SNS広告成功の鍵!効果指標と最適な測定方法をご紹介 | シニアド

SNS広告成功の鍵!効果指標と最適な測定方法をご紹介
WEB広告の基礎知識 投稿日:

SNS広告成功の鍵!効果指標と最適な測定方法をご紹介

SNS広告はオンラインビジネスにおいて、極めて強力なマーケティング手法です。しかし、その効果を正確に評価することは容易ではありません。

CTR(クリック率)やコンバージョン率など様々な指標が存在し、それぞれのSNSプラットフォーム特有の測定方法があります。

これらの指標を理解し、適切に活用することは自社のサービスや商品のプロモーションに不可欠です。

今回の記事では、SNS広告の効果検証の手法や指標を明確に解説し、その理解を深めるための手順やポイントをご紹介します。

目次

  1. SNS広告の効果指標とは
  2. SNSごとの効果測定指標
  3. 効果測定の手順
  4. まとめ|シニアに効果的なSNS広告なら「おしるこ」

1. SNS広告の効果指標とは

SNS iPhone

SNS広告を実施した結果を分析するためには、適切な指標の理解が不可欠です。

なぜなら、やみくもに広告配信をしても自社の売上にどのような影響があったのかわからないまま、予算を消化することになるためです。

具体的に広告キャンペーンの効果を評価するためには、認知、誘導、獲得という3つの指標が重要な役割を果たします。

まずは、それぞれの指標がSNS広告の効果評価にどのように関与するかを解説します。

1.認知

認知指標とは、SNS広告がどれだけ多くのユーザーに見られ、認識されたかを示します。主な認知指標は次の通りです。

インプレッション数:広告が表示された回数を示します。これは広告がユーザーの検索結果やタイムラインに表示された回数をカウントします。

リーチ広告がユーザーにどれだけ届いたかを示します。ユニークユーザー数をカウントすることで、広告がどれだけ多くのユーザーに届いたかを測定します。

視聴数:動画広告を視聴した回数を示し、特定の期間内に広告を見たユーザーの数をカウントします。

インプレッションシェア:広告市場で特定の広告の露出率を示します。特定の業界やカテゴリーで自社の広告がどれだけ目立っているかを示す指標です。

これらの指標は、自社で配信した広告がどれだけの見込客にアプローチできたか測定するために用いられます。認知指標の分析によって、広告の知名度や露出度を理解し、マーケティング戦略や広告の改善に活かすことが可能です。

2.誘導指標

誘導指標とはユーザーが広告に対してどのような反応を示したかを示すものです。これは、ユーザーが広告に対して行動を起こす段階を示し、次のステップにつながる可能性があります。代表的な誘導指標には以下のようなものがあります。

クリック率(CTR):広告が表示された回数に対して、実際にクリックされた割合です。高ければ高いほど、ユーザーが興味を持ってクリックしたことがわかります。

エンゲージメント:ユーザーが広告に対してどれだけ関与したかを示します。リツイート、シェア、コメント、いいねなどのソーシャルメディア上での行動が代表的で、ユーザーと企業の関係構築を測る指標です。

コンバージョン率(CVR):商品を購入したり、登録フォームを入力したりするなど、企業が目標とする行動の達成率を表します。

これらの指標は、広告がユーザーにどの程度の関心を引き起こし、彼らの行動にどのような影響を与えたかを把握するのに役立ちます。

獲得指標

獲得指標とは、広告が求める目標や成果を実際に達成したかどうかを示します。これは、広告がユーザーに対して期待する具体的な行動や成果を評価するための指標です。主な獲得指標には以下のようなものがあります。

購入数:広告を通じて商品やサービスを購入したユーザーの数を示します。特定の広告を経由して商品を購入したユーザー数を測定します。

登録数:広告を通じて会員登録したユーザーや、資料請求をするためにアカウントを登録したユーザーの数を示します。

リード獲得 広告を通じて新しい見込み顧客を獲得した数を示します。例えば、問い合わせフォームの記入や無料トライアルの申し込みなどがあげられます。

フォロワー増加数:SNS上でのフォロワー数の増加を示します。広告を通じてアカウントに好意的な気持ちを持ち、ファンとなった数ともいえます。

獲得指標を分析することで、広告がどれほどのユーザーに受け入れられ、顧客獲得に貢献したかを把握することができます。また、目標達成した施策は今後のキャンペーンの事例としても有効です。

