媒体のメリット・デメリットを理解し選択することが重要。
記事広告とは?種類やメリットをご紹介「Sponsored」「PR」の表示がある記事広告について解説。記事広告は商品やサービスを紹介する広告で、新聞や雑誌からWebメディアへと広がりを見せている。その特徴は読む習慣がある読者へ訴求しやすいこと。主にインフィード型とレコメンド型があり、広告として読んでもらうために一般記事タイプや対談・インタビュータイプの記事が作られる。
健康食品の広告表現における注意点|薬機法・景品表示法に触れないOK事例もご紹介健康食品を扱っている方は薬機法や景品表示法、健康増進法等の法律を理解し、広告表現に注意すべきという事項を紹介。具体的に広告における注意点と広告効果を上げる方法を解説。健康食品の定義や、保健機能食品と一般健康食品の違いも説明している。また、広告に関連する各法律の詳細や注意点も紹介している。
広告媒体の種類と効果を紹介!目的に合った最適な選び方も解説自社の商品やサービスの広告に適切な媒体と費用は悩ましい問題ですが、これは集客に大きく影響します。オフライン広告はマス広告とSP広告に分けられ、一方のオンライン広告にはリスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告などがあり、それぞれ異なる特性と効果があります。広告の選び方と、それぞれの特徴を理解すれば、自社に合った最適な広告媒体を選ぶことが可能になります。
オンライン広告とは?掲載場所・広告種類・課金形態別にメリットや特徴を解説オンライン広告とはウェブ上で配信される広告のことで、SNS広告、リスティング広告、ディスプレイ広告などがあり、それぞれ掲載場所や広告の種類、課金形態が異なる。このような広告はインターネットが接続しているデバイスに対し、精度の高いターゲティングと効果測定が可能で、より効果的なマーケティング戦略が構築可能。また、費用を抑えて配信できるため、初めての場合でも取り組みやすい。
LINE広告全12種類!各配信面の特徴や10個のターゲティング機能を解説LINE広告は配信面が12種類あり、広告の位置や掲載媒体により異なる特性を持つユーザーにリーチできます。また、10個のターゲティング機能があり、これにより自社商材と相性の良いユーザーに的確に広告を配信することが可能です。必要な機能を理解し利用すれば、広告効果が上がります。
YouTube広告の種類&設定方法をわかりやすく解説!YouTube広告の種類として、スキップ可能なインストリーム広告、スキップ不可のインストリーム広告、インフィード動画広告、バンパー広告、マストヘッド広告、オーバーレイ広告、アウトストリーム広告が存在します。これらは動画ページのタイミングや場所、視聴ユーザーの操作によって表示方法が異なり、課金方式もバラエティ豊かです。それぞれの特性を理解すれば広告効果が高まります。
【初心者向け】Instagram広告とは?どんな種類があるのかやさしく解説!Instagram広告は、メタ・プラットフォームズが提供するFacebook広告の一つで、Instagram上で配信されます。特定のターゲットに高精度で広告を配信することができる点が特徴的です。Instagramは画像や動画の投稿・共有が可能なSNSで、日本国内では2021年7月時点で4800万人が利用しています。広告は9種類があり、広告主や商品・サービスのターゲットに適した広告を選択できます。
Twitter広告にはどんな種類があるの?売れる広告の特徴3つもお伝え【事例紹介】Twitter広告は自社商品の認知度を広め、売上上昇を目指す手段の一つです。この記事では、5種類あるTwitter広告を紹介します。「プロモ広告」は通常のツイートを広告にします。「フォロワー獲得広告」は自社アカウントのフォローを増やすための広告形式です。「Twitterテイクオーバー」は一等地に広告を掲載して大きな成果を期待できます。「Twitterライブ広告」は自社の動画配信をアピールする形式です。
Facebook広告を運用したい人は絶対に知っておきたい、広告の種類とその特徴。Facebook広告の種類について紹介します。配信場所や広告掲載枠、デバイスにより、広告の見せ方が変わります。詳細はフィード、ストーリーズ、インストリームなどで、一般的な広告、動画フィード、カルーセル広告、ストーリーズ広告があり、内容により適した広告を使うことで効果を得られます。また、広告配信はターゲティングし、ユーザーの年齢や趣味などに合わせて表示します。
SNS広告のクリエイティブ制作のコツ!作成ポイントや成功事例もご紹介SNS広告の大切なポイントを4つ紹介。ターゲット像を明確にし、視覚的インパクトの強い画像や動画を用い、定期的な広告の改善と効果測定を行い、スマートフォンでの閲覧を想定してクリエイティブを作成することが重要。また、SNSの特性を理解し、ターゲットに合わせた広告配信を心がけるべき。
SNS広告代理店を選ぶポイントとは?SNS別のおすすめを一覧で紹介SNS広告を有効活用するには、専門的な知識やノウハウが必要となり、SNS広告代理店の活用が推奨されます。SNS広告代理店はSNS広告の出稿・運用を代行し、戦略立案から分析、改善まで幅広いサポートを提供します。自社のSNS広告の目的や体制に合わせた代理店を選ぶことが求められ、その際には、目的達成能力、SNSごとの運用実績などを評価基準とすることが大切です。
SNS広告の費用対効果はどう高める?効果を最大化する5つのポイントや成功事例を紹介SNS広告の費用対効果を測る指標や計算式、成功事例などを紹介する記事。効果と費用の関係性を理解し、低い費用で最大の効果を得ることを目指します。主な指標に費用対効果、CPA、ROAS、ROI等があり、各指標に紐づく計算式を利用します。また、企画全体の達成度合いを示すKGIやプロセスにおける達成度合いを測るKPIも重要。
【事例紹介】SNS広告の成功事例8選!成果を出すために必要なこととは?SNS広告は新規顧客開拓やブランディング、売上向上に有効で、成功事例からヒントを得られます。各SNSの特徴を理解し、ターゲットに適したプラットフォームで広告を行うのが成功の鍵です。具体的には、オイシックスがFacebookのユーザープロフィールを利用してコンバージョン率を7倍に上げ、京都やまちやが動画広告でコンバージョン率を2倍に上げた例があります。
SNS広告のターゲティング方法について解説|効果的な広告戦略を立てるために知っておきたいことSNSの普及とともに、広告は意図したユーザーに届けるターゲティングが重要になっています。SNSはユーザーの詳細なデータが蓄積されているため、精度の高いターゲティングが可能です。Twitter, Facebook, Instagram, LINEなど、各SNSは使用するデータやアプローチ方法に特徴があり、適切なターゲティングを行うことで広告効果を高めることができます。
SNS広告とは?種類やメリット、成功のポイント・成功事例を徹底解説この記事では、どのSNSでどんな種類の広告を出すべきか、SNS広告のメリットや特徴、成功のためのポイントと成功事例などについて説明されています。SNS広告は「いいね」や「シェア」による拡散性、未認識のユーザー層へのリーチ、高精度のターゲティング、自然な表示形式が特徴で、これらを活用できるかどうかが成功の鍵となります。しかし炎上リスクもあるため注意が必要です。
シニアにおすすめのコミュニティアプリをご紹介|50歳以上限定SNS「おしるこ」とは?スマホの普及に伴い、シニア層もSNSを積極的に利用しており、特にLINEの普及率が高まっています。スマホへの変更理由は主にコミュニケーションツールの利用と家族からの勧めです。また、シニア専用のSNSが登場し、シンプルな操作や同年代のユーザーが多いこと、共通の話題が作りやすいことから受け入れられています。これらのSNSはオンラインショッピングや口コミ情報交換の場として活用されています。
団塊の世代の特徴とは?性格や購買行動について解説団塊の世代は第一次ベビーブーム(1947〜1949生まれ)で、74〜76歳。特徴としては人口の多さ、堺屋太一の小説"団塊の世代"に由来する名前、戦後から現代までの様々な経済状況を経験。性格は競争と仲間意識が強く、努力は報われると思い込む傾向あり。流行に敏感で、最新製品や集団活動への興味が強い。購入行動は、流行や口コミに影響されやす
SNS広告の費用相場はいくら?どんな課金形態がある?5大SNSで徹底比較!認知度向上やリード獲得を目指す多くの方がSNS広告を開始しようと考えるかもしれません。その際、実施費用が疑問点になるかもしれません。この記事では、SNS広告の費用相場と課金形態について説明し、5大SNSの広告出稿手順を紹介しています。最低限必要なSNS広告費は1ヵ月あたり30万〜50万円とされています。
SNS広告のおすすめはどれ?4大SNSの特徴・費用を徹底比較SNS広告出稿を検討中でどのSNS広告に出稿すればいいか、その違いがわからない方へ向けて、4つのおすすめのSNS広告を紹介します。各広告の特徴、料金、ターゲットの年代に合わせた最適な広告の選び方も伝えます。

シニアブログ

光る君へとVRで探る京都御所の歴史:シニア層が楽しむ新しい文化体験7月17日に放送されるNHKの「歴史探偵 VR京都御所 平安ワンダーランド」は、「光る君へ」に登場する京都御所の歴史をバーチャルリアリティで探ります。この番組は、シニア層にとっても新たな文化体験を提供し、平安時代の宮中儀式を身近に感じる機会となるでしょう。
道後温泉本館が5年半ぶりに全館営業再開!シニア観光客の反応と今後の期待松山市の名所「道後温泉本館」が、5年半にわたる大規模修繕を経てついに全館での営業を再開しました。この歴史的な再開を喜ぶ観光客の中には、多くのシニアも含まれており、その反応からは今後の期待とともに地域経済の活性化の可能性がうかがえます。この記事では、道後温泉本館再開に対するシニア観光客の声や、今後の課題について詳しく解説します。
正司照枝さん死去:かしまし娘の次女、シニア世代が感じる郷愁と喪失感「かしまし娘」の次女、正司照枝さんが91歳で急逝しました。このニュースに対するシニア世代の反応は深い郷愁と喪失感に満ちています。彼女の音曲漫才は、多くの人々の心に刻まれ、特にシニア層にとっては懐かしい思い出の一部です。この記事では、シニア世代がどのようにこのニュースを受け止め、どんな影響を感じているのかを探ります。
