おすすめコミュニティサイト一覧!【ユーザー・ジャンル・目的別に紹介】 | シニアド

おすすめコミュニティサイト一覧!【ユーザー・ジャンル・目的別に紹介】
シニアのネット集客 2021.12.14

おすすめコミュニティサイト一覧!【ユーザー・ジャンル・目的別に紹介】

さまざまなSNSが登場している現代において、

TwitterやFacebookでのつながりが窮屈に感じる
現在使用しているSNSは飽きてしまった
もっと自分の趣味に特化したSNSで人とつながりたい

という悩みを抱えている人が増えています。

そこで、この記事ではさまざまなSNSをジャンル・ユーザー・目的別に紹介します。

SNS別にユーザーやサービスの特徴も解説。この記事を読むことで「自社の商品・サービスのPRはどのSNSで向いているか」といったポイントも確認できます。

自社サービス・商品のターゲット層に効率よくアプローチするためにも、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. 有名コミュニティサイト3選
  2. 動画メインのコミュニティサイト4選
  3. チャット・他人との交流(コミュニケーション)がメインのサイト3選
  4. ライブ配信メインのコミュニティサイト3選
  5. シニア向けのコミュニティサイト3選
  6. 一般的なコミュニティサイトへの登録方法
  7. 各コミュニティサイトの特徴を掴んで活用しよう

1.有名コミュニティサイト3選

スマホ画面の6つのSNSアイコン

まずは、有名なコミュニティサイト(SNS)を3つご紹介します。

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

Twitter

SNS名Twitter
URLhttps://twitter.com 
利用者の年齢層20代~40代が中心
利用者の性別男性41.8%、女性35.4%、不明22.8%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・世間のトレンドニュース
・エンターテイメント
・スポーツなど、さまざまな分野

「Twitter」は、アメリカにあるTwitter, Incが運営する巨大SNSです。

140文字(半角280文字)以内のテキスト、画像、動画などを投稿できます。

日本国内のMAU(月間アクティブユーザー)は4,500万人以上とも言われており、投稿内容も幅広いことが特徴。さまざまな国で利用されており、毎日活発に投稿が行われています。

ユーザー層や投稿内容が幅広いことから、配信されている広告もさまざまです。一例として、漫画アプリ・証券会社・ゲームアプリ・転職サイトなどが挙げられます。

参考:【2021年度版】SNSの年代別、利用数・利用率や目的を徹底比較! | GROVE|SNSマーケティング・インフルエンサーマーケティングで売り上げるための情報メディア

2021年10月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ « SNSマーケティングの情報ならガイアックス ソーシャルメディアラボ

Instagram

SNS名Instagram
URLhttps://www.instagram.com/  
利用者の年齢層10代~30代が中心
利用者の性別全体では男性42.6%、女性57.3%20代では男性38%、女性62%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・日々の出来事
・ファッション・美容
・インテリア
・グルメ
・ペットトラベル など

「Instagram」は、アメリカにあるMeta Platforms, Inc(旧Facebook)が運営しているSNSです。

投稿内容は正方形の写真を中心とした内容になることが特徴で、「#(ハッシュタグ)」の活用も活発に行われています。

日本国内のMAU(月間アクティブユーザー)は3,300万人以上。画像中心の投稿のため、「映える」コンテンツが多く取り扱われていることも特徴のひとつとして挙げられます。

女性利用者が多いことからファッション・美容(コスメ)などの広告が配信されていることが多いです。

参考:【2021年度版】SNSの年代別、利用数・利用率や目的を徹底比較! | GROVE|SNSマーケティング・インフルエンサーマーケティングで売り上げるための情報メディア

2021年10月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ « SNSマーケティングの情報ならガイアックス ソーシャルメディアラボ

Facebook

SNS名Facebook
URLhttps://www.facebook.com/  
利用者の年齢層30代~40代が中心
利用者の性別男性54.8%、女性45.1%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・日々の出来事
・店舗やビジネスの情報
・内輪のサークル活動 など

「Facebook」は、アメリカにあるMeta Platforms, Inc(旧Facebook)が運営しているSNSです。(「Instagram」と同じ運営元)

実名での登録が基本で、出身校・勤めたことのある会社・パートナーの有無などを登録できるため、詳細な個人データを元にしてターゲティングできる広告が有名です。

日本国内のMAU(月間アクティブユーザー)は2,600万人ほど。近年利用者は減少気味です。

参考:【2021年度版】SNSの年代別、利用数・利用率や目的を徹底比較! | GROVE|SNSマーケティング・インフルエンサーマーケティングで売り上げるための情報メディア

