シニアへの広告戦略を発信 シニアド

SNS広告のおすすめはこの4選(Instagram、Facebook、LINE、Twitter)特徴や費用まとめ
WEB広告の基礎知識 2021.10.04

SNS広告のおすすめはこの4選(Instagram、Facebook、LINE、Twitter)特徴や費用まとめ

SNS広告出稿を検討しているけれど

  • どのSNS広告に出稿すればいいかわからない
  • SNS広告のそれぞれの違いがわからない

といったお悩みをお持ちの方へ。

おすすめのSNS広告を4つご紹介させていただきます。

各SNS広告についての特徴や料金、ターゲットの年代に合わせてどのSNS広告を使うのが最適なのかもお伝えできればと思うので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

1.SNS広告とは何か?各SNS広告でターゲティングできる年代は?

2.おすすめのSNS広告① Instagram(特徴や費用まとめ)

3.おすすめのSNS広告② Facebook(特徴や費用まとめ)

4.おすすめのSNS広告③ LINE(特徴や費用まとめ)

5.おすすめのSNS広告④ Twitter(特徴や費用まとめ) 

6.【番外編】シニア向けのSNS広告には「おしるこ」がおすすめ!

1.SNS広告とは何か?各SNS広告でターゲティングできる年代は?

SNSアイコン

そもそも、SNS広告とはなんなのでしょうか?

簡単に説明させていただくと、LINEやTwitter、InstagramなどのSNSに配信される広告のことを指します。
よく、Instagramのストーリーを見ていたりすると、途中で広告が流れてきますよね?
LINEでニュースやタイムラインを見ていると広告がでてきます。
こういった広告が、全てSNS広告と呼ばれるものです。

今多くの方が利用するSNSを通じて自社商品の広告を流すことができれば、多くの目に留まり認知度がUPします。
現在は多種多様な企業がユーザー認知を期待しSNS広告へ出稿を加速させています。

各SNSは利用者の年齢層が異なります。それぞれのSNSを利用している年代は、

  • Instagram:10代〜30代
  • Facebook:30代〜40代
  • LINE:10代〜50代
  • Twitter:10代〜30代

に分けられます。

こうしてみると、やはり比較的若い層に使われているサービスが多いですよね。
LINEだけは10代〜50代と幅広い年齢層に使われています。
ですので、SNS広告を出す際は、ターゲット(商品ユーザー)の年齢層を明確にした上で、どのSNS広告で広告を出すかが重要だと言えます。

では、各SNS広告の特徴や費用などを順番に紹介させていただきます。

2.おすすめのSNS広告① Instagram(特徴や費用まとめ)

インスタグラムアイコン

まずは、Instagram広告について特徴や費用などをご紹介させていただきます。

【Instagram広告の特徴】

①推定ユーザー数:3300万人
②タイムラインやストーリーに画像や動画の広告を出稿できる。
③Facebookと同じアルゴリズムを使った精度の高いターゲティングが可能
④広告の種類は、ストーリーズ広告、写真広告、動画広告、カルーセル広告、コレクション広告、発見タグ広告の6種類

Instagramは男性よりも女性のユーザーの方がやや多いので、女性向けの広告が有効的だと思います。

【Instagram広告の課金方法】

Instagramの課金方法は下記の4種類です。

①CPM(インプレッション単価)課金:広告が1000回表示されるたびに課金
②CPC(クリック単価)課金:広告がクリックされるたびに課金
③CPI(インストール単価)課金:アプリがインストールされるたびに課金
④CPV(広告視聴単価)課金:動画が10秒以上再生されるたびに課金

Instagram広告は100円という低単価から出稿できるのもメリットです。
ただ、100円だけだとなかなか効果が見込めないので、最低でも1日1000円以上あるのが望ましいと言われています。なので月30000円以上が相場ですね。