シニア世代も注目!ディズニークルーズ日本進出の魅力と影響ディズニーの世界観を楽しめる豪華客船が日本に登場!オリエンタルランドは2028年度からディズニークルーズの運航を開始する計画を発表しました。シニア世代にとっても魅力的なクルーズ旅行の詳細とその影響を探ります。
兵庫県知事パワハラ疑惑:シニア世代の反応と影響兵庫県の斎藤元彦知事に対するパワハラ疑惑と、それを告発した県職員の男性の死が大きな波紋を呼んでいます。シニア世代がこのニュースに強い関心を寄せる背景には、職場環境や倫理観、社会正義への深い思いがあります。この記事では、シニア層の反応とその背景を詳しく分析します。
NHKが検索ワード1位に急浮上:都知事選とシニア世代への影響はある?NHKが検索ワードのトップにランクインしました。その背景には、迫る都知事選の情報提供やシニア世代への影響があると考えられます。この記事では、NHKの急浮上の理由とシニア層の反応について詳しく解説します。
名脇役・赤塚真人さんの訃報にシニア世代が涙する理由映画「幸福の黄色いハンカチ」や「男はつらいよ」シリーズで名脇役として知られる赤塚真人さんが、2024年7月4日に73歳で亡くなりました。食道がんのためでした。シニア世代にとっては、赤塚さんの演技が多くの思い出と共に蘇り、深い悲しみを呼び起こしています。その反応と考えを分析しました。
熱中症警戒アラート、シニアの視点からみる猛暑と激しい雨への対応策日本各地で危険な暑さと激しい雨が予想され、特に東日本では熱中症への警戒が呼びかけられています。シニアの方々にとって、気温の急上昇や豪雨は健康や生活に大きな影響を与えるため、適切な対策が必要です。本記事では、シニアの皆様がこの厳しい気象条件にどのように対応すべきか、詳しく解説します。
20年ぶりの新紙幣発行にシニア世代も注目!偽造防止とユニバーサルデザインの進化2024年7月3日に、20年ぶりとなる新紙幣が発行されました。渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎の肖像が描かれた新紙幣は、偽造防止技術とユニバーサルデザインが強化されています。特にシニア世代からの注目が集まっており、その反応と考えを分析します。
H3ロケット3号機の打ち上げ成功、シニアの反応は?日本の新たな主力ロケット「H3」の3号機が種子島宇宙センターから打ち上げられ、地球観測衛星「だいち4号」を予定の軌道に投入することに成功しました。このニュースは技術の進歩を象徴し、多くのシニア層からも期待と感動の声が寄せられています。シニアたちの視点から、この成功の意義と今後の期待について詳しく分析します。
煉獄さんの再登場でシニア世代も感動!『鬼滅の刃』最終話の粋な演出が話題『鬼滅の刃 柱稽古編』最終話で、煉獄杏寿郎が声のみで登場する粋な演出が話題となりました。この感動的なシーンに、シニア世代も涙を流しながら共感の声を上げています。本記事では、シニア世代の反応とその背景について詳しく分析します。
日本、ネーションズリーグでカナダに勝利しベスト4進出!シニア層の反応と期待2024年6月28日、バレーボール男子のネーションズリーグ準々決勝で日本がカナダにストレート勝ちし、2大会連続のベスト4進出を果たしました。この結果に対して、シニア層からは喜びと期待の声が多く寄せられています。
障害者グループホーム「恵」問題に対するシニア世代の反応:厚労省が自治体と連携し対応へ厚生労働省は「恵」が運営する障害者グループホームに対して、全国の事業所の指定更新を認めない措置を取ると発表しました。この決定に対し、シニア世代からは将来の福祉サービスの信頼性に対する懸念の声が上がっています。この記事では、シニア世代の反応とその背景、そして厚生労働省と自治体の対応について詳しく解説します。
「ふるさと納税」仲介サイトでのポイント付与を禁止、シニア世代の反応は?総務省は、ふるさと納税の仲介サイトでのポイント付与を禁止する新しい基準を導入することを発表しました。この変更に対し、多くのシニアが関心を寄せています。シニア世代の反応や考えを分析し、そのインサイトを探ります。
沖縄・奄美に熱中症警戒アラート発令 – シニア世代が感じる危機感と対策2024年6月25日、環境省と気象庁は沖縄本島地方、八重山地方、宮古島地方、奄美地方に対して熱中症警戒アラートを発表しました。これらの地域では、特にシニア世代が熱中症リスクを強く感じており、対応策が求められています。この記事では、シニア世代の反応と具体的な対策について詳しく解説します。
シニアも注目する日本女子バレーボール準優勝、ネーションズリーグ決勝で見せた成長と未来への期待バレーボール女子のネーションズリーグ決勝で日本がイタリアに惜しくも敗れ準優勝となりました。このニュースに対し、シニア世代はどのように感じ、何を期待しているのでしょうか。彼らの反応とインサイトを深掘りします。
東京都知事選ポスター問題|シニア層の反応とその背景を探る2024年6月20日に告示された東京都知事選挙で、全裸に近い女性の画像を含む選挙ポスターが問題視されました。このポスターには「表現の自由への規制はやめろ」というメッセージが添えられていましたが、警視庁は公共の場所での卑猥な言動を禁じる東京都の迷惑防止条例違反として、候補者に警告を行いました。この問題に対して、特にシニア層がどのように反応し、何を考えているのかを分析します。
シニア世代が危惧する「マイナンバーカード」必須化の波|携帯契約も新たな課題に政府は携帯電話の契約時の本人確認方法をマイナンバーカードに一本化する方針を発表しました。これは、偽造や不正取得による特殊詐欺の防止を目的とした措置ですが、この動きに対してシニア世代は複雑な感情を抱いています。シニア層の視点から、この政策変更に対する反応と懸念を詳しく分析します。
NVIDIAが時価総額で世界首位に、シニア世代の反応とAIへの期待NVIDIAがMicrosoftを抜いて時価総額世界首位に立ったニュースは、シニア世代にも大きな影響を与えています。生成AI技術の進化に伴う市場の地殻変動に対し、シニア世代はどのように感じ、何を期待しているのでしょうか。その反応を深掘りしてみました。
強雨の中心が東海や関東に(ウェザーニュース)、シニアの防災意識の高まり
ドクターイエロー引退発表にシニアの反応は?JR東海とJR西日本が「ドクターイエロー」の引退を発表し、多くのシニア層から思い出や敬意の声が広がっています。1964年から新幹線の安全を支えてきたこの特別車両は、その鮮やかな黄色いボディと共に、数々の思い出を作り上げてきました。特にシニア層にとって、ドクターイエローは新幹線の安全運行を象徴する存在であり、その引退に対する反応には深い感慨が込められています。
佐藤弘道さんが脊髄梗塞を発症—脊髄梗塞とは?シニア世代を含む多くの人が抱く不安と現実NHKの「おかあさんといっしょ」で親しまれた佐藤弘道さん(55)が脊髄梗塞を発症し、下半身がまひしていることが公表されました。このニュースは多くの人々に衝撃を与え、特にシニア世代の間で「脊髄梗塞」という病名への関心が高まっています。この記事では、脊髄梗塞の詳細な症状や治療法について解説し、シニア世代を含むすべての人々が抱く不安と対処法について考察します。
ニコニコ動画のサービス停止にシニアが抱く懸念と期待2024年、KADOKAWAのサイト群が不正アクセスの可能性で停止しました。これに対しシニア層は、自身のネット利用や個人情報の安全性への懸念やサービスの信頼性への疑問を抱くなど影響が見られました。迅速な対応や透明性のある情報提供の期待、さらにサイバーセキュリティ教育や支援の強化要望も出ています。
自民党が2024年東京都知事選小池百合子氏を支援-シニアの反応は自民党は2024年の東京都知事選挙に小池百合子氏が出馬する場合、全面的に支援する方針を固めました。一方、シニア層は小池氏の再選を期待し、自民党の支援による政策の継続と安定を望んでいます。
アップル社の生成AI「Apple Intelligence」シニア世代の期待と懸念アップルが開発した生成AI「Apple Intelligence」がシニア世代にも期待と懸念をもたらす。生活を便利にし、質を向上させる一方で、プライバシーとセキュリティへの懸念も存在する。シニア世代への配慮を反映した、利便性と安全性のバランスが求められている。
高齢者に広がる不安と戸惑い、マイナ保険証の有効期限問題が浮上 – 既存の保険証廃止への反対の声健康保険証の廃止が予定されていますが、マイナ保険証の有効期限切れ問題が混乱を招き、医師や高齢者から反対の声が上がっています。特に、マイナ保険証の有効期限があることを知らずに期限切れで受診できない高齢者が増えています。この問題への対応が求められています。
藤井聡太八冠、初の「永世棋聖」に向けて好スタート 、シニアの反応は?藤井聡太八冠(21)が「棋聖戦」第1局で勝利し、初の「永世棋聖」獲得に向けて順調なスタートを切りました。シニアは藤井八冠の快挙に熱い視線を送り、その活躍がもたらす影響や、将棋を通じた世代間の交流について語っています。戦後から現在まで、将棋は日本の文化と共にあり、多くのシニアにとって日常の一部でした。
シニア世代がみる合計特殊出生率の低下−過去最低の背景とその影響2024年の合計特殊出生率が、過去最低の1.20であったことを受け、シニア世代からは日本の将来への憂慮や家族の重要性の強調などさまざまな意見が寄せられています。少子化の主な要因として経済的な不安定さや子育てと仕事の両立の困難さを挙げ、社会全体でのサポートが必要という意見もあります。政府の少子化対策も進められていますが、その実効性についても疑問の声が上がっています。
「トヨタの性能試験不正問題」に対するシニア世代の懸念は?国土交通省は2024年6月4日にトヨタ自動車本社で立ち入り検査を行い、車の性能試験での不正が発覚しました。これにより、トヨタを長年支持してきたシニア層からは驚きと失望の声が上がり、車の安全性への懸念も深まりました。経済的にも影響が懸念され、これによりトヨタの信頼回復には時間がかかると見られています。
シニアにとって「定額減税 4万円」は生活の支えになるか?物価高騰下のシニア世代は、4万円の定額減税で買い物が楽になる一方、「すぐに無くなってしまう」「少しの減税では足りない」との声も。専門家は、消費刺激策としては効果があるが、長期的な生活改善には至らないと指摘。大手流通業者はセールを企画し、シニアにとって家計の節約に貢献している。