2021年10月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ « SNSマーケティングの情報ならガイアックス ソーシャルメディアラボ

2.動画メインのコミュニティサイト4選

ここからは、動画メインのコミュニティサイトを4つ紹介します。

  • YouTube
  • TikTok
  • MixChannel
  • Vimeo

YouTube

SNS名YouTube
URLhttps://www.youtube.com/ 
利用者の年齢層20代~40代が中心
利用者の性別男性52.5%、女性47.5%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・音楽(洋楽、K-POPなど)
・YouTuber
・エンターテイメント など、さまざまな分野

「YouTube」は、Googleが提供する動画共有プラットフォームです。

投稿された動画にコメントをつけられるほか、「YouTube Live」というライブ配信を実施できることもあり、コミュニケーションの場としても活用されています。

動画が始まる前(スキップ不可の短い動画・スキップ可の長い動画)・動画の間・動画一覧のインフィードなど、複数の種類の広告が利用可能です。

参考:【2021年度版】SNSの年代別、利用数・利用率や目的を徹底比較! | GROVE|SNSマーケティング・インフルエンサーマーケティングで売り上げるための情報メディア

2021年10月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ « SNSマーケティングの情報ならガイアックス ソーシャルメディアラボ

TikTok

SNS名TikTok
URLhttps://www.tiktok.com/ja-JP/
利用者の年齢層10代が中心
利用者の性別男性55.2%、女性44.8%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・音楽(懐メロ、洋楽、K-POPなど)
・ダンス
・グルメ
・雑学
・トラベル など、さまざまな分野

「TikTok」は中華人民共和国のByteDance社が運営している動画共有プラットフォームです。

動画はショートムービー(クリップ)と呼ばれる短尺のものが基本。ユーザーが操作しなければ繰り返し再生されるなど、特徴的なスタイルで表示されます。

国内の月間アクティブユーザー数は950万人。最近ではテレビCMでも話題になりました。

アプリ起動画面広告・インフィード広告・ハッシュタグチャレンジといった広告が用意されています。

参考:【2021】TikTokの利用者数は?世界との比較と年齢層・男女比・利用者の特徴 | GROVE|SNSマーケティング・インフルエンサーマーケティングで売り上げるための情報メディア

MixChannel

SNS名MixChannel
URLhttps://mixch.tv/ 
利用者の年齢層10代~20代が中心
利用者の性別女性が81%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・メイク・コスメなどの美容
・ダイエット
・踊ってみた(ダンス) など

「MixChannel」は、株式会社DONUTSが運営している動画共有コミュニティサイト(SNS)です。ミクチャとも呼ばれています。

利用者は大半が10~20代の女性。ライブ配信を実施できるほか、「カラオケ機能」や音声のみの「ラジオ配信」といった機能が利用できる点が特徴的です。

ライブ配信を行う「ライバー」を応援できる機能も実装されています。

広告枠としては、ホーム画面やフィードに表示される広告のほか、「スポンサードライブ&動画コンテスト広告」というライバーに拡散してもらう形の広告や、インフルエンサー動画タイアップ広告が利用可能です。

参考:「SNOW」や「MixChannel」は、なぜ10代に人気が高いのか?

1000万ユーザーが使うライブ&動画コミュニティアプリ MixChannel(ミックスチャンネル) 

Vimeo

SNS名Vimeo
URLhttps://vimeo.com/jp
利用者の年齢層不明
利用者の性別不明
利用者の興味・関心、カテゴリなど・アート
・エンターテイメント
・パフォーマンス
・音楽
・映画
・写真
・アニメ など

「Vimeo」は、Vimeo.com, Inc.が提供する動画共有プラットフォームです。

クリエイター向けであるということが特徴で、パフォーマー・映画監督・映像作家・写真家・デザイナー・アニメーターなどが多くアカウントを作成して作品を投稿しています。

動画の画質が高いことと、広告が少ないことも特徴として挙げられます。投稿された作品に集中できるプラットフォームであると言えるでしょう。

3.チャット・他人との交流(コミュニケーション)がメインのサイト3選

続いては、チャット・他人との交流(コミュニケーション)がメインのコミュニティサイト・SNSを3つご紹介します。

  • LINE
  • Clubhouse
  • Yahoo!知恵袋

LINE

SNS名LINE
URLhttps://line.me/ja/ 
利用者の年齢層全年齢
利用者の性別男性48%、女性52%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・日々の会話
・企業アカウントの投稿 など

