シニアでもかんたん!高齢者のためのキャッシュレス決済ガイド | シニアド

シニアでもかんたん!高齢者のためのキャッシュレス決済ガイド
シニアブログ 投稿日:

シニアでもかんたん!高齢者のためのキャッシュレス決済ガイド

キャッシュレス決済は、もはや若者だけのものではありません。今や、シニア世代にも広く利用されています

しかし、多種多様なキャッシュレス決済の中から選び、安全に利用するためにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では、シニア世代がキャッシュレス決済を使いこなすためのポイントとおすすめの方法を紹介します。

目次

  1. シニア世代のキャッシュレス決済の利用実態
  2. シニアに合ったキャッシュレス決済の種類
  3. シニアのキャッシュレス決済のメリット
  4. シニアのキャッシュレス決済のデメリット
  5. シニアのキャッシュレス決済の「セキュリティ」と「安全性」
  6. シニアにおすすめのキャッシュレス決済方法
  7. まとめ

1. シニア世代のキャッシュレスの利用実態

キャッシュレス決済はシニア世代にも手軽で便利な支払い方法となりつつあります。消費者庁のキャッシュレス決済に対する意識調査では、60歳代の57.3%がキャッシュレス決済を利用していることが分かりました。

参考:キャッシュレス決済に対する意識(消費者庁)

キャッシュレス決済の利用には、年齢やライフスタイルによる差がまだまだあります。一部のシニアはまだキャッシュレス決済に慣れていないため、使い方が分からずに一歩が踏み出せないというのも事実。

このような方々に対しては、親切で丁寧なサポートをしていくことで少しずつ利用率が高まっていくのではないでしょうか。

2. シニアに合ったキャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済にはさまざまな種類がありますが、シニアにとって使いやすいのはどのタイプでしょうか?

プリペイドカードや交通系カードは直感的で分かりやすく、スマートフォンを使った決済も増えています。しかし、それぞれにはメリットとデメリットがあります。

プリペイドカード

事前にチャージして使用するため、使いすぎの心配がありません。しかし、残高を管理する必要があります。

例:nanaco、WAON、楽天Edy、Suica、PASMOなど

交通系カード

公共交通機関だけでなく、コンビニや自販機、スーパーなどでも利用できる便利さがあります。ただし、紛失や盗難の際のリスクには気をつけなくてはいけません。

例:Suica、PASMO、ICOCAなど、その他にも各地域の鉄道会社が発行しています。

スマートフォン決済

スマートフォン一台で決済が完結するので便利です。専用のアプリをダウンロードしてスマートフォンにインストールし、事前に登録やチャージを行うことで使用できます。しかし、操作が複雑であるため、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

例:PayPay、LINE Pay、Rakuten Pay、メルペイなど

もはやシニアにとってスマートフォンは必需品。シニア世代のスマホ事情から、どうやったらシニアがスマホを使いこなせるようになるかについて解説しています。

3. シニアのキャッシュレス決済のメリット

キャッシュレス決済の導入は、シニアにも多くのメリットがあります。

・割引やポイント等の特典が得られる

・支払手続きを簡単、迅速に行える

・現金を持ち歩く必要がなくなる

小銭の持ち運びが不要になり、ポイント還元や割引を受けることができるため、経済的にもお得です。また、キャッシュレス決済は支払いがスムーズなので、買い物の際の待ち時間を短縮することができます。

また、多くのシニアも活用するECサイト。ECサイトでの買い物はキャッシュレス決済があると便利ですね。

4. シニアのキャッシュレス決済のデメリット

キャッシュレス決済にはデメリットもあります。

例えば、スマートフォン決済などの新しい方法は、慣れないと操作が難しく感じることがあります。

また、セキュリティの観点からも、不正利用のリスクや個人情報の漏洩などの問題も発生する可能性もあります。

さらに、キャッシュレス決済が普及することで、現金を使う機会が減り、お金の感覚が鈍くなることも心配な点です。

5. シニアのキャッシュレス決済の「セキュリティ」と「安全性」

キャッシュレス決済を使うとき、大切なのはお金や個人情報を守ることです。

お金を守るためには、自分だけが知っているパスワードを使い、定期的に新しいものに変えることが大事です。

また、自宅以外では、お店や電車などの公共の場所で提供されているフリーのインターネットには繋がないようにするのも対策として有効です。これは、自分の情報を他の人に見られる危険があるからです。