石川県震度5強の地震に住民が抱く不安と対策—特にシニア層への影響と教訓2024年6月3日、石川県能登地方で発生した震度5強の地震により、特にシニア層の不安が深刻化しています。これからの防災対策に向け、シニア層の反応や考えを解析し、対策の強化や地域コミュニティの支援活動を進めることが求められています。地震情報を常にチェックし、適切な備えをすることが重要です。
ポケモンGOフェスト仙台市で開幕!シニアも楽しむ世界的イベント仙台市で開催された「ポケモンGOフェスト」にはシニア世代も参加し、楽しんでいました。ポケモンGOはシンプルな操作と戦略性、自然と歩く機会の増加や社交の場提供、家族との絆を深める機会となる点などがシニア向けに魅力となっています。これらの要素がシニアビジネスに新たな可能性を示しています。
シニアのデジタルデバイドを超えて、iPhoneにマイナンバーカード機能搭載へ2025年夏までにiPhoneにマイナンバーカード機能が搭載されるとの発表を受け、シニア層からは便利さやセキュリティの強化を期待する声が多く上がった一方、スマホ操作への慣れや個人情報流出リスクへの不安も示されています。新機能のスムーズな利用には、デジタル差異の解消と丁寧なサポート体制が求められています。
漫才師・今くるよさん逝去にシニア世代も涙「どやさ」のギャグで親しまれた漫才コンビ「今いくよ・くるよ」のくるよさんが76歳で亡くなりました。昭和から令和まで活躍し、特にシニア世代にとっては大きな悲しみとなっています。一人で活動を続け、女性漫才師のパイオニアとしても名高く、その遺産は後世に受け継がれて行くことでしょう。彼女の死は、シニア世代にとって喪失感を伴う一方、その功績を讃える声も多く聞かれます。
静岡県知事選挙の結果にシニアが抱く期待と懸念2024年の静岡県知事選で元浜松市長の鈴木康友氏が当選。シニア層は、鈴木氏の産業政策による地域経済活性化や若者の雇用創出に期待しつつも、地域間のバランスへの配慮が必要との声も。また、リニア中央新幹線の環境問題などにも注視している。
台風1号の急発達と大雨警戒:シニア向けサービス事業者が提供できるサポートとは台風1号(イーウィニャ)が急発達し、フィリピン東部を北東に進んでいます。本州南部を通過する見込みで、前線の影響で大雨も予想されています。シニア向けサービスを提供する事業者は、避難経路の確認や非常用持ち出し袋の準備、情報提供などの対策を通じて、シニアの安全を守るよう呼びかけています。
「マツケンサンバII」真島茂樹さんの訃報に、シニアの反応は?「マツケンサンバII」の振り付けによって知られるダンサー・振付師の真島茂樹さんが77歳で亡くなりました。彼の振り付けは、シニア世代の間で広く受け入れられ、日常生活に楽しさをもたらしていました。松平健さんは引き続き「マツケンサンバII」を披露し続けると約束しました。
袴田事件再審で死刑求刑、シニア世代の反応と深層分析58年前に静岡で起きた一家4人殺害事件で死刑が確定していた袴田巌さんの再審が行われています。検察は再び死刑を求刑し、弁護団は無罪を主張、判決は9月に下されます。この歴史的事件に対し、シニア世代から注目が集まっており、彼らの反応は今後の司法制度に影響を与える可能性があります。
定額減税、給与明細に明記:シニア世代の反応と期待2024年6月から始まる定額減税について、給与明細に所得税の減税額を明記するよう求めています。シニア世代は、手取り額の増加を大きな助けと捉えつつも、その効果は一時的であり、長期的な安定生活へ繋がらないとの懸念がある。また、企業の負担増や、住民税のシステム改修などの問題も見受けられる。
レッドロブスター経営破綻にシニアはどう反応する?地域の食文化への影響を探る米シーフードレストラン「レッドロブスター」の経営破綻が発表され、シニア層からは地元食文化への愛着といった観点から懸念の声が上がっています。このレストランは彼らにとって特別な存在で、その変遷には感慨深さがある一方、地域社会やフランチャイズ業界への影響についての深刻な認識もあるという。
シニア世代の反応は? 上川外相の「うまずして何が女性か」発言に注目集まる – 静岡県知事選挙応援演説静岡県知事選挙の応援演説で上川外相が「うまずして何が女性か」と発言し、シニア層から様々な反応が見られました。一部は「女性の力を地域社会で発揮すべきだ」と共感する声がありながら、現代の女性の役割は多様であり「産むことに限定するのは適切でない」と批判する意見も存在しました。
つばさの党代表ら逮捕、シニアの反応は?つばさの党代表ら3人が選挙活動妨害の容疑で警視庁に逮捕されました。警視庁によると、他陣営の演説を妨げる行為が行われたとのこと。シニア世代は長年の経験から選挙の重要性を強く認識し、政治に真剣に取り組んでいます。今回の逮捕事件に対し、シニア世代は深い懸念を示し、公正で信頼性のある選挙システムの確立を求めています。
シニア世代にも影響大!PayPayの一時障害が教えるキャッシュレス決済のリスクと重要性5月15日にPayPayの一部サービスが3時間以上利用不能になった際のシニア世代の反応を分析。現金主義のシニア層には直接の影響はなかったものの、キャッシュレス決済に慣れているシニア層には大きな不便を引き起こした。これにより、キャッシュレス社会のリスクと対策、そしてシステムの安定性とユーザーの理解の重要性が再確認された。
介護保険料改定、自治体間で約6000円の差:シニアの反応は?2024年に介護保険料が改定され、自治体間で最大約6000円の差が生じ、一部シニア層は一定の増額は必要と理解しつつも、負担増や地域間の保険料格差に対し不満や不安を感じている。しかし、健康増進や介護予防に取り組む地域の施策を評価する声もあり、柔軟な対応と長期視点での議論が求められている。
シニア世代の視点:次世代AI「GPT-4o」の登場に期待と不安OpenAIの次世代AIモデル「GPT-4o」は音声によるリアルタイム対話が可能であり、その高速化が注目されています。特にシニア層はAIが日常生活をサポートするツールとして期待している一方で、技術進化に対する不安も感じているようです。AI技術の信頼性や使いやすさ、教育やサポートが求められています。
シニアも感動!母の日に最高の贈り物、地元コンクールで子どもたちが描く母への愛八重山毎日新聞社主催の第32回素敵なお母さんの図画コンクールの表彰式が石垣市民会館で行われ、入賞した子どもたちに賞状が授与されました。このコンテストは、母親への感謝や愛情を描いた作品が称賛され、母の日を前に最高のプレゼントとなりました。シニア世代もこのイベントを通じて、家族愛や子どもたちの成長を喜んだという。
横浜・馬車道で続く伝統とチャリティーの融合:シニアが振り返る『アイスクリームの日』イベント1869年に日本初のアイスクリーム販売が始まった横浜・馬車道でアイスクリームの日と連携したチャリティーイベントが開催され、製造元のタカナシ乳業が5000個を提供。2011年の大震災以降は復興支援募金も実施されており、地域のシニアが伝統とチャリティー精神を体現する特別な時間となっている。
敷島製パンのネズミ体混入にシニアの声―安心な食品への懸念敷島製パンの「超熟」シリーズからネズミの体一部が見つかり、一部商品が自主回収されました。この事件に対し、シニア層の間で食品安全への期待と懸念が高まり、品質管理への要望が増しています。敷島製パンには再発防止策と信頼回復への対応が求められています。
シニア世代にも人気!Appleの新型iPad Pro、シニア向けの魅力とは?Appleの新型iPad Proがシニア世代にも魅力的と評価されている。その理由としては、大画面で見やすい有機ELディスプレイの採用、軽量・薄型化による持ち運びの便利さ、さらにタッチペンやキーボードによる快適な操作環境を提供している点が挙げられる。ただし、価格の高騰は課題とされる一方で、その魅力を最大限に活用するためには付属品や機能の活用が求められている。
藤あや子ががん公表:健康への意識を高めるシニア層への影響歌手の藤あや子さんが子宮体がんを公表し、闘病中の感謝の気持ちを綴りました。この発表は特にシニア層にとって、健康への意識を高めるきっかけとなりました。さらに彼女の前向きな姿勢と感謝の言葉は、他者への思いやりや支え合いの大切さを示し、勇気と希望を与えました。
ピアニストの伝説、フジコ・ヘミングの栄光と逆境:シニア世代が共鳴する感動の物語伝説的ピアニスト、フジコ・ヘミングの生涯は成功と挫折の連続であり、彼女の音楽や人間性がシニア世代に特別な意味をもたらした。彼女の生きざまや音楽性はシニアだけでなく全世代に勇気と希望を与え、その遺産は未来の世代にも影響を与え続けるであろうと述べられています。
50歳以上のシニアたちが語るメーデーの意義:労働者の声と共感の深化5月1日のメーデーにおいて労働団体「全労連」は賃上げと格差是正を宣言し、50歳以上のシニア世代が注目されています。彼らは意見を反映し、行動を通じて社会の改革を支持。次世代のための改善を訴え、公正で持続可能な社会発展に寄与しています。
シニアの視点:円相場の動向と市場の警戒感ドル/円についてのシニア層の意見は多様。一部は、実需によるドルの需給や株高によるリスク許容度の高まりから円安が進むと認識。また、米重要イベント前の市場警戒感や、神田財務官のコメント、日銀と財務省の姿勢も円相場に影響を与えていると見ている。要因を考えながら、円相場リスク管理行う。
シニアの視点:金融所得を社会保険料に反映、シニアの考え方は?厚生労働省が株の配当等の金融所得を社会保険料に反映させる方針を検討し始め、シニア層からは増税懸念や公平な徴収方法への要望など様々な反応が見られる。一部は、これらの所得が生活費や医療費の補填源となっているため、何より具体的な実施方法や税制の設計が重要だと訴えている。
シニアの視点:ディズニーシー新ホテルに対する反応新ホテル「ファンタジースプリングス」の開業を予定している東京ディズニーシーに対する、シニアの反応が注目されています。このホテルの最高価格が1泊34万円超ということで、価格に驚きや疑問を感じるシニアもいれば、新しい体験に期待するシニアもいます。
老舗ポイントカードTカードを統合したVポイントのトラブル:シニア層への影響老舗のTカードと三井住友フィナンシャルグループのVポイントが統合し、新たなVポイントが開始されましたが、バーコードの表示ができないなどのトラブルが相次いでいます。特に、シニア層に多いTカード利用者が影響を受ける可能性があります。運営会社はアクセス集中が原因としており、サーバー容量を増やすなどの対策を進めています。