「LINE」は、LINE株式会社が提供するメッセンジャーSNSアプリです。

多くの人が連絡手段、メッセージのやり取りをするツールとして利用しています。

広告枠は「トーク一覧」部分や「タイムライン」部分に設けられているほか、企業の公式アカウントを作成してユーザーにメッセージを配信することも可能です。

Clubhouse

SNS名Clubhouse
URLhttps://apps.apple.com/jp/app/clubhouse/id1503133294 
利用者の年齢層20~30代中心
利用者の性別男性64.7%、女性35.3%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・投資
・政治
・テレビ番組
・実況有名人の雑談 など

「Clubhouse」は、アメリカの企業であるアルファ・エクスプロレーションが提供する招待制の音声配信SNSです。

ユーザー同士で会話をする、会話を聞く、会話に飛び入り参加するといったことが行えます。

有名人が多く利用していることで話題を呼びました。

広告枠は2021年10月現在用意されていないようです。

参考:Clubhouseユーザーはどんな人?価値観・消費行動の特徴を探る 

Yahoo!知恵袋

SNS名Yahoo!知恵袋
URLhttps://chiebukuro.yahoo.co.jp/  
利用者の年齢層全年齢
利用者の性別男性48%、女性52%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・エンターテインメントと趣味
・暮らしと生活
・健康・美容・ファッション
・マナー・冠婚葬祭
・悩み相談 など

「Yahoo!知恵袋」は、Yahoo!JAPAN株式会社が提供する知識共有・検索サービスです。

18種類のカテゴリが用意されており、日々、さまざまな質問とその回答が投稿されています。

広告に関しては、質問一覧などにインフィード枠が設けられているほか、画像広告なども配信することが可能です。

4.ライブ配信メインのコミュニティサイト3選

ここからは、ライブ配信がメインのコミュニティサイト・SNSを3つご紹介します。

  • SHOWROOM
  • ふわっち
  • 17LIVE

SHOWROOM

SNS名SHOWROOM
URLhttps://www.showroom-live.com/ 
利用者の年齢層20代・40代が中心
利用者の性別男性86.4%、女性13.6%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・アイドル
・声優
・配信者 など

SHOWROOMは、SHOWROOM株式会社が提供するライブ動画配信サービスです。

視聴者がコメントを送ることで配信者とコミュニケーションを取ることができるほか、配信者にアイテムを送ることができる「ギフティング」というシステムが特徴

配信中に贈られたアイテムの数に応じて、配信者には報酬が支払われます。

ふわっち

SNS名ふわっち
URLhttps://whowatch.tv/ 
利用者の年齢層20代~40代
利用者の性別男女半々
利用者の興味・関心、カテゴリなど・雑談
・音楽
・趣味 など

「ふわっち」は、株式会社A Inc.が提供するライブ動画配信サービスです。提供会社が「オタマート」など、いわゆるオタク向けのサービスを運営している影響からか、「ふわっち」もそういった層のユーザーが多いようです。

アイテムによる投げ銭機能が設けられているほか、ランキング上位者にポイントを付与する仕組みが搭載されています。ポイントは1ポイント1円で換金可能です。

17LIVE

SNS名17LIVE
URLhttps://jp.17.live/ 
利用者の年齢層20代・40代の男性が中心
利用者の性別男性86.4%、女性13.6%
利用者の興味・関心、カテゴリなど・歌
・雑談
・アート など

「17LIVE」は、17LIVE株式会社が運営しているライブ動画配信サービスです。もともとは台湾発祥のサービスで、サービス内でユーザーが参加できるさまざまなイベントやオーディションを開催している点が特徴です。

ライブ配信を行っている「ライバー」はオーディエンスからギフトアイテムやコメントを受け取ることでポイントを獲得し、そのポイント数によって特典・賞品を受け取ることができます。

5.シニア向けのコミュニティサイト3選

最後に、シニア向けのコミュニティサイトを3つご紹介します。

  • おしるこ
  • 趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)
  • らくらくコミュニティ

おしるこ

SNS名おしるこ
URLhttps://oshiruco.com/ 
利用者の年齢層50代~60代が9割
利用者の性別アクティブユーザーは男女半々
利用者の興味・関心、カテゴリなど未体験・未経験の新しいモノ、文化ユーザー同士での交流

「おしるこ」は、カイト株式会社が運営するシニア向けSNSです。

50歳以上で身分を証明できる方(免許証・保険証などの登録が可能な方)であれば、誰でも利用できます。

「挨拶」「ありがとう!」機能で他の利用者とコミュニケーションをとれるほか、「日記」「学ぶ」「商品のお試し」といった生活を充実させる機能が搭載されています。

SNS内には、シニア向け商品・サービスの広告掲載が可能。広告で掲載した商品・サービスをユーザーが試せる、「体験型広告」という新しい発想の広告を提供しています。

参考:おしるこの広告掲載資料

趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

SNS名趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)
URLhttps://smcb.jp/ 
利用者の年齢層50代~60代が5割
利用者の性別男6:女4
利用者の興味・関心、カテゴリなど自身の趣味活動の発信趣味を通じたユーザー同士のコミュニケーション