3.おすすめのSNS広告② Facebook(特徴や費用まとめ)

facebookアイコン

続いて、Facebook広告について特徴や費用などを簡単にご紹介させていただきます。

【Facebook広告の特徴】

①推定ユーザー数:2600万人
②実名登録者が多いので詳細なターゲティングが可能
③30代〜50代と利用者の年齢層は高く、ビジネスマンへのアプローチが有効的
④広告の種類は、キャンパス広告、写真広告、動画広告、カルーセル広告、スライドショー広告などをメインに11種類と豊富。

Facebookは性別、年齢、住所などの個人情報を細かく登録できるので、広告配信をするときにそのデータを有効活用できます。

【Facebook広告の課金方法】

Facebookの課金方法に関しては下記の2種類です。

①CPM(インプレッション単価)課金:1000回表示されるたびに課金される仕組み
②CPC(クリック単価)課金:広告がクリックされるたびに課金される仕組み

Facebook広告に関しても、Instagram広告と同じで100円から出稿は可能です。
ただ、やはり100円だとあまり効果は見込めないので、1日1000円以上が相場だと言われています。

4.おすすめのSNS広告③ LINE(特徴や費用まとめ)

LINEのアイコン

続いて、LINE広告について特徴や費用などをご紹介させていただきます。

【LINE広告の特徴】

①推定ユーザー数:8800万人
SNS広告の中でユーザー数が一番多い(日本国内)
③ユーザーの住んでいる地域・性別・年齢などでターゲットを指定できる
④配信面がかなり豊富(トークリスト、LINEニュース、タイムライン、LINEマンガ、ウォレットなど)

LINEはなんといっても、日本ではSNSの中で一番使われているサービスですので、多くの方にアプローチでき費用対効果が見込めやすいです。
また、LINEのサービスが豊富なため、配信面が豊富な点もおすすめポイントですね。

【LINE広告の課金方法】

①CPM(インプレッション単価)課金:1000回表示されるたびに課金される仕組み、最低入札価格24円〜
②CPC(クリック単価)課金:広告がクリックされるたびに課金される仕組み、最低入札価格200円〜

LINE広告は、最低出稿価格が設けられていません。
LINE株式会社は月に30万円の予算で広告出稿を3ヶ月続けることを推奨しているので、相場的には月30万円が最適かと思います。

5.おすすめのSNS広告④ Twitter(特徴や費用まとめ) 

Twtterアイコン

最後に、Twitter広告について特徴や費用などをご紹介させていただきます。

【Twitter広告の特徴】

①推定ユーザー数:4500万人
②SNSの中で唯一リツイート機能があるため、高い拡散性が期待できる
③配信方法はプロモツイート、プロモアカウント、プロモトレンドの3種類
④特定のアカウントをフォローしているユーザーを絞り込めるので、興味関心などでターゲットを絞り込める

Twitter広告の特徴はやはり、リツイート機能がある点ですね。
ユーザーからユーザーへの二次拡散が期待できるSNSでもあります。

【Twitter広告の課金方法】

Twitter広告の課金方法は下記の6つになります。

①CPM(インプレッション)課金:広告の表示数で課金
②CPE(エンゲージメント)課金:エンゲージメント(返信・リツイート・いいね)数で課金
③フォロワー獲得あたりの課金:アカウントがフォローされたときに課金
④ウェブサイトのリンククリック数による課金:広告に記載したリンクがクリックされるごとに課金
⑤アプリのインストール数、起動回数あたりの課金:アプリのインストール数やアプリの起動回数で課金
⑥動画再生あたりの課金:動画の50%以上が画面に表示された状態で2秒経過した時、もしくは動画の拡大表示またはミュート解除の操作を行った場合に課金。

Twitterは最低出稿金額が決まっていません。
ですが、やはり毎月の相場は30000円以上だと言われています。

各SNSの課金形態別の費用相場はこちらで詳しく解説しています。

SNS広告の費用の相場がわかる!課金形態や特徴の比較から活用方法まで

6.【番外編】シニア向けのSNS広告には「おしるこ」がおすすめ!