シニアの視点から見たGoogleのアースデイDoodleの影響GoogleのアースデイDoodleは、航空写真から文字を生成し、地球保護のメッセージを発信し注目を集めています。シニア世代も、このようなアート作品で環境問題の意識を高めることに感動し、活動へのサポートを理解しています。また、Doodleはオンライン検索のトレンドに影響を与え、特にシニア世代には新たな知識の獲得と環境問題への理解を深めるきっかけとなっています。
地震の偽情報に対処する方法:専門家の見解とシニアならではの安全対策愛媛県と高知県の地震後、X(旧ツイッター)上に「人工地震」や「地震予知」などの偽情報が拡散しました。専門家は地震は自然現象で予知も人為的な誘発も不可能と否定。シニア世代の地域経験を活用した防災活動も紹介されています。
愛媛県と高知県 震度6弱以上を観測、南海トラフ巨大地震との関連、シニア世代の警戒心は?初めてとなる震度6弱以上の地震が愛媛県及び高知県で観測された。一方、気象庁は南海トラフ巨大地震とは異なるメカニズムによる地震であるとの見解を示した。この地震はシニア世代の防災意識を一層高め、地震対策の適応力を示すものである。また、この地震は防災対策を再考する重要な機会となる。専門家は、総合的なリスクマネジメントと地域全体での協力が求められ
シニアの視点から見た共同親権:家族の絆を強化する新たな制度共同親権導入により子育てに両親が参加し、家族絆が強化する一方、シニア世代は孫の親権が共同で持たれることへの懸念も抱いている。親の離婚や家庭内問題が孫に与える影響や、生活の不安定化、親との関係悪化による接触権喪失などが心配されている一方で、共同親権がうまく機能すれば家族全体の絆が強まる可能性もある。
西日本から北日本への黄砂注意報にシニアが用心深く対応西日本から北日本に黄砂が飛来する予報に対し、シニアは健康管理を重視。外出時にはマスクやサングラス、帽子で防護、室内ではエアコンや空気清浄機で微粒子を減らす対策をとっている。黄砂の最新情報をチェックし、地域のシニアコミュニティで情報共有や助け合いも行っており、黄砂が舞う日は外出を控え、ストレス軽減や心のケアも心掛けている。
シニアの視点から見る関西万博までの一年間:期待と懸念シニア世代は過去の大阪万博から多くを学び、今回の関西万博に対する期待や懸念を形成しています。関西万博が地元経済を活性化し、文化や産業の発展に寄与することを期待しつつ、高額な予算や新型コロナウイルスのリスクに対する心配もあります。この一年間で、成功に向けた準備と感染症対策が求められています。
水原元通訳を銀行詐欺容疑で訴追、シニアの大谷選手への支持は揺るがず大リーグ、ドジャースの大谷翔平選手の口座から1600万ドル以上を不正送金したとして、水原一平容疑者が銀行詐欺の疑いで訴追される事態となりました。捜査には大谷選手も協力し、これが迅速な捜査終了に繋がったとされています。事件にショックを受けたシニア世代の大谷選手への強い支持は変わらず、彼の人間性に対する尊敬やプレーに対する感動がその背景にあります。
シニアの資金運用に影響を与える、34年ぶりの円安ドル高水準アメリカの消費者物価指数の上昇に伴い、円相場が1ドル=153円台まで下落。特に50代以上のシニア層には、海外旅行や海外資産価値、海外からの収入を含むリタイアメントプランに影響が出る可能性がある。将来の資金運用を考える際は円安対策と共に、健康不安や介護ニーズも考慮することが重要とされる。
嵐が新会社設立!ファンとシニアの反応は?人気アイドルグループ「嵐」が新会社設立を発表、新たな展開へのステップとなりました。これにより、ファンだけでなくシニア世代からも大きな反響があり、その反応を見ていきたいとのこと。ファンやシニア世代は、これを機に嵐のさらなる成長と活躍を期待しています。
地震に対するシニアの不安と防災対策:日南市の震源地での揺れを受けて全国的に頻発する地震がシニア層の不安を増大させており、特に宮崎県日南市での地震がそれを象徴しています。災害時の避難や生活再建は高齢者にとって困難なため、防災対策の強化や被災地支援が必要です。地域の協力を得て高齢者を含む住民の安心・安全を確保し、より安全な社会を作ることが重要です。
シニアの心に響く「笑点」の系譜:伝統と新たなる一歩人気演芸番組『笑点』が新たなメンバー、落語家の立川晴の輔さんを迎え、新たな一歩を踏み出した。シニア世代にとって、伝統文化を取り入れた笑点は特別な意味を持つ。林家木久扇さんの後任として立川晴の輔さんの加入は、55年ぶりの落語立川流のレギュラーメンバーとして、笑点が新しい時代に進化し続ける意志を示している。
自民党39人の処分と安倍派の離党にシニアが反応!岸田総理の党運営に不満の声自民党の政治資金問題と安倍派世耕氏の離党がシニア層から注目されている。39人の処分が決定されたことで岸田首相の党運営に不満があることが明らかとなり、自民党の将来に影響が出そうだ。シニア層は特に政治に対する関心が高く、派閥問題や党内の動きに敏感に反応している。
シニアの消費者意識が変化する?安全性への不安と健康トレンドの影響飲料水の異臭問題や紅麹製品の安全性への懸念が拡大する中、特にシニア層の間で健康意識と商品の安全性への関心が高まっています。これにより、シニア層の購買行動が変化しており、安全で信頼性の高い商品を選ぶ傾向が強まっています。企業は品質管理や安全対策に更なる配慮が求められています。
静岡 川勝知事 辞職の意向表明 不適切発言に対するシニアの反応は?静岡県の川勝知事が新人職員への訓示で発言した内容が職業差別と受け取られ波紋を広げている。特に、「県庁というのは別のことばで言うとシンクタンクです。毎日野菜を売ったり、牛の世話をしたりするのとは違って、基本的に皆さんは知性が高い方たちです」という言葉が注目され苦情が殺到。シニア層からは職業による知性の差という見方に反感が出ている。
宮内庁のインスタグラム開設に対するシニア世代の感想:SNS利用の普及とインスタグラムへの期待宮内庁がインスタグラムの公式アカウントを開設し、初日に35万人以上のフォロワーを獲得した。通常、シニア世代のインスタグラム利用率は低いが、一方で皇室情報へのアクセス手段が増えたことで、シニア世代の利用増加や皇室に対する理解深化が期待されている。
エイプリルフール:夢とユーモアの日に賛同する「おしるこ」エイプリルフールの日を特別なものにするため、カイト社のシニア向けSNS「おしるこ」が「April Dream」を支持。これは、笑いや夢をシェアする日、特にシニア世代が笑顔と絆を育むのを楽しむ機会となるもの。カイト社は、このアプリの活用を通じて、50歳以上の人々に新たな結びつきと想像以上の生活の目指す、超高齢化社会の実現に向けて前進していく。
シニアの心を躍らせるプロ野球開幕戦:読売巨人軍の快勝と球団創設90周年の感動春に訪れるプロ野球の開幕はシニア世代にも待ち遠しい瞬間で、今年は読売巨人軍が球団創設90周年を4対0の快勝で飾りました。その興奮はシニア世代の日常にも活力を与える一方、シニア向けSNSの活用が彼らへのアプローチに有効とされています。
スポーツへの関心と信頼の拠り所:シニア世代が大谷翔平選手の違法賭博疑惑を受けて考えるスポーツは心身の健康促進や人々の絆の媒体であり、選手は模範となるべき存在だと考えられています。シニア世代も大谷翔平選手の違法賭博疑惑の会見に注目し、彼の行動がスポーツ界への信頼影響を見守っている。シニア世代は選手が模範である重要性を認識し、彼らに清廉潔白を証明することを期待しています。
公示地価2・3%上昇、バブル景気を経験したシニアの視点から見た、2024年の地価上昇国土交通省が2024年の公示地価を発表し、全国の地価が前年比2.3%上昇したことが明らかとなった。経済全体の回復や需要の増加によるものであり、特にコロナ禍でのリモートワーク増加による郊外や地方の不動産需要が地価上昇の一因と考えられる。しかし、地価上昇に伴う物価上昇、株価の動き、若年層や新規参入者への影響も考えるべきで、過去のバブル崩壊を経験したシニア世代
レトロ萌えを活かしたマーケティング戦略:「きのこの山」ワイヤレスイヤホンの展開「きのこの山」をデザインに取り入れたワイヤレスイヤホンが、シニア世代とZ世代の間で注目を集めています。レトロデザインと最新技術を融合したこの製品は、昭和を懐かしむシニア世代と新しいものに興味を持つZ世代の両方にアピールするマーケティング戦略を採用しています。
シニア世代の期待を超えた歴史的快挙!尊富士が新入幕で初優勝、シニアたちはどのように捉えるか若手力士の尊富士が新入幕初優勝し、110年ぶりの快挙を成し遂げたとの報道が相撲ファンを興奮させている。日本の伝統的なスポーツとして親しまれる相撲は、力強さと闘志を象徴し、シニア世代にとっては文化継承の役割を果たしている。尊富士の快挙は、相撲の魅力を再認識させる一方、文化的意義を象徴する出来事でもある。
「大谷翔平の通訳 水原一平氏 “米国税当局が捜査”」へのシニアの考え方【シニアとトレンド】大谷翔平選手の通訳である水原一平氏が米国の税捜査対象となったことについて、シニアは仕事における信頼関係の重要性を理解し、影響を心配している。また、公平な審議や慎重な調査を求めている他、大谷選手への支持は続いている。
「シニアたちはどう生きるか」から学ぶ、新たな市場の可能性高齢者市場は急速に拡大しており、その消費者ニーズを満たすためにはシニア世代の価値観や生活の質を理解することが必要です。新たな趣味や活動を通じて生活に意義を見出し、健康や生活の質向上を求めるシニア層のニーズを満たす商品やサービスは大きな市場機会を持っています。また、技術製品もシニア世代の生活を豊かにする一助となります。
「シニアたちはどう生きるか」秋人の新たな旅立ち「シニアたちはどう生きるか」は、退職した都会生活者の秋人が田舎町に移住し、新たな生きがいを見つける物語。秋人は地域文化や人々との出会いを通じて自己実現を果たし、シニア世代でも新たな旅への希望と可能性を示す。
シニアのセカンドキャリア:仕事選びのポイントと活躍する仕事は?定年後のシニアの4割が働きたいと考えており、70歳以上でも働く意向がある人が9割に上ると内閣府の調査で明らかになった。しかし、健康状態の不安からシニアに合った求人募集が求められている。体力的に無理なく働ける職場、良好な職場環境、やりがいのある仕事が重要視されており、これらに合致すると求職率が向上する。
