モール型ECサイトとは? 自社ECとの違いもご紹介 | シニアド

モール型ECサイトとは? 自社ECとの違いもご紹介
WEB広告の基礎知識 2022.10.26

モール型ECサイトとは? 自社ECとの違いもご紹介

インターネット上で商品を販売しようと考えたとき、どのように売るかをまず考えますよね。このようにネットショップを始める際に、ECサイトをどうするかは出店担当の最初の課題ともいえます。

このECサイトには、「モール型ECサイト」と「自社ECサイト」の2種類があります。

はじめてネットショップ事業をはじめる方にとって、「どちらが良いか」「モール型の場合はどのように選べば良いのか」などは悩みどころだと思います。

そこで今回の記事では、モール型ECサイトと自社ECサイトのどちらにすべきか、自社ECサイトとの違いやモール型ECサイトのメリット・デメリットをご紹介します。

ぜひ、ECサイト構築の参考にしてください。

目次

  1. モール型ECサイトと自社ECサイトの違いについて
  2. ECサイトとは
  3. モール型ECサイトと自社ECサイトの違い
  4. モール型ECサイトのメリット・デメリット
  5. モール型ECサイトの選び方
  6. まとめ|シニア向けECサイトには「ふるさとモール」がおすすめ

1. モール型ECサイトと自社ECサイトの違いについて

ショッピングカート

ネットショップといえば、Amazonや楽天市場をイメージする方が多いでしょう。

これらは「モール型ECサイト」と呼ばれるサービスです。

まずは、この「モール型ECサイト」の特徴をお伝えしていきます。

あわせて自社サイトとの違いにもふれていくので、サイト構築を検討している方はぜひ参考にしてください。

2. ECサイトとは

そもそも「ECサイトとは何か」についておさらいしましょう。

ECサイトとは、Eコマース(E-Commerce)のサービスを提供するWebサイトを意味します。Eコマースとは、インターネット上で行われる商品やサービスの売買の通称です。

つまり、ECサイトとは「インターネットを使った商品やサービスの販売サイト」と理解しておけば問題ありません。

ECサイトは、「モール型ECサイト」と「自社ECサイト」の2種類に分けることができます。モール型ECサイトとは、前述した通りAmazonや楽天市場といったモール(商店街)に出店するサイトのことです。

一方、自社サイトとはその名の通り自社で構築したサイトを意味します。

自社サイトの場合、ゼロから作り上げるケースやECサイト構築ツールなどを活用して作成するなど、構築方法はさまざまです。

3. モール型ECサイトと自社ECサイトの違い

モール型ECサイトと自社ECサイトの定義に基づくと、これらの違いは次のようにまとめることができます。

モール型ECサイト

インターネット上に構築されているモールプラットフォームに出店しているWebサイト

自社ECサイト

インターネット上の住所にあたる独自のドメインで出店しているWebサイト

モール型ECサイトをショッピングセンター、自社ECサイトを路面に出店するとイメージすれば違いがわかりやすくなります

 モール型ECサイト自社ECサイト
出店場所ショッピングセンター路 面
住 所ショッピングセンターの住所で店名のみ持てる独自の住所(ドメイン)

4. モール型ECサイトのメリット・デメリット

広告制作

モール型ECサイトの定義をふまえて、ここからはメリット・デメリットを紹介していきます。自社の事業状況と照らし合わせながら、チェックしてみてください。

メリット

モール型ECサイトのメリットは大きく3つです。

1. 信頼度が高い

モール型ECサイトはCMなどで目にすることがある通り知名度があります。

そのため、買い手にとっては信頼感を持ちやすいです。

インターネット上での通販やネットショッピングは、サイトのセキュリティや個人情報漏洩など多くの不安が伴うため、安心や信頼は非常に重要なポイント。

知名度がある大手のモール型ECサイトに出店することで、消費者にとっては最初から安心して利用してもらえるでしょう。

2. 集客力がある

集客力があるのもモール型ECサイトのメリットといえます。

知名度のあるモールで商売をはじめるということは、既にたくさんの人が集まっているショッピングセンターに出店するようなものです。

モール型ECサイトそのものの知名度が高く、すでに多くのユーザーを抱えているため、自社の商品が消費者の目に留まりやすくなるでしょう。

3. 出店が比較的容易である

すでにあるプラットフォームを活用できるので、出店が比較的容易であることもモール型ECサイトのメリットです。

WEB制作初心者の方であれば、ECサイト構築を学ぶところから始めなければなりません。一方で、モール型ECサイトは用意されたフォーマットに従って登録を進めていけば自社のお店を開設することができます。