ここまで説明させていただいたSNS広告は10代〜40代の若年層がメインターゲットでした。
ですので50代以上のシニア層向けのSNS広告はあまりないのです。

では、シニア層向けのSNS広告を出したいときにはどうすればいいのでしょうか?
そこで、ズバリおすすめなのが、シニア向けのSNSサービス「おしるこ」です。

おしることは、本人確認済みの50歳以上の方だけが、匿名で利用可能なSNSアプリです。

簡単におしるこの特徴をご紹介させていただきます。

【シニア向けSNSサービスおしるこの特徴】

①会員数は、39772人(2021年6月30日現在)
②タイムライン式「日記機能」や、グループチャット機能、個別チャット機能などシニア層が楽しめる機能満載
③出稿サービスは体験型(商品/サービス体験、オンラインサービス掲載)と広告型(PR動画掲載、記事作成タイアップ)の2種類
④類似シニア向けサービスよりも、広告出稿費用が安い

50歳以上というとニッチな層に聞こえますが、日本の人口の半分は50歳以上
さらにスマホの利用率も50代が約90%、60代が約75%と着実に広がり、50歳以上のユーザーがSNSを日常に使うことはすでに珍しくなくなっているのが現状です。

今後シニアに広がっていくことは間違いないこのサービス。競合が広告枠にひしめく前に出稿を検討することで有意なポジションを獲得できるかもしれません。

>>「おしるこ」の広告活用事例はこちら

RECOMMENDあなたにオススメの記事

コロナ禍で体力不足の高齢者が続出。体の不調に合わせたフィットネスマーケティング

コロナ禍で体力不足の高齢者が続出。体の不調に合わせたフィットネスマーケティング

コロナ禍による外出自粛が原因で、体力不足の高齢者が多くなっています。 健康であっても、2週間…

SNS広告の種類とは?若者からシニアまで、ターゲットに合わせたおすすめを紹介

SNS広告の種類とは?若者からシニアまで、ターゲットに合わせたおすすめを紹介

SNS広告の出稿をしようとしても、どのSNSでどんな種類の広告を出せばよいのかお悩みではないでしょ…

シニアに刺さるチラシ広告作成のコツとは?ポイントをご紹介

シニアに刺さるチラシ広告作成のコツとは?ポイントをご紹介

シニアに向けた商品やサービスをお考えの方で多くの方が悩まれているのは、シニアにはどのような広告で訴…

【アクティブシニア向け広告】SNSを活用した広告方法をご紹介

【アクティブシニア向け広告】SNSを活用した広告方法をご紹介

アクティブシニアをターゲットにした広告方法を探していませんか? もしお探しであれば、広告を検…

eスポーツがシニアに与える可能性

eスポーツがシニアに与える可能性

最近では世界大会の開催や高額な賞金の用意などで、eスポーツの世界は注目を集めています。eスポーツは…

この記事を読めば「シニア」がわかる!「シニア」層へのアプローチの第一歩

この記事を読めば「シニア」がわかる!「シニア」層へのアプローチの第一歩

「シニア」という言葉はよく聞きますが、シニアの定義はご存知でしょうか? この記事を読めば、「…

【シニア向け広告】シニア層に届くプロモーション方法とは?最適なアプローチと広告の種類をご紹介

【シニア向け広告】シニア層に届くプロモーション方法とは?最適なアプローチと広告の種類をご紹介

少子高齢化が著しい日本においてシニアと呼ばれる層の人口は、増加の一途をたどっています。そのため、シ…

「シニア」の意味とは?何歳からのことなのか

「シニア」の意味とは?何歳からのことなのか

「シニア」という言葉はよく耳にしますが、一体何歳からなのでしょうか? シニアを対象としたビジ…

媒体資料ダウンロード
PAGE TOP