未来へのステップ:シニアはSDGsで未来を明るくしたいと考えているシニアの筋トレは筋肉の衰えを防ぎ、生活動作の改善や体力の向上に寄与します。世界的にシニアの筋トレ市場が拡大しており、健康維持にも貢献します。具体的なメリットとしては、転倒予防、姿勢改善、生活習慣病予防、関節痛軽減、骨密度向上などがあります。高齢者でも筋トレを通じて筋肉を増やすことは十分可能で、そのためには適切な負荷強
スッキリ生きたい〜手放したら楽になった!シニアの楽な生活の工夫日本の長寿化社会において、定年後の生きがいの一つとして注目されているのがボランティア活動です。シニアに適したボランティアは社会貢献や新しい人間関係、自己成長、健康維持につながります。ただし、自身の健康状態を考慮した活動選びや、怪我や病気への対策、有償・無償の確認などに留意することが重要です。具体的な活動例として、日本語教師やファミリーサポート
シニアも人材として活躍できる?背景やシニア雇用のメリット・課題人手不足の企業がシニア雇用を増やしている背景には、高年齢者雇用安定法の改正による70歳までの雇用促進と、労働人口が640万人不足するという予測、働く意欲があるシニアの増加があります。シニア雇用のメリットは人手不足の解消と、シニアが持つ長年の経験とスキルの活用です。
ボランティア活動で生きがいを50代以降の人々は物理的・心理的な「手放す」を学び、生活を楽にするべきだ。家事など日常生活の一部を見直すことで、心と時間に余裕が生まれる。好きなことに時間を使うことや円満な家庭生活を楽しむためのステップとして、家事や無駄なものを手放すことの大切さを理解しよう。具体的な工夫としては、洗濯物の部屋干しや宅配食の活用などがある。
シニアに安全で効果的な筋トレのコツとメニューこの記事は、シニアが持続可能な開発目標(SDGs)と深く関わっている理由を解説しています。SDGsは国連が定めた2030年までの世界共通の目標で、シニアにとっても重要な関連性があります。具体的に、高齢者に対する栄養ニーズや公共交通機関の配慮、距離の人々必要な教育の提供などが含まれています。シニアは次世代の未来を守りたいという強い願いを持ち、それがSDGsとの関連性を高めています。
シニアは趣味を通じて「学び直し」をしたい!?シニア世代が新たにことを学ぶための方法として、趣味を通じた再学習が注目されています。大学や企業が提供する学び直しの環境も増加しており、追求したい趣味、社会変化への適応、新たなキャリア挑戦、社会参加・交流など様々な理由で学び直すシニアが増えています。この動向を受けて、趣味や興味の追求、健康・スポーツ、音楽など幅広い分野で再学習を提供するビジネ
一人でも心豊かに楽しく!シニアのための「一人旅」完全ガイドシニアの生活にペットは大きな喜びをもたらし、豊かな老後を補完します。ペットは孤独感の解消や健康維持に役立つだけでなく、コミュニティ形成や人間関係を充実させます。ただし、飼い主に合ったペットを選ぶことや、ペットの健康管理、飼い主亡き後のケア計画等、注意点もあります。また、ペット信託という、飼い主がペットを世話できなくなった場合のための制度も準備されています。
高齢者の健康維持と社会参加を叶える!シニア向けヨガの魅力と注意点人生100年時代において、シニア世代にとって筋トレは必要な運動となりつつあります。筋トレは基礎代謝を上げて生活習慣病を予防や健康増進に役立ち、転倒防止や骨の健康維持にも有効です。また、質の良い睡眠を促し、ストレス解消や心の健康にも貢献します。ただ、怪我を防ぐために適切なフォームや健康状態をチェック、自分に適した運動
シニアの充実した毎日のための習い事!金額も人気も納得のアクティビティこの記事では、新たな趣味を追求するシニア期における最適な活動の一つとしてボランティア活動を紹介しています。自分が得意なスキルや経験を活かして地域社会へ貢献することで、社会とのつながりを感じられるとともに、自身の充実した時間を作ることができます。また、適度な運動になり、心身の健康へも寄与します。ボランティア活動はシニアの生活の質を向上させるというメッセージが込められています。
シニアでもかんたん!高齢者のためのキャッシュレス決済ガイド少子高齢化が進む日本で、老後の孤独感や孤立問題の解決策として、シニア向けシェアハウスが注目されています。個々の居室を持つ一方で、リビングやキッチン等を共有し、交流を持つことで孤独感を和らげ、経済負担も軽減します。また、共同生活は安心感や助け合いの絆を生む一方、プライベート空間の確保や介護が必要な場合の適用は難しい面もあるようです。
高齢者はペットを飼えない?シニアライフを豊かにするペットとの賢い暮らし方シニアが一人旅を楽しむためのガイドについて紹介しています。旅行準備のポイントや、体調管理、持ち物選び、割引情報などについて詳しく解説しています。また、シニア向けのツアーや一人専用ツアーが人気で、ゆっくり楽しむことができるように配慮されていること、感染対策についての情報も提供されています。
定年後も輝くためのステップ!シニアにおすすめの資格とキャリアプラン定年後も新たな学びにチャレンジし、次のキャリアに活かせる資格を検討することが推奨されている。2021年で65~69歳の就業率が50.3%、70歳以上が18.1%だったことから、新たなキャリアに役立つ資格を取得することが必須。特に、経験豊かなシニアが活用できる資格としてFP(ファイナンシャル・プランニング技能士)、社会保険労務士、宅地建物取引士があります。
定年後の成功と失敗!知っておくべき「してはいけないこと」の解決策定年退職後は時間の自由があり、数々の可能性が広がるが、同時に何をして過ごすか迷うこともある。そのため、定年後の生活を充実させるためには計画的に過ごすことが大切で、一部のシニアは仕事を続けることで規則正しい生活や人間関係を保つことができる。また、趣味を活かしたビジネスを始めることでも精神的な満足感を得られる。
シニアのための高齢者向けシェアハウス!老後の生活を豊かにする共同住宅の魅力とは?シニア世代のキャッシュレス決済利用が広がっています。消費者庁の調査によると60歳代で57.3%が利用していることが明らからなりました。おすすめの方法としては、直感的なプリペイドカードや交通系カード、スマートフォン決済があります。ただ、操作難易度やセキュリティ観点も配慮が必要です。そのため、パスワード管理、不正メールからのリンククリックの避けるなど安全対策が重要です。
地域を豊かにするシニアの社会貢献!ボランティア活動を通じた生きがいづくりシニアの日々を充実させるための習い事について紹介しています。新しい趣味を学ぶことで心身の健康を保つだけでなく、認知機能も活性化します。語学、音楽、運動、芸術、デジタルスキルなどがオススメで、特に昨今は自宅でオンラインで学べる手段が充実しています。習い事選びのポイントとして、自分が楽しめるもの、体に無理がないもの、自身の予算に合ったものを選ぶことが大切です。
「筋活」で迎える人生100年時代!シニアのための筋トレを解説人生100年時代において、シニア世代にとって筋トレは必要な運動となりつつあります。筋トレは基礎代謝を上げて生活習慣病を予防や健康増進に役立ち、転倒防止や骨の健康維持にも有効です。また、質の良い睡眠を促し、ストレス解消や心の健康にも貢献します。
スマホ依存はシニア世代も!?便利だが使いすぎは不健康につながるスマホ普及率が増加したシニア世代に依存症の問題がある。スマホ普及率は60代が80%から91%、70代が62%から70%に上昇。新型コロナで外出自粛され、シニアのスマホ利用が増えた。スマホ依存症は生活の小さな変化から始まり、自身ではコントロール不能になる可能性がある。新型コロナウイルスによる外出自粛は、多くのシニア世代にとってスマホ依存のきっかけになる可能性がある。
高齢者の「働く」をサポート!不安に特化したビジネス学習プランやプラットフォームの創設とは家電量販店ノジマが80歳上限の雇用制限を撤廃しました。また、YKKグループも今年4月から定年制度を廃止しています。加えて、2021年4月に「高年齢者雇用安定法改正」が施行されたことで、多くの企業が70歳までの雇用を保証するようになる見込みです。この流れの背後には、労働人口の減少と高齢者の労働意欲が確実に反映されていると考えられます。
シニアの自分へのご褒美事情自分へのご褒美は多くの人が行っており、特に20代〜30代の女性に多い傾向がある。自分へのご褒美事情についてのアンケートを実施し、頑張った時にご褒美を欲しがること、選ばれるご褒美は主に少し贅沢なグルメであること、価格帯は3000円〜5000円以内が最も多いことがわかった。シニア世代でも同様の傾向が見られ、シニア層のビジネスに役立てられる情報である。
高まる【シニアカー需要】とは裏腹に増加する事故運転免許返納後の高齢者が利用できるシニアカーの需要が高まっている。シニアカーは特別な免許なしで利用可能で、高齢者の移動手段となるだけでなく、現役世代の介護負担も軽減する。しかし、シニアカー関連の事故も多く、例えば踏切での立ち往生や転倒などがある。事故防止のため、シニアカーを購入する際には、本人の試乗や乗り方レッスンが必要との提案もある。
「ネットでも安心して買いたい!」高齢者心理を読み解け!コロナ禍の巣ごもり需要により高齢者のネットショッピング需要が増えていますが、不安も存在します。特に日本では、全年代でインターネット利用に不安を感じている人が多い中、高齢者はその不安が特に強い傾向にあります。中国の例ではシニア向けサービスとしてシニアモードを実装しているネットショッピングアプリ「タオバオ」があり、高齢者向けの購入促進手法としては紙媒体とコールセンター対応が有効とされています。
アフターコロナ時代でシニアは本当に働きたいのか?新型コロナウイルスの影響で働き方が変化し、在宅勤務が増えたが、シニア世代の健康に影響があるとの指摘がある。なお、70歳までの就業機会確保が企業に努力義務化されたものの、60代前半までの人は70歳まで働きたいとは思っていない一方で、年を重ねるごとに働き続けたい年齢も上がる傾向があった。
シニアにとってもスマホは生活必需品となる?シニアのスマホ利用率は84.7%、所有意向も上昇傾向です。スマホを使いこなすことは生活を便利にし、デジタル化社会への対応にも寄与します。使いこなす方法としては、スマホ教室への参加がおすすめで、多くの地域や企業が教室を開催しています。これらの知見は、シニア向けのビジネス戦略立案に役立つ情報です。