2. SNSごとの効果測定指標

効果測定指標は、各SNSプラットフォームにおける特性や提供する広告形式によって異なります。そのため、キャンペーンの目的やターゲットに合わせて最適な指標を選択することが重要です。

ここでは代表的なSNSで用いられる効果測定指標をまとめます。

Facebook

インプレッション数:広告が表示された回数

リーチ:広告が届いたユニークユーザー数

CTR:広告をクリックしたユーザーの割合

コンバージョン率:特定の目標やアクションを実施したユーザーの割合

Instagram

エンゲージメント:いいね数やコメント数など、ユーザーが広告に関与した数

CTR:広告をクリックしたユーザーの割合

フォロワー獲得数:広告を通じて増えたフォロワー数

X(旧Twitter)

エンゲージメント:ポストへのいいねやリポスト、返信などユーザーが広告に関与した数

リーチ:広告が届いたユニークユーザー数

CTR:広告をクリックしたユーザーの割合

TikTok

ビュー数:広告がユーザーに見られた回数

エンゲージメント:広告に対するコメント数やシェア数などユーザーが関与した数

動画視聴数:平均的にどのくらい見られてるいるか、フルで視聴したユーザーはどのくらいいるかを測る数

3. 効果測定の3つの手順

SNS広告の効果を測定することは、オンラインビジネスにおける成功への近道です。

しかし、その手法やプロセスは初心者にとっては複雑に見えるかもしれません。

そこで最後に、効果測定の基本的な手順をご紹介します。

データを分析して改善点を見つけ出すという基本的なステップを踏むことで、効果的な広告キャンペーンの実現につながるのでしっかりおさえておきましょう。

また、費用対効果を高めるためのポイントについては次の記事で解説しています。ぜひご覧ください。

1.目的に応じて見るべき指標(KPI)を設定する

まず、効果測定を始める際に重要なのは目的設定です。

広告キャンペーンの目的に応じて、適切な指標(KPI)を選定してください。

例えば、目的が売上向上であれば、購入数や売上金額を重視することになります。その後、測定するための基準となる具体的な数値を決めます。

2.測定ツールを導入する

次に、測定するための環境を整えましょう。

具体的には、Googleアナリティクスやアドエビス(AD EBiS)などのツール導入が一般的です。効果を正確に測定するためにはこのようなツールやプラットフォームを導入し、データを収集・分析できる状態にすることが必要です。

また、多くのSNSプラットフォームは独自の分析ツールを提供しているので有効活用してください。

3.配信結果を分析する

広告を配信した後は、収集されたデータを分析しましょう。

キャンペーンの効果や成果を評価し、目標に対する進捗を確認しなければ、配信した広告の効果がどうだったのかわかりません。

そのため、分析結果をもとに改善点や問題点を把握し、次回のキャンペーンを改善していくことが重要です。

4. まとめ|シニアに効果的なSNS広告なら「おしるこ」

おしるこ」は50歳以上のユーザーをターゲットにしているので、シニア層に特化したコンテンツや広告を展開することができます。

また、広告の制作から運用まで一括でサポートするため、初めてSNS広告を実施するという企業さまも安心です。

SNS広告の運用に自信がない方やSNSぜひ「おしるこ」をお試しください。

SNS広告のデメリットから導き出す!SNS広告出稿成功のカギ

SNS広告のデメリットから導き出す!SNS広告出稿成功のカギ

平成から令和に突入して5年以上が経ち、どんな世代の人もSNSを使いこなすようになりました。 …

【2024年度最新版】人気SNS一覧|シニア向けSNSを紹介

【2024年度最新版】人気SNS一覧|シニア向けSNSを紹介

現在、SNSを含むソーシャルメディアを利用している人は増加傾向にあり、2027年には1億1,300…

ワーキングシニア増加の背景は?ワーキングシニアの意識とマーケティングについて解説

ワーキングシニア増加の背景は?ワーキングシニアの意識とマーケティングについて解説

ワーキングシニアとは、言葉の通り働いている60歳以上の働いているシニア世代のことです。 高齢…

ポスト団塊ジュニアの特徴は?時代背景や消費傾向を解説

ポスト団塊ジュニアの特徴は?時代背景や消費傾向を解説

団塊世代やゆとり世代など、日本では世代によって名称がつけられ、時代背景も基づく特徴がまとめられます…

SNSのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げるポイントを理解しよう

SNSのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げるポイントを理解しよう

企業でSNSを運用していると、時折耳にする「エンゲージメント」という言葉。 あなたは、この「…

媒体資料ダウンロード この記事を応援する
PAGE TOP