また、モール自体がCMを出稿したり、セールなどの販促活動も行ってくれるサービスも自社には嬉しいポイントです。

デメリット

続いてはモール型ECサイトのデメリットを2つご紹介します。

1. 利益率の確保が難しい

モール型ECサイトには、出店料や決済などさまざまな手数料を払わなくてはなりません。

また、モール内には競合他社が多数存在しているため、似たような商品やサービスでは価格競争も起こりやすいです。

その結果、自社の商品を販売するために価格を下げることになり、利益率の確保が難しくなってしまいます。

活用を検討する際にはしっかり必要コストを確認しましょう。

2. ブランド認知が乏しい

モール型ECサイトはモールそのものの知名度が高いため、買い手にとっては「どこのブランドだったか」「店名は何だったか」というブランドイメージが残りにくいです。

たとえば、楽天市場で買い物をした際に、「楽天で買った」と言ったことはあっても、「どこどこのお店で買った」と言うことは少ない印象はありませんか?

このように、モール内での自社のブランド力での訴求は難しいというデメリットがある点も覚えておきましょう。

5. モール型ECサイトの選び方

自社の商品販路を拡大するのであれば、ユーザー数の多い大手モール型ECサイトにはぜひ出店しておきたいですよね。

しかしながら、商品を届けたいターゲットが利用しているECサイトかどうかは重要なポイントです。

たとえば、シニア向けアパレル商材を販売したい場合、ターゲット層がF1層(10代~30代の女性若者)向けのQoo10やSHOP LISTに出店しても、効果は期待できないでしょう。

その場合は、60代以上のシニア層が利用者数が多い楽天市場やAmazonなどから検討するのが賢明です。

webサイトランキング

出典:2021年 年代別Webサイト訪問者数ランキング

このように、インターネット上に数多く存在するモール型ECサイトを検討する際には、集客力だけでなく、ターゲット層の利用率の高さも事前に調査することが重要です。

6. まとめ|シニア向けECサイトには「ふるさとモール」がおすすめ

今回の記事ではモール型と自社構築のECサイトのメリットデメリット、モール型の場合の選び方をご紹介してきました。

大手モールに出店するメリットもありますが、シニア層をターゲットにするのであれば、より親和性の高い「ふるさとモール」がおすすめです。

また、サイトオープン時から、50歳以上かつ5万人以上が登録する「おしるこ」からの集客経路も確保されており、多くのシニアにアプローチできます。

商品の出品作業も「おしるこ」が代行しますので、ぜひご検討ください。

資料ダウンロードはこちら

RECOMMENDあなたにオススメの記事

ECサイトはどうやって作る?構築方法や費用・運用イメージをご紹介!

ECサイトはどうやって作る?構築方法や費用・運用イメージをご紹介!

店舗での販売だけでなく、楽天やYahoo!ショッピングのようなECサイトで自社の商品を拡販している…

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

歴史上の人物たちから学ぶ、新たな視点と生きるためのヒント 11-前編 2022年のNHK大河…

シニアの就業に対する意識は?シニアの就業率も含め具体的に解説!

シニアの就業に対する意識は?シニアの就業率も含め具体的に解説!

高齢者の就業率は、年々増加しています。要因にはさまざまなものが挙げられますが、実際にシニアが就業に…

シニアが通う大学とは?通い方や目的、主な学習内容を解説

シニアが通う大学とは?通い方や目的、主な学習内容を解説

現代において、シニアの「学び直し」需要が高まっています。シニアの学び直しは「リカレント教育」とも呼…

ECサイトとは?基本情報や始め方をご紹介!

ECサイトとは?基本情報や始め方をご紹介!

ECサイトとは「インターネット上のモノやサービスの販売サイト」のことです。 新型コロナウイル…

媒体資料ダウンロード
PAGE TOP