新型コロナウイルスが高齢者に与える感染以外の恐怖新型コロナウイルスの長期化により、高齢者が新たな問題に直面しています。自粛生活が強いられ、ニュースの感染者数やワクチン摂取状況に過剰反応する高齢者が増えました。また、身体活動の減少により、「コロナフレイル」のリスクも増しています。シニア向けビジネスを検討する方は、高齢者の動向を理解し、戦略に反映させるべきです。
免許返納で家計は圧迫される?高齢者の免許返納の取り組みが進む中、どのように考えているのか、どのように生活が変わるのかについて詳しく考察する記事。自分から返納する人が半数以上であることや、都市規模によって返納の傾向が異なることが明らかになった。また、免許を返納し車を手放すと維持費が不要となるため、家計に大きな影響はないという結果も示されている。
コロナ禍でじわじわ広がる「ガーデニング・園芸」に期待できることとは?コロナ禍でガーデニング・園芸が広がり、日本も種苗や園芸用品の売り上げが増加、特に高齢者に人気があり関心が集まっています。種類やペースに合わせた楽しみ方が可能で、季節感や自然を楽しみ、僅かな費用や時間で始められる手軽さ、自分で農薬などを選べる安全さ、適度な運動効果があります。
世代間交流が高齢者の孤立問題を解決するかもしれない高齢者の孤立問題が深刻化しており、一人暮らしの高齢者は増加の一途をたどっています。孤立問題は生きがいの低下などの問題も引き起こします。そんな中、静岡の老人ホームでは地域交流の場となるカフェを開設、神戸の高齢者施設では他世代との交流ができるコミュニティスペースを設けるなど、孤立問題解決に向けた取り組みが行われています。
シニアの関心を知るには。SEOテクニックで検索キーワードを読み解く興味や関心事を探る手段として、シニアが検索する言葉、つまりキーワードを利用する方法を紹介します。SEOテクニックを活用し、キーワード分析を行うことでシニアの関心事を把握することが可能になります。また、検索数の多いキーワードやロングテールキーワードの調査を通じ、詳細なニーズを知ることも可能です。具体的にはGoogleキーワードプランナーなどのツールを使い、キーワードの月間検索回数を調査します。
高齢者の夫婦関係について定年後の夫婦関係について株式会社ハルメクが調査を行い、高齢者の7割が夫婦関係に満足してるが、男性の満足度は女性より高いことがわかった。また、コロナ下の自宅生活時間の増加は、仲良し夫婦にとっては関係を良好にし、不仲夫婦の溝を深めた。特に家事分担での不満は女性が高い。
高齢者の食生活とミールキット高齢者にとって食生活は大きな課題で、低栄養傾向が見られることが多いです。単身者や高齢夫婦は食事への興味が希薄化し、偏食になりやすい傾向があります。低栄養は筋肉量減少や免疫機能の低下を引き起こす可能性があります。このような状況で最近注目を浴びるミールキットは、時間短縮と簡単な調理が可能です。
今、シニアYouTuberが増えているSNSは若者だけのものではなく、シニア世代も活用しており、シニアがSNSを使わないとはもう時代遅れ。シニアがYouTubeを利用するメリットなどについて紹介。60代でYouTubeを見ている人は7割以上で、視聴時間は1時間未満が半数以上。シニアYouTuberの増加には、家族からの誘いや「子や孫に残したい」という想いがきっかけといえる。
「高齢者がロボットで癒される生活」を一般化するために多くの高齢者がペットを飼いたいと考えていますが、飼う側の高齢化などによる問題もあるため、ペットの代わりとなる介護用ロボットが推奨されています。しかし、介護用ロボットはまだ普及しておらず、人間がロボットをコントロールするというイメージ戦略やロボットと一緒に生活するイメージを高齢者にもたせる必要があります。そのための手段として、高齢者向けのロボット生活のイメージ動画などの提案がある。
高齢者は薬を飲みすぎている?高齢者はさまざまな病気や体調不良が増え、薬の飲み方や過剰摂取が問題になる。患者が自分の薬をよく理解できず、残薬だけでも年間1,000億円を超えてしまう現状の改善が望まれる。多剤服用の危険性も認識し、サプリの補給も医療従事者の助言後に飲むべきである。
ペルソナ設定のユニークなアドバイス。「6次の隔たり」理論ペルソナ設定で悩んでいる方に、ユニークな方法を提案します。「6人の繋がりを辿ると、誰でも世界中の誰かと繋がることができる」という理論を応用し、身近な友人や知人を利用して具体的なペルソナを設定します。例えば、「65歳のアクティブシニア」などのターゲット層に該当する友人を思い浮かべ、その人のライフスタイルや経済状況などからペルソナの詳細を編み出します。
自分らしく、前向きに生きたい!自尊心を下げないユニークな取り組みとは?シニア世代の自尊心を守る取り組みが増加している。認知症や身体機能の衰えにより苦しむ高齢者が前向きに生きるための活動が行われている。例えば、化粧療法を行い心身機能や生活の質を向上させる試みや、神戸大の学生や教員によって行われる「よいとこ検診」など、高齢者の「良いところ」を褒める検診が実施されている。
コロナ禍で体力不足の高齢者が続出。体の不調に合わせたフィットネスマーケティングコロナ禍で外出自粛が続き、体力不足になった高齢者が増えています。運動不足により筋力も落ち、外出が再開されても体力や足腰の不安を抱える高齢者が多くなると予測されます。これに対応する運動プログラムや健康法を考慮したプロモーションを提案し、個々の体調に応じた健康づくりを支援することが求められます。
eスポーツがシニアに与える可能性eスポーツが注目されている一方で、シニア世代の参加も増えてきています。日本初の高齢者プロチームが発足し、地方自治体ではシニアと小学生の交流の場として使われたりするなど、若者だけでなくシニアにも良い影響を与える可能性があるとされています。また、デジタルゲームが認知機能に効果があるという研究結果もあり、シニア世代とeスポーツの付き合い方が変わる可能性があります。
高齢者と食事20代のライターが、買い物の負担を高齢者から実感。福岡市社会福祉協議会の統計では食料品アクセス困難者人口が増加。運転免許を返納した人など足が無い人も増える。食材を難く、カップラーメンやお惣菜ばかり買う高齢者も見受けられる。この問題解決のためAmazonフレッシュやイトーヨーカドーのネットスーパー等の配達サービスが役立つ。
高齢者ボランティアの集客とは。コロナ禍における新たなアプローチも高齢者のボランティア活動は増加傾向にあり、コロナ禍で一時的に減少しましたが、その活動が高齢者の社会参加や生きがいに繋がるとされています。ボランティア団体にとって、高齢者の意欲や交流を広げる役割も重要です。しかし、どのように高齢者にボランティア活動を提案するべきかは重要な課題で、地域づくり、子どもの教育、農業など興味を引き付ける内容を提案することが求められます。
シニア世代とメディアライターのゆりさんは、若者が様々なメディアを使い分ける情報収集方法と対照的に、シニア世代はインターネットの利用が広まってはいるものの、一部で情報操作や金銭的な搾取の被害が見られると指摘します。伝統的なメディアであるテレビや新聞も依然として滞在お年寄りにより頼りにされていますが、必要な情報を即座に見つけるのは難しいという課題があります。
実はコンビニは若者のものからシニアのものに?コンビニの来店客は近年高齢化しており、1989年から2017年までに50歳以上の利用者が1割から4割に増加。その背景には人口の高齢化、未婚化、核家族化などが影響している。コンビニの売上はコロナ禍により低迷しているが、客単価は増加しており、シニアのコンビニ利用傾向が変化していることが示されている。これらの変化を理解することはシニアビジネスのヒントになりうる。
シニア世代とゴミ屋敷ライターのゆりさんが、自身がミニマリストとしてシンプルな生活を送りつつ、物をため込む傾向のあるシニア世代について考察。彼らは物が入手困難な時代を生きてきたため、「もったいない」という思想が強く根付いていると指摘。また、物を片付けられないシニアたちは認知症を患っている可能性もあり、周囲の支援が必要だと述べている。
タンス預金を守れ!高齢者を詐欺や犯罪防止から守る金融資産の提案とは日本銀行の発表により、2020年の個人の現金保有額が初めて100兆円を超えたことが明らかになりました。特に高齢者を中心に、自宅での「タンス貯金」が増えたと指摘されています。しかし、タンス貯金は犯罪被害のリスクがあり、高齢者には他の安全な置き場所を再考する必要があるとのことです。
ファストフード店とシニアについて考えるライターのゆりは最近東京に引っ越し、新しい住まいでの日常生活の中でシニア世代の存在を強く感じている。特にマクドナルドでの朝食時、驚くほどの高齢者の利用があり、その中には生活困窮者と思しき人もいることに注目した。
「QRコードシール」を取り入れる自治体が急増中!導入が進む理由と今後の課題認知症の高齢者が迷子になる事例に対し、栃木市がQRコード付きの「見守りシール」を導入することに。シールには連絡先等のデータが含まれ、見つけた人がコードを読み取ると発見を家族に連絡する仕組み。このシステムを取り入れる自治体が増加中。
シニアの購買行動はSNSがきっかけのことはあるのか?新型コロナの影響でシニア世代のスマホやSNSの利用率が上昇しており、特にInstagramやYouTubeの利用率が高まっています。スマホは連絡ツール以外としても活用され、SNS利用の中で商品購入行動につながることもあるとのことです。
高齢者に必要なのは、コミュニティ高齢者にとって筋肉を育てる運動も大切だが、より大切なことは、社会性を保ちつづけることだと述べています。また、「指輪っかテスト」の結果についても言及し、若者の場合は隙間ができても問題ないが、高齢者の場合は違うと指摘しています。
「コロナ禍で生活苦の孫たちを救いたい」支援に見せかけた生前贈与とはコロナ禍により、高齢者の資産が増えている一方で、その使い道に頭を悩ませていることがわかった。特に、子育て世代への支援や、相続税対策としての生前贈与への関心が高まっている。しかし、感染防止のための移動制限などから、直接の手助けが難しい状況にある。
シニア世代の孫への消費行動とコロナシニア世代は、平均で年間約11万円を孫に使っており、主な使い道はおこづかいやお年玉などの援助が多いとソニー生命の調査で明らかになった。また、孫との交流では、外食や旅行、会話などを重視する傾向がある。しかし、2020年のコロナウイルスの影響で、消費金額が約18,000円減少した。