個人情報を守るためには、見知らぬ人からのメールにも注意しましょう。特に、メールに書かれているURLのリンクをクリックすることは絶対に避けてください。これは、危険なサイトなどへ案内されたり、個人情報を盗まれたりする恐れがあるからです。

さらに、買い物が終わった後はレシートを確認し、買ったものと金額が合っているかもチェックしましょう。もしも疑問を感じることがあれば、すぐにそのお店やカード会社に連絡することが大切です。

最後に、キャッシュレスサービスを選ぶ時は、長く使われているものや、多くの人が使っているものなど、信頼できるものを選びましょう。

シニアの皆さんも、ちょっとした工夫でキャッシュレス決済を安心して使えて、お買い物が便利になるはずです。

6. シニアにおすすめのキャッシュレス決済方法

シニアにおすすめのキャッシュレス決済方法は、使い勝手が良く、安全性が高いものを選ぶことです。以下に、おすすめの方法をわかりやすく解説します。

プリペイドカード

使い方

カードにあらかじめお金を入れておき、その範囲内でのみ使えるので、予算を超えて使う心配がありません。

安心点

残高がなくなれば使えなくなるので、万が一の紛失時にも大きな損失を防げます。

※残高がなくなると自動的にお金が入金されるオートチャージ機能などがあります。オートチャージを使う場合は気をつけましょう。

「Suica」や「PASMO」などがあり、電車の乗車だけでなく、買い物にも使えます。

クレジットカード

使い方

購入した商品やサービスの代金を後払いできるカードです。月末や翌月に一括で支払うシステムが一般的です。

安心点

クレジットカード会社は不正利用に対する保障制度などもあり、紛失や盗難の際にも迅速に対応してくれます。

「VISA」「MasterCard」「JCB」などがあり、世界中で広く受け入れられています。

7. まとめ

キャッシュレス決済は、割引・ポイント特典、お金の管理のしやすさ、便利な点などさまざまなメリットがあります。

その一方で、最新の機器やサービスに慣れる必要があることや、セキュリティへの懸念に対するデメリットも…

懸念点があるとはいえ、キャッシュレス決済を使うシニアも多くいます。もし、この記事を読んでいるあなたが、シニアに向けたサービスを展開しているとしたら、決済方法も時代に合わせてどんどんアップデートしていく必要があるでしょう。

そんな貴社のサービスをシニアに効率よく訴求したシニアマーケティングを行えるのが、シニア向けSNSの「おしるこ」です。「おしるこ」は50歳以上のシニア専用SNS。

シニア向けSNS上での広告掲載により、貴社の製品やサービスは直接、関心の高いシニア層にリーチし、ブランド認知から購入促進までを短縮することが可能です。

「おしるこ」での広告は、ターゲット層のニーズに合わせたカスタマイズが可能であり、マーケティングの利益率の向上や投資コストの削減を実現する強力なツールとなるでしょう。「おしるこ」という新しい広告の機会をぜひご検討ください。

詳しい広告の詳細は以下よりダウンロードいただけますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

SPONSOREDこの記事を応援しているサービス一覧

RECOMMENDあなたにオススメの記事

SNS広告のデメリットから導き出す!SNS広告出稿成功のカギ

SNS広告のデメリットから導き出す!SNS広告出稿成功のカギ

平成から令和に突入して5年以上が経ち、どんな世代の人もSNSを使いこなすようになりました。 …

【2024年度最新版】人気SNS一覧|シニア向けSNSを紹介

【2024年度最新版】人気SNS一覧|シニア向けSNSを紹介

現在、SNSを含むソーシャルメディアを利用している人は増加傾向にあり、2027年には1億1,300…

ワーキングシニア増加の背景は?ワーキングシニアの意識とマーケティングについて解説

ワーキングシニア増加の背景は?ワーキングシニアの意識とマーケティングについて解説

ワーキングシニアとは、言葉の通り働いている60歳以上の働いているシニア世代のことです。 高齢…

ポスト団塊ジュニアの特徴は?時代背景や消費傾向を解説

ポスト団塊ジュニアの特徴は?時代背景や消費傾向を解説

団塊世代やゆとり世代など、日本では世代によって名称がつけられ、時代背景も基づく特徴がまとめられます…

SNSのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げるポイントを理解しよう

SNSのエンゲージメントとは?エンゲージメント率を上げるポイントを理解しよう

企業でSNSを運用していると、時折耳にする「エンゲージメント」という言葉。 あなたは、この「…

媒体資料ダウンロード この記事を応援する
PAGE TOP