「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」は、株式会社オースタンスが運営する、趣味を中心にしたコミュニケーションを取れる大人世代のためのSNSです。

日記・フォト・ミニメール機能を使って、同じ趣味を持つ仲間と楽しく交流ができます。

会員限定企画やお悩み相談イベントなど、運営発信のイベントも多く、利用者を飽きさせない工夫があります。

「よくあるご質問」欄が充実しており、多くの疑問や不明点はこのQ&Aを見ることで解決できるでしょう。

参考:広告掲載について | 株式会社オースタンス 

趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ) 

よくあるご質問 趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ) 

らくらくコミュニティ

SNS名らくらくコミュニティ
URLhttps://community2.fmworld.net/ 
利用者の年齢層50代~80代が中心
利用者の性別男5:女5
利用者の興味・関心、カテゴリなど未体験・未経験の新しいモノ、文化ユーザー同士での交流

らくらくコミュニティは、FCNT株式会社が運営するシニア向けSNSです。

大きく写真が表示されるホーム画面が特徴。ユーザーの人気の投稿をわかりやすく確認できます。

また、用意されたコミュニティに合わせた話題を投稿することで、ユーザーと同じテーマでコミュニケーションを取ることができます。

運営主催の期間限定イベントが定期的に開催されている点もポイントです。

投稿された内容やコメントを専門のスタッフが24時間パトロールチェックしており、不適切な投稿には迅速に対応が行われます。

参考:はじめてガイド | らくらくコミュニティ 

FCNT株式会社|媒体資料・広告「メディアレーダー」 

6.一般的なコミュニティサイトへの登録方法

一般的なコミュニティサイトへの登録方法をご紹介します。

  1. 自分のメールアドレスを用意する
  2. メールアドレス・パスワードを入力してアカウントを作成する(=コミュニティサイトに登録する)
  3. プロフィールの文章や画像を設定する
  4. 登録完了!投稿や配信、コメントを行う

基本的には、この手順で登録を行うサービスがほとんどです。

利用しやすいメールアドレスを用意しておきましょう。

おすすめの無料メールサービスは、以下の通りです。

  • Gmail
  • Yahoo!メール
  • Outlook

7.各コミュニティサイトの特徴を掴んで活用しよう

ここまで、以下のような内容をお伝えしてきました。

  • コミュニティサイト(SNS)にはさまざまなものがあり、それぞれユーザーのニーズをとらえた特徴となっている
  • 有名なコミュニティサイトのほとんどは広告枠が用意されているため、利用者層を把握することで効率的な広告配信が可能
  • 若者の利用が中心と思われるコミュニティサイトだが、シニア向けのものも登場している

インターネットの普及とともに、SNSを楽しむユーザーは男女・年齢層を問わず増加しています。

新たなコミュニケーションやビジネスの場として、コミュニティサイトの活用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

RECOMMENDあなたにオススメの記事

ECサイトはどうやって作る?構築方法や費用・運用イメージをご紹介!

ECサイトはどうやって作る?構築方法や費用・運用イメージをご紹介!

店舗での販売だけでなく、楽天やYahoo!ショッピングのようなECサイトで自社の商品を拡販している…

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

人生100年時代の生存戦略を読み解く「鎌倉殿の13人」考察

歴史上の人物たちから学ぶ、新たな視点と生きるためのヒント 11-前編 2022年のNHK大河…

シニアの就業に対する意識は?シニアの就業率も含め具体的に解説!

シニアの就業に対する意識は?シニアの就業率も含め具体的に解説!

高齢者の就業率は、年々増加しています。要因にはさまざまなものが挙げられますが、実際にシニアが就業に…

シニアが通う大学とは?通い方や目的、主な学習内容を解説

シニアが通う大学とは?通い方や目的、主な学習内容を解説

現代において、シニアの「学び直し」需要が高まっています。シニアの学び直しは「リカレント教育」とも呼…

ECサイトとは?基本情報や始め方をご紹介!

ECサイトとは?基本情報や始め方をご紹介!

ECサイトとは「インターネット上のモノやサービスの販売サイト」のことです。 新型コロナウイル…

媒体資料ダウンロード
PAGE TOP