コロナ禍で増えたシニア世代のEC利用コロナウイルスにより、シニア世代のオンラインショッピング利用が増加しました。2020年の9.6%から2021年には30.5%と、約3倍に増えたことが確認できます。「衛生用品」「趣味関連商品」「食品」が最も多く購入されていました。また、彼らのオンライン活動は多様化しており、サイトの視聴やweb会議への参加も増加しています。
シニア世代にこそ使ってほしいサブスクリプションサービス皆さんが利用しているサブスクリプションサービス(通常サブスク)は何ですか?よく耳にする言葉で、多くの人が何かしらのサービスを利用していることでしょう。一般的に若者が使っているイメージがありますが、シニア世代がサブスクを活用すべきだと考えます。その理由と、シニア世代が必要とする可能性が高いサービスを紹介します。
コロナ禍で高齢者が旅行をする時に心配するポイントワクチン接種後も感染者数や変異株の影響で旅行計画が立てにくい高齢者も多い。予約日が緊急事態宣言と重なる心配や、キャンセル料の問題などがあるためである。オンシーズンと緊急事態宣言が重なるリスクもあるが、感染者数を見て旅行予定を立てる必要があると示唆されている。
テレビにかじりつく高齢者が多発する件について年齢が上がるほどテレビ視聴時間が多くなり、高齢者の娯楽は大部分がテレビに依存していることが伺えます。特に毎日のテレビラインアップから逃れられず、投げやりに見続けるルーティンが定着している傾向があります。デイサービス研究所の調査によれば、ドラマよりもリアルな番組が受け入れられる傾向があります。
子育ての方針が食い違う?世代間ギャップを埋めるために不景気により共働きが増え、男性も家事や育児に関わるようになった一方で、高齢者たちは社会の変化に追いつけず、子育ての常識についての見解が食い違っています。医学の進歩や生活環境の変化で、古い子育ての常識が覆されているからです。例えば、以前は育児に抱き癖や断乳を避ける考えがありましたが、現代では愛着関係の育成や子供のペースを尊重するほうが重視されています。
オタクティブシニアとは!?アニメやコスプレを楽しむ高齢者シニア世代にアニメやコスプレを楽しむ人々が増え、その中にはコスプレをYouTubeに投稿する人や、ゲームを楽しむ人もいることが報告されている。これは「アクティブシニア」と呼ばれる団塊の世代がメインで、その後の世代は「オタクティブシニア」とも呼ばれ、ファッション感度が高く個々を重視する傾向がある。
会社で指示待ちのシニア世代……自発的に動けない理由とはシニア世代が仕事で待ちの姿勢であるとの意見がある。経済成長期やバブル期を経験したシニア世代は、年功序列や給与が評価で上下する現状、転職を選択肢に入れる若者との違いに「危機感」があるとみられる。また、キャリアアップや給与アップにつながらないと認識していると、自ずとモチベーションが落ち貢献気持ちが減る。
選択的夫婦別姓のこと。どう考えていますか?2021年6月に夫婦別姓に関する裁判が行われ、不受理となった3組のカップルが家事審判を申し立てました。しかし、最高裁判所は夫婦同姓を「合憲」と判断。これは「法の下の平等」や「婚姻の自由」を保障する憲法に反するとの主張を否定したものです。一方で、高齢者は選択的夫婦別姓制度に消極的な傾向があり、その背景を探る声もあります。
高年齢者雇用安定法は意味がない?政府の政策と会社の実態ライターの葵がシニアと若手が同じ職場で働く難しさについて語った。シニア層の高齢化が進む中で、政府が高齢者雇用対策を推進しても、実際には若手とシニアが同じ仕事をすることは難しいという。あるコールセンター例では、100名の中でシニアは10名程度で、一つのチームを形成し、定型業務に従事しているとの事。
高齢者事故と免許返納問題2020年、65歳以上の高齢者が運転した交通事故は年間4,246件で、全交通事故の16.6%を占めていました。一年前の2019年には5,524件が発生し、全体の18.1%を占めています。
シニアのポケ活!今ポケモンGOがおすすめな理由スマホゲーム「ポケモンGO」が、シニア層に人気であるという話題をご紹介します。「ポケモンGO」はGP機能を使って街歩きしながらポケモンを捕まえるゲームで、これを「ポケ活」と呼びます。シンプルな操作性と可愛らしいキャラクターデザインがシニア層に受け入れられ、外出の機会を増やす健康的なレジャー活動として楽しまれています。
働きたいのに働けない高齢者60歳以上でも働きたいという高齢者は多いにも関わらず、再就職が難しい現状がある。企業の制度作りが進んでいない一方、働きたい理由として「健康維持」「人との交流」が多く、働くことで生きがいを得ることが重要になっている。しかし、年齢が働くハードルになることもあり、高齢者の労働環境の見直しが求められている。
高齢者はどうしたら災害時きちんと避難できるのか?高齢者の災害時の避難遅れについて取り上げられています。自然災害が増加し、高齢者の避難が求められることも多くなっていますが、自力での避難は難しいことが多いです。高齢者や障害者の情報をリスト化した避難行動要支援者名簿がありますが、未だ全員が登録されていない状態です。また、日本の高齢化率が28.4%と高く、全ての高齢者を守るのは困難です。
SNSが救うかもしれない高齢者の孤立問題高齢者の孤立問題は深刻で、家族と同居するにもなかなか難しく、孤立死の増加や犯罪率上昇、消費契約トラブルなど様々な問題を引き起こしています。しかし最近、SNSの普及により、その使用が高齢者の孤立問題を緩和する手段となる可能性があると考えられています。
ペットロスが重症化しやすい高齢者「ペットロス」はペットを失ったときの飼い主の悲しみで、ペットの寿命は人間より短いため、飼い主全員が経験する可能性があります。高齢者は家での時間が増え、ペットと過ごす時間が長くなるため、ペットロスが重症化しやすい傾向があります。特に一人暮らしの高齢者や、他に悲しみを共有する相手がいない場合、ペットロスの影響は深刻となります。
文字が書けない高齢者 vs 手書き書類高齢者が字を書くことが難しい理由は、手の震えや病気の影響など様々であり、特に役所や病院の手書きの書類が困難となることが多い。手の震えの原因は明らかではなく、遺伝的要素も考えられている。また、認知症による失語症状も影響し、言葉がうまく出てこず字が書けなくなるケースも存在する。
セミセルフレジが使えない高齢者最近多くの店舗で見かけるセミセルフレジは、店員が商品のスキャンを行い、顧客が支払いを機械で行うシステムです。しかし、使いこなせない高齢者も多く、このシステムの利便性が十分に活用されていないとの視点があります。セミセルフレジの利点としては、レジ待ち時間の短縮、人員削減、衛生の保持、お金の取扱いミスの防止などが挙げられます。
杖が救うかもしれない高齢者の命救急搬送が必要となる高齢者の事故の大部分は転倒・転落によるもので、転倒・転落事故の約40%が中等症以上となることが明らかになりました。杖をつくことで予防できるが、高齢者は「杖=介護用品」というイメージから抵抗感を持つこともあるという。そのため、高齢者が杖を持ちたくなる解決策を検討する必要があるとのこと。
高齢者と補聴器が抱える問題年齢とともに徐々に耳が遠くなる症状を老人性難聴と呼び、日本には約2000万人が該当する。補聴器を使用することで改善が見込まれるが、高価であることや自身のイメージから、高齢者の多くが補聴器を使用しづらい傾向がある。また、慣れや立場などから耳が聞こえないことを自覚しづらい側面もあり、その改善にも課題がある。
スマホは高齢者に本当に必要なのかテクノロジーの進化によりスマホは現代人に不可欠な存在となったが、高齢者に対するその役割については不明確な部分がある。モバイル社会研究所の調査では60代、70代でそれぞれ80%、60%がスマホを所有していることが判明。しかし、73.7%の高齢者が何かしらの難しさを感じていることも明らかに。主な使用時間は30分未満であり、利用しているのは生活に役立つアプリが多い。
1人で病院へ行けない高齢者高齢になると、自らの病気を理解し、治療の判断を行うことが難しくなるため、1人での通院が困難になる。そのため病院側から「家族と一緒に来てください」と言われることが多いが、家族も付き添うことができない場合がある。この問題は、高齢者の認知能力の低下によるもので、付き添いは診察のタイミングを見極めるために必要となる。
デイサービスを毛嫌いする高齢者高齢者の生活支援サービス「デイサービス」は、日帰りでの入浴やリハビリなどが受けられ、利用者の家族や周囲の人たちにもメリットがある。しかし、何らかの理由で拒否する高齢者も存在し、そのような人たちにどう説明すれば利用したくなるかという問題を解決する必要がある。デイサービスの利点は外出のきっかけ作りやプロの介護、趣味の発見など多岐にわたる。
同居家族がいても孤独状態|日中独居の現実「日中独居」が問題視されています。核家族化、少子高齢化により、高齢者の1人暮らしが増えていますが、同居家族が日中外出するため、高齢者が実質的に1人暮らしとなる「日中独居」状態も増えています。安心してしまい、高齢者への配慮が足りなくなることや、高齢者の行政サービスが利用できなくなる可能性もあります。
病院が大好きな高齢者医療費の高額化について触れています。病院に行きすぎないように考えるよう促しており、特に後期高齢者の医療費が若者に大きな負担となる可能性があると述べています。また、少子高齢化と医学の進歩が医療費の高騰を引き起こしていると指摘しています。新たな医療機器の導入が医療費増につながっているとした上で、医学の進歩が悪いわけではないと強調しています。
高齢者とペット多くの家庭でペットが飼われていますが、高齢者の家ではペット飼育の実現性が低く、アニマルセラピーの導入が注目されています。一方で、アニマルセラピーを老人ホームに導入するにはアレルギー、苦手意識などの理解を得る必要があり困難とのこと。しかし、高齢者がペットと触れ合うことでリラックスやリハビリ補助、コミュニケーション活発化、責任感の醸成などの良い効果が得られます。
遺品整理について考える遺品整理については考えたけど具体的に行動に移せてない人が多いです。混乱を避けるため亡くなる前の整理が重要で、それが「終活」です。終活と言えば孤独死の報道などから約10年前から注目され始め、現在遺品整理はビジネス化して業者も増えています。物を見直すのは体力があるうちが望ましく、ゴミ出しは手助けが必要だけど仕分けは自分でできます。
リタイア後セカンドライフとしての海外移住は現実的なのだろうか?リタイア後のセカンドライフとして「早期リタイア」や「海外移住」が増えているが、どのように過ごしたいかは個々による。海外移住は魅力的だが現実的には難しいと考える人もいる。調査では、「移住に憧れる」と回答した人が半数程で、残り半数は「生まれ育った街で暮らしたい」などの理由で移住を望まない。
健康で長生きするなら「外出」がポイント健康長寿を望む人々へのアドバイスとして、外出の重要性が強調されています。報告によれば、健康な人の約8割がほとんど毎日外出しており、人とのコミュニケーションを増やし、身体機能を活用することが健康に役立つことが示されています。また、趣味が外出を伴うものであるほど、健康維持に繋がるとされています。
おひとりさま終活~その3「人生100年時代」の言葉は、厚生労働省の発表によるもので、2007年以降の日本人の平均寿命が107年以上になる可能性を示しています。そのため、「人生80年・90年時代」から「100年時代」への視野が必要とされています。「おひとりさま終活」もこの世代の重要なテーマで、そのメリットとして孤独死のリスクを減らすこと、金銭問題を事前に解決できること、葬式やお墓の準備ができることが挙げられます。
おひとりさま終活~その2人生100年時代で増える「おひとりさま」の終活の考え方を解説。厚生労働省のデータによると、2035年頃には50歳未婚者が男性3割、女性2割に及び、熟年離婚者も加わると「おひとりさま」終活が増える一方。独身や身寄りのない人にとっても、「自分らしく幸せな最期を迎えるための活動」が終活の意味。終活には遺書・身辺整理・財産整理が必要。
おひとりさま終活〜その1「おひとりさま終活」とは、一人で自身の死後の整理や遺産整理を行う終活のことで、2040年には単身世帯が全体の40%を占めると予測されています。これは独身者、離婚や死別者、親族と疎遠な者、子供に頼りたくない者、退職者などが自身の最期を自立して対凡するもので、健康面のリスクが指摘されています。
なぜ、何も決められない高齢者が生まれてしまうのか高齢者が自分の意志で物事を決めることができない理由と対策について考察する。高齢者のうつ病の症状には「物事を決められない」があり、これは意思決定を他人に任せることに起因する場合が多い。しかし、認知症の高齢者に服を決められてしまう状況など、意思決定の機会を奪う場合も存在する。
電車で席を譲るのは「年寄り扱い」なのか「席を譲る行為は年寄り扱いになる」という理由から、電車で高齢者に席を譲る行為が減少しているとの事。しかしその行為がなくなると、元々席が必要な高齢者が困る。席を譲る側の意図は全く侮蔑するものではないため、解釈を広げすぎる高齢者側に問題があると指摘されている。
実は私より運動をしてる高齢者の方が多い?フィットネスジムに通う高齢者コロナの影響で車通勤を始め、歩くことが減ったため、体力の衰えに気付いた。一方で、同居する祖父母はほぼ毎日ジムに通い、運動を続けている。高齢者の運動に興味を持ち調査をすると、年齢が上がるほど週3日以上スポーツを楽しむ人の割合が増えていることがわかった。
シニア採用?定年退職がなくなる日までのタイムリミットを考察してみた地元で見かける高齢者たちが働いている事、特に60代以上の人が駐輪場やコンビニで働いているのに疑問を感じ、その理由を探る。高齢者が再就職を選ぶのか、定年退職という制度自体が必要かを考える。その上、定年が60歳から65歳に引き上げられており、最長で70歳まで延長可能なシステムも始まっており、今後の高齢者の働き方が更に活発になることが予想される。
片付けができない高齢者!?買うよりも捨てる方が大変最近千葉の房総半島にある親戚を訪れ、近所を散歩した際、多くの家で生活品が余剰にある様子に気づきました。この地域では高齢者が多く、物の適切な処理が行われていない可能性があると思い、高齢者とゴミ問題について調査しました。認知症が進行すると片付けが出来なくなり、ゴミ屋敷化するケースが増えています。
人生100年時代。そんな長生きしたくない!?シニア世代のリアルな声「人生100年時代」という言葉がよく聞かれる現代、日本人の平均寿命は医療の進歩によって伸びています。しかし、長生きが必ずしも良いとは限らない。認知症や介護が必要になるなど予想外の事態もあり、その意識についてアンケートが行われました。
介護×農業!?予防介護やリハビリに農作業はおすすめな訳とは!ラジオで「農福連携」という言葉を聞き、調べてみたところ、障害者や高齢者でも参加できる農作業を通じて、働き手不足解消の可能性があるという取り組みだとわかった。介護予防にも繋がるこの取り組みは国や自治体が支援しており、現に農業で働いている人の68%は65歳以上であることから、農福連携の意義と可能性が見える。
長生きの秘訣は「食」だった!?バランスの良い食事をとれてますか?約100年前、平均寿命30歳台だった日本が世界一の長寿国へと成長したきっかけは、食生活の変化です。かつての穀物中心の食事から、動物性食品を併せて食べる生活への変化が寿命に大きく影響したと考えられています。しかし、2040年には日本が長寿国の座をスペインに譲る可能性があり、スペイン長寿の要因には地中海料理が影響しているとされています。
どうせ使いこなせない!?高齢者こそスマホやインターネットを活用するべき私はインテリアショップ電話窓口で、商品の問い合わせや営業時間の確認などの相談を受けている。先日、高齢者からの一件でデジタル格差が身近に存在することを再認識した。彼女は待ち時間が長いことに不満を述べ、ホームページでは情報が見つけられなかったと指摘。高齢者がインターネットを上手く活用できず、簡単に情報を得られない現状を感じた。
家事は女性の仕事?男性の高齢者が家事を全然してない問題について先日テレビのSDGs特集で、「ジェンダー平等」についての課題が取り上げられていた。共働きの家庭で家事育児に悩む例として、保育士とドライバーの夫婦が登場。誰が保育士で誰がドライバーかは明示されていないにも関わらず、多くの人が自己のイメージにで職業を決めつけることが指摘された。
良かれと思ったアドバイス、度が過ぎていませんか?シニア世代に多いクレーマークレーマーに遭遇した経験のある接客業の人たちへ、クレーマーの特徴を知り防御する情報を伝えようとしています。調査結果から、クレームを出す年代は50代が最も多いとのことです。
お節介な近所のおばあちゃん。親切とお節介の境目について考えてみた休日の早朝におばあさんのインターホンで起こされた経験から、親切とお節介の違いと境界について考えるようになった。親切は相手のためを思う行動だが、お節介は自己の意向が強く出た行動だという。アンケート結果によると、ご近所トラブルの第一位は騒音だが、続いてお節介が多いという。
子どもに優しくなれない高齢者たち赤ちゃんの声を聞くと心が和むと老夫婦が話したが、同時に子どもが嫌いな高齢者もいることが語られた。一部地域では、球技の音が耳障りとしてお年寄りからの苦情が出ている。また、保育園建設反対運動に高齢者が多く参加しているという事例も観察される。これは老化による「先鋭化」と言われ、怒りなどの感情をコントロールする前頭葉が加齢により衰えるためかもしれない。
映画マイインターンは現実になり得るか2015年公開の映画「マイ・インターン」は70歳のシニアがCEOのアシスタントとなる物語。数年後の今、シニアインターン制度が現実のものとなってきている。大手企業が60代以上のシニア世代を雇いたいと考え、彼らの持つスキルや専門知識、人脈を評価している。また、65歳以上で働きたいと考える人が増えており、その中でもパートやアルバイトが希望の雇用形態であることが多い。
一生学ぶ時代の到来 〜「学び」は幸福感をも生み出す?インターネットやスマートフォンの普及により、情報のスピードが加速し、生涯学び続ける時代が到来した。20年間でスマートフォンの普及率が20倍に増え、情報飽和の現代になった。これに対応するためには、過去の知識を更新し続け、一生学ぶ姿勢が重要になってくる。大人も成長を続けることが可能で、「学ぶこと」の重要性が増している。
待てないお年寄り、自分の思いをぶつけるのはなぜ? 〜気持ちよくかかわっていくために先日、郵便局で70代の女性が局員に詰め寄っている場面を見た。その女性は理由もなく急ぎたそうに見えたが、少々怒りすぎていると感じた。しかし、その怒りには様々な背景があることを理解し、認知症や老化の影響、また今の高齢者が「お客様は神様」の世代で「マニュアル接客」に適応できない可能性を考えてみた。世代間の理解と共感が必要だと思った。
周囲との交流の変化 〜終活の流れを受けて先日、ファーストフード店で手紙を書いているおばあさんを見て、気持ちがほっこりした。今は瞬時につながれるメールやSNSが便利だが、手紙を書く独自のワクワク感やあたたかみもある。しかし、高齢者もデジタル化に適応しており、LINEが普及している。また、終活の一環として「年賀状じまい」をする人が増えてきた。
シニア層はどこで服を買う? いくつになってもおしゃれを楽しみたい50代の母は80代の施設生活中の祖母の服を買うのに悩んでいる。祖母は服のデザインや色にこだわりが強い一方、母もおしゃれが好きでシンプルな服では満足できない。母は主にユニクロやしまむらで買い物しているが、選択肢が少ないと感じている。高齢者のファッション需要が高まり、ここ数年で50代~60代向けのファッション雑誌の創刊が増えている。
「物が捨てられない……」ー高齢者が物を整理するコツ記事は、物を片付けることが難しい祖母について述べています。私の祖母の家は物でいっぱいで、しばしば壊れていたり汚れていたりするものが与えられます。大人になった今、物を捨てられず、整頓が苦手だったのだと思うと、その原因は年齢や病気だけでなく、心理的な理由や「もったいない」という意識もあると考えられます。
メールアドレスもパスワードもわからない!?それってプライバシーは大丈夫?近年、スマートフォンや電子システムなどのデジタル化が進む一方で、高齢者の間ではデジタル情報についていけず、プライバシーが侵害される可能性をはらんでいるという課題があります。デジタル庁などがデジタル格差を解消しようと各種取り組みを行っていますが、まだまだ対応が必要と考えられます。
媒体資料ダウンロード
PAGE TOP